ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

ヘドウィグ in 大阪 3/22

大阪ヘドウィグ、初日行ってきました。
ようこそ、大阪へーーー!
ほんと久しぶり。待ってたよーーーーー!

3月3日に観て以来だから、ほぼ20日ぶりです。
その間、仙台を経てやってきたヘドウィグ。
わーーーん、やっぱ好きだわ、ヘドウィグ。
大阪もノリノリです。
1曲目からスタンディング。
東京行った人も多いのかな。
ワタシは前方席だったんだけど、周囲では新宿と同じ2曲で立ち、同じように
手を挙げ、同じように盛り上がりました。
新宿から一度リセットされるんじゃなくて、盛り上がりは繋がってるのね。
初日から反応が良いなんて、さすが大阪(笑)
ヨカッタヨカッタ。

さて、IMPホール。
会場は広くなったけど、暑さはそのままです。
ぜひ薄着でお越しください(関係者か)(笑)

以下、登場とか座席などネタバレです。



音響はヨカッタ。
FACEの最初みたいに聞こえにくいこともなく。
可動式の椅子でもパイプ椅子じゃなくて座り心地もよかったです。

こーじヘドの登場は下手中程の入口から。
そのままG列の前の通路を通り、上手側の通路(壁まで行かず)を曲がって
その先に設置してある舞台への階段を上りました。
階段はもうひとつバンド側にもあって、それがFACEの金網ステージの代わり。
ヘドもイツァークも時々両方の階段に乗って歌ってました。
だから、「シュガー・ダディー」で金網中央に乗って歌ってのが舞台上に。
そのぶん、ちょっと遠くなった感じ(寂)
箱がデカくなったぶん、ヘドたちはFACEよりも遠くへあちこちに視線をやって
演じてました。

座席は、DD列までは平坦だけど、A列には少し段があって見やすいようです。
G列からはさらに階段状。
一度、このG列以降から観てみたいな。
今回、まだ一度も引きで全体を観ていないよ。
近いのも嬉しいけど、離れたらきっと照明とかもキレイだと思うんだ~。

大阪の全体的な印象としては、会場が広くなって天井ペイントとかなくなって
なんだか、ちょっと場末感がなくなった気がする。
ますます上品に小綺麗になっちゃった感じ。
新宿見てなかったらそんなこと全然思わないんだろうけどね。
ごちゃっとしたあの狭い感じが懐かしーーーー!

そんな中、あいかわらずヘドちゃんの涙は絶好調。
トミーとのトレーラーハウスのシーンで「あの子がワタシのカタワレだったの?」から以降、
涙がウルウルでキラキラでツツーーーと落ちる様子があいかわらず美しい。

今日はルーサーがママに「ハンセルを愛してる」って言ってたときの照れた顔が
ツボったー!
ちょっと口とがらせて、ほんとにカワイイねん、ヘドちゃんてば。

声も見事に復活してました(FACE後半に較べて)。
掠れもせず調子よかった。
だから、あらためて曲が良いのよ、ほんとに。
「Wig In A Box」の始まりはせつなく、「Angry Inch」は怒りにまみれ
「Midnight Radio」は圧巻でした。
とにかくとにかく!ヘドウィグの思いが伝わってきたよ。

演出は変わってなくて、トミーライブのドアを開けて帰ってくるとき
ヘドが超急いで走って帰ってくるくらい(笑)

あと、ワタシの好きな毛皮のくだり。
赤いペンキを見せて「どう?良いアクセントになったでしょ」のあとの
「え?そうでもない?」ってのがなかった。
あそこの間が良くて好きだったのに。結構ウケてたよ。
忘れたのかなあ。しょぼん。

忘れたと言えば、変な間が2回ほどあって、セリフ飛んだ?とドキドキ。
ちゃんと出てきたのでホッとしたけど。

そうそう、ヘドが毛皮ばさぁってやるとき、汗が飛び散ってたわ。
ほんま暑いねん。
空調、温度下げたげてー。
背中中央にアセモみないなんできてたし(笑)

ま、なんやかんやゆーても、こーじヘドはあいかわらず魅力的。
あっという間の1時間40分。

カテコの挨拶、一度目は「いろんなとこでやってきて、いつも大阪では
良い状態で見せられる。また25日までやってるので、時間と(人差し指と
親指で丸を作って)お金があるひとは来てください」
っていうような感じのことを言ってました。

2度目は「何度呼ばれてもやることがない」と言いながらも「あさってまで
やってるので、外の壁に耳をつけてるくらいでもいいので来てください」
って言ってました。
そんな怪しいことできません(笑)

ってことで、あと3日間。大阪ヘドウィグ、盛り上がりましょーーーー!
by june-sky | 2007-03-23 01:07 | Hedwig 2007
<< 大阪ヘドウィグ、終わりましたー! とりあえずキャシー&≪追記≫な... >>