人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

日野ふるさと歴史館と井上源三郎資料館

豆まきの翌日(2月4日)には、行きたかった日野ふるさと歴史館へ行きました。

ここでは、やっぱりこの旗ですよね。ほんとにボロボロ(涙)
c0063587_16262528.jpg


それとジオラマ。
これは、大鳥ちゃんがけっ飛ばしてた(?)傷なんかが、ちゃんと残ってました。
c0063587_16281020.jpg


こういうドラマで使われた小道具はココで見られますね。

他の資料で心に残ったのは、松本良順先生の話を聞いて書かれたという
依田学海という人の日記。
山南さんの切腹のことが臨場感たっぷりに書かれてます。

読むと、ひーーーーっ!(涙)ってなるほど痛そう。
最初、深く突き刺してしまったために横に引くことができなくて、土方さんが
もっと浅くするといいと助言したそうです。
山南さんはそれに従っって、少し刀を浅く戻してから横に引いて・・・。痛。

山南さんは、切腹前に普段どおりに理を通して、自分のどこに罪があったか、
どこが濡れ衣か、ちゃんと言い置いていったんですね。
土方さんの助言といい、あのドラマで描かれた人たちは、細かいことはさておき
ほんとに史実に即した描かれ方をしてたのかも・・・
と、史実に疎い私はいまさらながら思うわけです。

私たちの食いつきが良いのか、ここでは説明役のおじさまが、ほぼつきっきりで
あれこれ説明してくれました。
持たせてくれた天然理心流の本気の木刀はすんごい重かった。
型を練習する方は軽かったけどね。
これなら振れるかも。振るのかー(笑)

そういえば、源さんの資料館でご子孫の方に
「実際の源三郎さんは大河の源さんと同じようなお人柄だったんですか」と
お聞きしたら、「面倒見の良い人でした」とのこと。
ご自分のお身内のことなので、控えめにおっしゃってたのだけど、やっぱり
下の人から慕われてた方だったんでしょうね。

その源さんの子孫のおじさまに天然理心流の道場に勧誘されました。
うちの道場に来ないかーーー(違)(笑)
その方は理心流じゃなくて剣道をされてるそうですが、いまでもちゃんと
続いてるんですね。
by june-sky | 2006-02-09 16:57 | 新選組!!
<< しゃべり場 続・豆まきこーじ >>