ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

4/4 レ・ミゼラブル in 日生 マチネ

書こうと思ってるうちに日が経って、新鮮な感想が書けなかった。
時が経つの早いなぁ。
2週間なんかあっちゅー間です。やーねー。

でも、書いておこうっと。
だって、あと1回だけなんだよ。2006レミゼ in 日生&ヨシアンジョ。
終わっちゃうのねぇ。寂しいねぇ(しみじみ)

ま、いつまでもいつでもやっとけっていうのが無理な話なんだけど。
終わりがあるから・・・なんちゃら(byたっくん)←覚えといたれや。

この日はレミゼでは初めての最前列。
でも、下手端っこ近くだから、見切れもかぶりも覚悟の上。
とにかく近くでキラキラアンジョが見たかったのだーーー!
んで、見れた!
譲ってくれた友よ、ありがとー!

○4/4 日生マチネ感想(1列目下手)

キャスト
バルジャン: 今井清隆      ジャベール :岡幸二郎      エポニーヌ : 新妻聖子
ファンティーヌ: シルビア・グラブ コゼット : 剱持たまき      マリウス : 岡田浩暉
テナルディエ: 駒田 一   テナルディエ妻 :田中利花  アンジョルラス : 東山義久



ほんとにね、近いってステキ。

三角隊列で岡ジャベがサッシュベルト巻き巻きしてる向こうに
ヨシくんがチラ見えでも、給仕のダンスがテナ夫妻に隠れてちょこっとしか
見れなくても(涙)
でも、やっぱり近い席も捨てがたい。
何回も見てるから、こんな席もあってもいいかーって感じではあるけど。

だって、「星よ」でも「ジャベールの自殺」でも、岡ジャベの表情がハッキリ
見えるんだよ。
自殺では血気迫ったその表情に吸い込まれました。
綜馬ジャベが好きだけど、岡ジャベもかなり好き。
熱さ加減がちょうど良くて。
あの姿勢の良さからも誇り高き警部の雰囲気が出てて。

「乞食たち」のときには、乞食のひとりが目の前まで来て、私をハッキリ
睨んだよ。
怖かったよーーーー。
こんときはもうどーしていいかわからんかった。
しばらく睨み合ったけど、迫力で負けて目を反らしてしもたがな。
悔しいーーーー(そんな問題じゃない)

義アンジョのキラキラぶりもはんぱないっすよ。
ほんとにキラキラ。う、まぶしいー!(微ウソ)

中日から1週間しか立ってないの、なんだかとっても久しぶりーーー!
前日に岸アンジョを見て、やっぱり私のアンジョは義アンジョだわと
思ったから、再会がいちだんと嬉しいのね。

中日でもっと伸ばしてーと思ってた歌の語尾も、良い感じで伸びていて
声も出てて、動きはもちろん華麗だし、ほんとに良かったよ、義アンジョ。

ABCカフェのあと、上手から下手、下手から上手へ指さして指示するリーダー。
それに続く学生達。
このシーンも間近で見たら圧巻。
中日でも思ったけど、目の前で革命が起ころうとしてる。
血が沸き立つってこんな感じね~。
ホントにこのシーン、大好きだ!

んで、最前列でも端っこだから、普段は見れないモノが見られておもしろかった。

それは、アンジョとマリウス初登場シーンで、砦の裏側の梯子を駆け上がる
ふたりを見れたこと。
下手から上るので、マリウスが先に行き、スグ後ろからアンジョも続く。
なんか良いもん見れたな。

それから、ガブちゃんが死んじゃうシーンで、バリケード下手後ろで
グランデールが「ガブローーーッシュ!」と叫ぶ場面。
グランの姿がはっきり見える。
天を仰いで、嘆いてる姿がね、ほんとに悲しみが伝わります。
ここは、表ではアンジョもマリウスもバルジャンも、みんな嘆いてますね。
ガブちゃん(涙)

そうそう。
この日の宿屋の客には美しいふたりが!
清野さんと阿部よしつぐさんね。
テナルディエの酒場にはほんっとに不似合いな、二人のテーブルだけ別空間みたいな。
下手側のテーブルだから、結構目の前。
ちょっとココ、釘付け状態。ほんまに綺麗なモノがすきやな、私(笑)

よしつぐさんのしょっぴかれ&お縄状態も目の前やし(ホクホク)

という感じでボチボチ書いてた感想を遅ればせながらアップしときます(遅)
[PR]
by june-sky | 2006-04-22 18:03 | 観劇・演劇
<< 土スタに行ってきた! ひの新選組まつり&MusiG >>