人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

ジェイミー in 大阪(9/28)

やっと来たよ、ジェイミーが!
待ってたよーーーーーーーーー!
ワタシには12日ぶりの「L5Y」
井手さんは日記によると風邪ひいたんですね。
最初、ちょっと高音の伸びがなくて声が出にくそうなときもあったけど
やさしい歌い方になってて、それはそれで良かったかも。
ますます表情豊かになってて、まだ進化する気がします。

ドラマシティはグローブ座に較べて舞台が大きいので、ジェイミーの部屋が
すっぽり入って奥に引っ込んで、前に2mちょっとくらいの黒板地帯が出現。
いやん、ジェイミーが遠い!(悲)
そのかわり、バンドが下手舞台上に上ってて、初演のような雰囲気でした。

この日はマチネ&ソワレ鑑賞。席は1列目と4列目。
あいかわらず素敵なジェイミーを堪能いたしました。
前日のぷいぷいで見たように、ちょっと髪が短くなってすっごい良い感じ。




ジェイミーもまた進化してますよね。
有頂天時代とスーツ時代。
ますますメリハリが出て、せつな顔はますますせつなくなりました。
スーツに憂い顔がよく似合うーーー!

歌にこめる気持ちの表現が丁寧で、ジェイミーの葛藤もより伝わってくる
気がします。
キャシーもますますメリハリが出てきたので、最初の曲と最後の曲のジェイミーと
キャシーの気持ちの差がより大きくなりました。
時間軸を変えることでふたりの気持のずれを際立たせる。それがより効果的に
なってきてます。
今回はここでグっと来ましたわ~クスン。


さて、今回のツボいろいろ、行きます!

○「Moving Too Fast」のときだっけ、机の周りを2~3周、競歩のように
早足でグルグル歩きます。これ、新ネタ(笑)

※訂正:友情報によると、東京でもすでに回っていた様子。
大阪ではさらにバージョンアップして大急ぎで3周回ってました。

○アクシデントとしては、マチネのときかな。携帯を放り投げのはいいけど
珍しく受けそこなってました。
ま、そのあといつものように電話したり「本と自分」を写メってたところを見ると
壊れてはいなかったらしい(笑)

○結婚式の後、大阪でもあいかわらず「月だよ」と紹介してました(in マチネ)
(たぶん)池を指さして何か言ってるんだけど、ここは聞こえない。
キャシーは黙ってうんうんと頷いてます。

○キャシーが歌ってる時のジェイミーの小芝居。
電話をしてるときも口パクで話す素振りがますます念入りに。
実際、小声で何か言ってるのかな。
エリスの事務所からキャシーに電話をかけたあとのエリスが居るかのような
一人芝居。これも好き。
立ち去りながらも、迷うように後ろを振り返る。その顔も好き(ほんと何でも好き)

○シュムールのときの照明を今まででいちばん引きで見れた。
すごいファンタジックで奇麗であの世界が好き。
シュムールの歌い出しは、今まで以上に客席に語りかけるように、お話を聞かせるように
っていう雰囲気だった気がする。

○マチネでは「If I Didn't Believe in You」の「僕の成功は君の苦しみなのか~♪」
からボロボロ泣き出してビックリ。
いやぁ、予想外の涙に、ちょっともらい泣きしちゃったよ~(汗)
いつもの泣きsong「Nobody Needs to Know」だと、じっくり泣きっぷりを
観察してるんだけど(鬼)
「頼んでるんだー!」も涙声。
こと、恋愛に関しては(※こういう特別な障害がないときは)
「それまでじゅうぶん楽しんでんだからいいじゃん」って思う薄情なワタシですが(笑)
これにはついついもらい泣き。
そのぶん、泣きのNobody~では涙も控え目。

○「I Can Do Better Than That」で、いつも「わたしのもの~~~~ぉぅぉぅ」と
かっこよくフェイクを入れる井手さん。
負けずにこーちゃんもやってます。
最後の「Goodbye Until Tomorrow/I Could Never Rescue You」で
「誰も知らない~~~」とそのまま消えそうになってから「~~ぃぃぃぃ」と
戻ってきます。地味だけど(笑)
この曲では他にも2~3か所やってます。これ、結構楽しみ~♪

○カテコは勢いよくスタンディングする大阪。さすが大阪(汗)
1日しかないんだもんね。気持はいつも千秋楽(笑)

マチネの挨拶では「これから夜もあるので、ずっと呼ばれ続けると困る」
みたいなことを言って笑わせてました。

ソワレでは珍しく井手さんに振り、井手さんが一生懸命にご挨拶。
「ほんとに良い作品なのでまだまだがんばります。千秋楽までよろしくお願いします!」
たどたどしく一生懸命なのが可愛かった。

耕史くんは、「明日は戸田恵子さんのライブがありますので、よかったら~」と
人の宣伝(笑)
「あそこのイカ焼きがとてもおいしいですよ」とイカ焼きの宣伝も(笑)

そして、にこやかに手を振りふたりは去って行きました(寂)
また会いましょうー!
って、嫌でも会いに行くけど(笑)

余談ですが、マチソワ鑑賞後、友人たちとわーわー盛り上がって、パンフ
見ながら、ジェイミーやキャシーになって歌ってみた。
が、歌えない(汗)
ほんと、L5Yの曲は難しいわ。
音の高低が激しいのについていけず、思わず「お経か!」とつっこむほど。
耕史くんと井手さんの凄さがよくわかったわ。恐れ入りましたーーー!

※印部分、加筆訂正しました。
by june-sky | 2007-09-30 01:10 | L5Y
<< 「エレンディラ」 「ちちんぷいぷい」と「Look... >>