人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

連休終わった(涙)《追記あり》

また仕事ですね。ツライわ~。しかたないけどね。シクシク。

この休み中にやりたかったことのうち、できたのは・・・
・「マチベン」を見て周回遅れだったのが追いついた
・だいじなSMAP(うたばん・Mステ)をメディアに落とせた
(だけど、楽しみにしてた慎吾ちゃんのおしゃれナントカ・・・録り忘れた。しょっく)
・「リバティーン」の感想書いた
・・・・以上。ダメじゃん(汗)

9ヶ月ほど溜めてる(ひえぇぇぇ)雑誌はひと山も減ってないし
部屋は散らかったままやし(とりあえず隣の部屋に移動させたので
私の部屋はスッキリ!ダメダメ~)
あんだけ楽しみにしてた「続編」メイキングにもたどりついてないし。
はぁぁぁぁぁぁ。

まあ、でも楽しかった!
普段会えない友たちにも会えたし、映画や舞台も見たし、リフレッシュ
できた。
ちゅーか、出歩きすぎてツカレタ(汗)
あと3日ほど家でのんびーりダラダラできたら天国なのに。
って、休みなんて何日あっても足りないもんだよ。
そうそう!(自分で納得)

《追記》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
関西では5/8の朝日新聞朝刊17面「きょうのテレビ」というページに
マチベン記事が!
「TVこのせりふ」ということで、「ただ、死に方くらいは自分で選びたい。
そう思いませんか?」という第4話の新田さんのセリフがとりあげられて
います。
ライターさんはこのセリフでリビングウィルという言葉を思い出したとか。
「残された時間を新田のように自分らしく生きたい」と共感されてます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

せっかく追いついたので「マチベン」第4話&5話の感想をちょこっと。



第4話「安楽死を裁けますか?」

新田(岸辺さん)が屋上で自殺を図ろうとしたとき口ずさむ曲が「夜空のムコウ」。
これは脚本家の選曲だよね。井上さん、スマファン?
あ、スガファンか(笑)
どっちにしても良い曲だもんね。ドキっとしたよ。
この歌で時々泣けるワタシとしては(もちろんスマだけど)、グッときたよ。

この回はずいぶん重いテーマでした。
でも、親子の情とか友情とかでその重さを緩和しながらというか
テーマはむしろそっちにあったんでしょう。
裁判で安楽死を認める判決は下りないだろうと見てる側もわかるし。

新田は最後の日まで自分らしくありたいと、意識を失って錯乱したりするまえに
安楽死を望んでいる。
後藤田弁護士(ジュリー)の「申立て人は死ぬことを求めているのではない。
最後の時間を生きることを求めているのです。」という言葉に、続編を見て
土方さんの「生きざま」について考えたのを思い出したよ。
「死に場所を求めた」のではなく「納得のいく生き方を求めてた」ってあんとき
思ったんだよね。
最期を考えるとき、死に方ではなく生き方を考えてるんだって、あれ以来
時々考えます。時々ね(笑)

第5話「無実を信じますか?」
うわーーー、ここへきて一気に動きましたね。
四谷事件の真相にも迫るヒントというか、もうあのままの真犯人だったら
なんかとってもやるせない感じなんだけど(汗)
涼子がなぜ殺人未遂で捕まったのか、その謎は解けました。
でも、深川の横領事件の真相、あの太田弁護士がどう絡んでいたのか
そのへんも解明しなくちゃいけないし、最終回忙しいーーーー!
ムラぽんもあのままほったらかし?
涼子に助けられた話って、何?
後藤田さんや浦島さんももっと生かさないともったいないし。
6話では短いよねぇ。

でも、ドラマとしては、すんごく面白かった(終わってないけど)
適度にユーモアもあってがんばりすぎてないし、気楽に見れるところと
いろいろ考えさせられるところと、バランス的にちょうど良い。
おかげで山本さんチェックもおろそかに(笑)

いや、ちゃんと見てるけど。もうそのステキさはわかってるし。
今回のエリート弁護士役、世間知らずのおぼっちゃまがマチベンとして
経験積んでちょっとずつ成長していく、そんな役に山本さんがなりきって
いて、さすがだなあと思います。
表情ひとつで、戸惑いや自信、青さややさしさが伝わる。
毎回毎回、ちゃんと役になりきる。
あらためて言うことでもないけどスゴイな。
と、たまには言っておこう(何様)(笑)
by june-sky | 2006-05-08 17:28 | マチベン
<< 5/8 スマスマ 「リバティーン」 >>