人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

2005年 10月 07日 ( 1 )

「チャーリーとチョコレート工場」

c0063587_23225146.jpg
(05.09.30 劇場鑑賞) 

待ちに待ったティム・バートンとジョニー・デップのコラボ。
もう面白くて楽しくて。
見てる間中ワクワクドキドキでした。
ほんっとにもうお伽の国。
ワンダフルワールドです。イッツ・ミラクルです。
わけわからんけど楽しいーーーー!

物語は、ロアルド・ダールの原作「チョコレート工場の秘密」を
忠実に映画化したもの。
くわしくは、コチラ
チョコレートはもちろん、日々の食事さえ満足にできないような
貧乏な家の子チャーリーの憧れは近所に建ってるチョコレート工場。
そこの工場主ウォンカは、工場への招待状を5人分、板チョコに
入れて世界に販売する。
そして、当選した5人の子供たちとその保護者10人の工場見学が
始まります。
もちろんガイドはウォンカ@ジョニー。

もう、その工場に入るシーンで、子供と同じようにワクワクしてる。
ほんとに夢のある作品でした。
キャンディのなってる木とかチョコレートの川とか、見てるだけで
甘い匂いがしてきそうな、お菓子の家ってこんなかなって感じ。
スクリーンがキラキラしてたよ。
色彩があふれかえっておもちゃ箱みたいで。
派手カワイイかったー!

その中で生き生きと動き回る出っ歯だけどステキなジョニー。
出っ歯でもおかっぱでもへっちゃらー。
オタクで皮肉屋で、子供が嫌いで、人間離れしたキャラクター。
そう、ホントにファンタジーワールドから抜け出てきたみたいな
こんなキャラが合うんだよ、ジョニー。

ネタバレ感想
by june-sky | 2005-10-07 23:25 | 映画