人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

底抜けにーーーー!ちりとてちん

ちりとてちんが終わりましたね。
ワタシの人生初、朝ドラを見続けた半年でした(最初ちょっと欠けたけど)
寂しいー!

っと、そのまえに。。。今朝、京都駅で「パンドラ」の(デカイ)ポスター発見!

c0063587_1635894.jpg










京都では電車の中吊り以上のものは見れなかっただけにこれはウレシイ。
大阪に行けばあったのかな。
一度通り過ぎたけど、やっぱり戻って柱の影に隠れながら(怪しい)
人並みが途切れたときに逃げながら(笑)パチリ。
見事に並んでます。圧巻!

で、ちりとてです。

大円団ってこういうことを言うんですね。
誰も彼も幸せそうで、その幸せに何の文句もなく(笑)、最後まで
ホントに楽しませてもらったよ。面白かったよ。
最終回は駆け足感が否めないけど、でも今までに張りまくった伏線も
全部回収しててお見事でした。

ずーーっと気になってた「お母ちゃんみたいになりたくないの!」っていう
勢いからの失言も、最後にきちんと謝ることができました。
よかったね>喜代美ちゃん。



若狭が落語をやめちゃうのは残念だったし、正直「ええーーーっ?」と
思ったのも事実。
落語家になりたくてがんばってきた喜代美をずっと見守ってきたんだし
応援してたんだし。
けど、いままでの若狭を見ていれば二足のわらじは到底無理。
育児とおかみさん業に専念するという気持ちもよくわかるしね。
そういう決断もありなんだろうな。
裏から伝統を伝えるのも大事な役目だし。

そう納得できるのは半年間ずーっと喜代美を見守ってきて、これまでの
いろんなことを細かく見せてもらってたからなんだよね。
やっぱり凄い脚本だった。
最後まで勢いと求心力があったと思います。
嘘つき小草々が出てきたときには、おーー、ここへ来て新キャラか!と
ビックリしたけど、早々夫妻の師匠やおかみさんとしての長も見れて。

個人的には故草若師匠の元に弟子が帰ってくるあたり、そして
その師匠が高座に戻ったとき、そこらへんが一番好きでした。
この録画は今も消せない。
なんせ、熱いモノ好き(笑)
最近では小草若が家出して小浜から帰ってきたとき。
四兄弟の団子状態に思いきり泣かせてもらいました。
好きだなあ、あっつい兄弟たち。
それを見守る若狭がすっかりみんなのお母さんみたいでした。

なんの文句もないけど、襲名した草若の今後が見たい。
四草の子育てぶりが見たい。
生まれた子供の名前も知りたい。あ、そのまえに性別も(笑)
草々・喜代美の子育て奮闘記、そして師匠としての草々の成長。
他にも気になることがいっぱいあるよ。
見せてーーーーー!
と思ってたら、関西ではスピンオフドラマの制作が決定したようです。

『ちりとてちん』の中の人気キャラクター「徒然亭」の兄弟子たちを
主人公に『ちりとてちん外伝』(公式サイトより)

ひえーーーっ!兄弟子を主人公だって(喜)
面白いに決まってる!
とりあえず、そーーこーーーぬーーけに楽しみ!
by june-sky | 2008-03-31 16:10 | TVいろいろ
<< 「身毒丸 ファイナル」DVD鑑賞 一気にやって来た!ミリオネアも... >>