人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

おかえり!Hedwig

c0063587_14311229.jpgc0063587_1431261.jpgc0063587_14314315.jpg










↑画像追加しました。今回はお花がたくさん届いてました。
スマファンには嬉しいごろちゃんと慎吾ちゃんのお花。
カラーの花が好きって言ってたのは誰だっけ。。。
鉄平にーさんは忘れてるのか。言ってあげないと(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初日、2日目と新宿Faceへ行ってきました。
またまた素晴らしいヘドウィグに会えたーーー!
ヨカッタヨカッタ。おかえり!ヘドウィグ。

はぁ~。なんか、なんだろう。安堵の溜息かな。
初日ってこっちも無駄に緊張するのね。出来とかいろいろ心配で。
ほんっと余計なお世話ですが(笑)

2公演見て気分はアゲアゲ、その後に「眉山」で個人的に
若干盛り下がり(汗)
そして今、夕べの「パンドラ」でめちゃ上がってます。
「パンドラ」凄い!

春夫さんもステキだけど、三上さんの清水がこれからどうなるのか。
もう心配でドキドキしてます。
そんだけ入りこんで見れてます。
あちこちに地雷がありそうな難しいテーマで、夢のような話だけど
ちゃんとリアリティーがあって。
内容が内容だけに胸の痛い思いをすることもあるけど、それだけに
ちゃんとしたドラマになっていそう。ヨカッタ。
毎週の楽しみもできました!

ってことで、とりあえず再演ヘドウィグの印象を。

※ストーリーのネタバレはありませんが、演出などには触れてます



新生Hedwigはますますキュートに、だけど少し世間ずれして
帰ってきました。
初演の頃の可愛らしさはそのままに、世界ツアーで身についた
世間の澱とかアクとかが人間味を添えて、ますますチャーミングに
なったみたい。
演出は大きく変わってないけど、改良されたり無くなったりしてる部分は
あちこちにありました。
大きな変化はもちろん新しいイツァーク効果ですね。

ワタシは去年の大ラス後に感想でこう書きました。コチラ
これから何年か後に再演があるとしたら、そのときはきっと
もっと「ウェット」な部分が増えて、また違ったヘドウィグが観られる
気がします。(中略)
どうかみずみずしさはそのままで、少し世間の澱とかアクとかが
染みついて、でも体型維持の方向で。
注文多すぎ(笑)
そのとおりのヘドでした。もう注文どおり(笑)
繊細で爽やかでお上品なとこも残しつつ、はすっぱで少しくたびれて
たくましさも身につけたヘドウィグがそこに居た。
客あしらいも前より慣れてて、客の反応もちゃんと拾える。
ヘドウィグと、そして耕史くん自身の成長を感じます。
もちろん体型もバッチリ!
「L5Y」で再演の意義はじゅうぶんわかったつもりだったけど
これだけの進化や変化を見せられると素直に嬉しい。
やったね!こーちゃん。

初日ならではの台詞間違いなどもあったけど、許容範囲内。
それすら「もう1回やるわ。大事なとこだから」っていうような感じで
余裕でやり直してた感じだったよ。

ヘドの、その以前より要所要所をはっきり発声するような
丁寧な台詞の言い回しからは、観客に気持ちを伝えよう、理解させようという
強い思いが伝わってきました。
演出の無駄も省かれていて、テンポが良くなりました。
たとえば、ワタシが眠くなってたトレーラーハウスでの作曲シーン
(bフラットのシーン。初演では中さんがギター片手に二人でやってた)
ここはいまはヘドウィグの一人芝居になって、メリハリが出てわかりやすく
なりました。
やっぱり芝居はこーじに任せろ!ってことか(笑)
観客おいてきぼりのイケてないギャグも半減したし(でもまだある)(汗)

何よりも耕史くんがますますヘドウィグになりきってた!
仕草もしゃべり方も板について、すっかりその気になってたような(笑)
初演でも終盤にかけてその変化は凄かったけど、今回はスタートが
これだもん。
ヘドと耕史くんの一体化がどこまで行くんでしょうかね。
ほんっと楽しみーーーー!

で、初演時の客の反応はやっぱり演じる側にも届いてるんでしょうね。
英語歌詞へのこだわりは捨てなかったけど、今度は公式サイトに歌詞を載せたり
余計な台詞を省いて、客の理解を深めるための必要な台詞を足したり。

「Wig in a box」の「おーけー!えぶりばでぃ~」でもイツァークが
後ろのLEDを指さして「ここ!ここ見て!」って感じで歌詞が出るのを
アピールしてたしね。
頑なとも思えた演出だったけど、まさに今回歩み寄りが見られます(笑)
リピーターにとってはリズムに乗らない下手な訳詞よりも、今ではきっと
英語歌詞の方がしっくり来るのは確かです。
耕史くんもさらにカッコイイことになってると思うから。アハ。
ま、初めてのお客さんのことを思うと気の毒ですが。

何より嬉しかったのは、こーじヘドはちょっと痩せて、身体が
より華奢で綺麗になったこと。
これ、大事!(笑)
ウエストなんて細い細い!
お尻も小さく、足も細く、去年の地方公演後の脇腹プニ(酷)なんて
面影もない。
ま、ヘドの身体はは多少崩れた感じもありなんでしょうけど、半裸のトミーは
少年ぽく、痩せてなきゃね。これは譲れん(笑)

そして、ソムン・タクさん。
タクちゃん(笑)はもうほんとに素晴らしい!
あの太い歌声。あのおかげで耕史くんの歌も変わりました。
タクちゃんたら、わぅわぅ言ってるだけなのに、すっごい力強いんだもん。
そのしっかりした声のパワフルなこと!
耕史くんも今までさらりと歌ってた部分も、負けないようにしっかり
太い声を出してます。
そのおかげで歌の印象も変わりました。
さらに感情がこもっていて、ドロドロした感情が伝わってくるような。
そんな気がしました。

タクちゃんは舞台の上でも必要なことを必要なときにさっとやれる。
動きに無駄がないし、邪魔もしない。
理想的なイツァークでした。
中さんは耕史くんと声の相性が凄く良くて、そのハーモニーの美しさは
トリハダものでした。
今回は二人の歌の迫力にトリハダ。
タクちゃんのためにイツァークのソロコーナーも出来たしね。ヤッタ!

タクちゃんみたいな実力者と共演するって、耕史くんにもすごく
プラスになってるんだろうねぇ。
まだまだ可能性がある人なんだなぁ。
だからもっと他でも。。。ま、それはおいといて(汗)

さらっと速感のつもりがまたまた長くなりそうなのでこのへんで。
あれこれ詳しいグダグダは後ほど。

もうほんっとに大満足な再演の幕開けでした。らんらんらーーーん(笑)
by june-sky | 2008-04-07 13:02 | Hedwig 2008
<< いいとも春祭 朝は似合わない(笑) >>