ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

God Save The people~♪

ジーザスがワタシたちへ向けて力強く歌った「Save The people」の
余韻がまだ耳に残っています。
この曲、ほんとに好きだなあ。
この曲を歌う耕史くんも好きだったなあ。
どの曲もどのシーンもほんとに楽しくて素敵で面白くて。
ほんとに大好きな作品になりました。

千秋楽はステージの上の役者さんたちと客席のワタシたちの愛が
共鳴し合って融合して、より大きな愛のパワーとなって
なんだかとても感動しました。
たくさんの人を惹きつけ、魅力ある舞台になりましたね。
カンパニーのみなさん、お疲れさまでした。
素敵な作品をありがとうございました。

以下、今日のスペシャルなカテコで印象に残ったことだけ。




ジーザス耕史は
「夢のような、でも夢じゃない貴重な時間を過ごすことができました。
迷いなく同じ方向に向かってみんなで作り上げたものは、まっすぐに
お客さんに伝わっていくということがわかりました。」
というようなことをおっしゃってました。感極まりもせず(笑)
「みなさんからも愛をいただいて」とか「みなさんのおかげです」と
感謝の気持ちを述べられたあと、「外は明るいです!」と元気よく
ワタシたちを追い出し・・・いや、送り出してくれました。
ほんっと余韻もなんもないな(笑)
耕史くんらしいです。

カンパニーのみなさんもひと言ずつご挨拶がありました。
それぞれ、GODSPELLという、皆に愛された作品に出演できた
喜びを、それこそ感極まったり、ときにはおもしろ可笑しく
話しておられました。
印象に残ったのは耕平くんが
「ジーザスが、明日は終わりじゃなく始まりだからねと
言ってくれたんです」と言っていたこと。
クサ・・・いや、良い言葉です(笑)
どんなシチュエーションで言われたのか。それが聞きたいw

耕史くんは、転球さんを残して締めるというボケをかますつもりが
じつは桜井さんも残っていたという天然ぶりも発揮し、作品同様
とても暖かく愛に満ちた千秋楽のカテコでした。
ジーザス=耕史くんと共演者たちから言われたように、耕史くんの
人柄がにじみ出てるんでしょうか。
ヘドのカテコでも「愛に満ちた幸せな時間」って書いたような
気がするなあ。
こんな瞬間にまた立ち会えて、ワタシも幸せだ。

最後には後方からパーーーンと紙テープが飛び交い、みんなの
GODSPELLは華やかに幕を閉じました。
寂しいけれど終わりじゃなくて始まり。
ジーザスの有り難いお言葉をいまワタシも噛みしめています。
寂しくなんかないもんねーーー(笑)
[PR]
by june-sky | 2010-12-26 23:59 | GODSPELL
<< GODが終わって Merry Christmas! >>