人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「RENT」鑑賞 3回目

金曜の夜、京都では最終上映となった「RENT」を見てきました。

最後だから駆け込みで見る人が多かったのか、私みたいなリピーターも
居たんでしょうね。
結構、客が入ってました。
前3列以外は満席に近かった。なんだかウレシイね。

んで、やっぱり、この作品は大好き。
舞台と違った魅力が出てるんだろうな。ほんとに見応えがあります。
私がイチバン好きな冒頭でマークとロジャーが「RENT」を歌うシーン。
やっぱりあのシーンは良いよ。
曲の疾走感と舞い散る炎。
一気にテンションあがります。キューーーン

3回目の今回、今まででイチバン泣いたかも(汗)
それも、オープニングとエンディングで。



それ以外は途中、案外泣かないんだよね。
エンジェルのお葬式のときのコリンズの歌ではじんわりくるくらい。
あと、ライフ・サポートのメンバーが歌うシーン。
それから・・・ま、ちょこちょこ泣いてますね(笑)

オープニング、ソロで歌うときに他のメンバーが歌ってる人を
見るんだけど、その表情にやられます。
歌ってるのを見守るような優しげな表情。
それが「友達と過ごした1年を祝おう」みたいな歌詞(うろ覚え)に
乗って見せられると、泣けるんだよねぇ。

そして、エンディング。
生き返ったミミがエンジェルのことを話すのを聞いて、コリンズが
嬉しそうな安心したような顔するでしょ。
あの表情にもグッときます。
あっちの世界でもエンジェルは、あいかわらず人にやさしい。
コリンズの安心したような表情は愛に溢れてるなぁ。
そして、最後にマークのフィルムが流れて。
この1年間がそこにある。
もう、これはたまらんのです。
辛くて苦しいことじゃなくて、楽しそうなみんなの様子に泣けてきます。
悲しいこともあったけど、みんな頑張ってきたよ、この1年。
そこには、夢も愛も友情もあった。人生があった。
夢をあきらめず、愛を恐れず、友と笑いあった。
そんな姿をこの作品は見せたいのだと思います。

あなたの1年を何で数えるの?

ワタシの1年か・・・
楽しいこと、友と笑いあったこと、生きてることが嬉しいと思えること。
そういうことで数えられたらいいなと思う。

秋の来日公演、楽しみです。
大阪公演、ぜひともチケット取らなくちゃ。
by june-sky | 2006-06-04 00:32 | 映画
<< キターーーーー!わちゃわちゃSMAP 映画批評家大賞と『新選組!』懇... >>