人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」 in 大阪(4/24)

先週の水曜日。
まずはスマ友だちから「来週の金曜日、慎吾ちゃん大阪やね」と
聞きました。
あ!ホントだ。SMAP事務局からメールが!
23日は映画の試写会で挨拶、24日はメディアの取材。
あら!泊まりじゃん。
じゃ、耕史くんと飲めるじゃん。
と、まあ、考えますよね。組!ファンとしては(笑)
これはなんとしても大阪デートしてほしいーー!
どーしたら会えるのーーー?と無駄に気をもんでおりましたが
(ほんと無駄w)
ちゃんと会ってたんですねー。
吉弥さんのラジオを聴いてた方のレポを読ませていただきました。

吉弥さんは昨日の「L5Y」を見に来てて、そのあと副長と飲みに。
そこへ慎吾ちゃんから耕史くんに連絡があったとか。
きゃーーー!やったね!
吉弥さんも一緒にと誘われたのに、(遠慮したのか)帰られたそうで。
いまだに「局長と副長の愛」とか口走ってる監察方。
へへへ。いいなぁ。なーんかニヤニヤしちゃうーー。

という情報を踏まえてw、大阪2日目の「L5Y」を拝見。
やー、気のせいかこーちゃん張り切ってたわぁ(笑)

(10.04.25 シアター・-ドラマシティ)



今日は「Miracle Would Happen」で大きなアクシデント発生。
「左利きだからレフトハンド~♪」の後くらいで耕史くんが動いた弾みで
何かが起こったのか、マイクの音が突然聞こえなくなった!
あーーっ!(焦)
歌ってる耕史くんも気づいたようで。
どうするんだろうとハラハラして見守る客席。
やっぱり耕史くんはさすがですね。
慌てず騒がず、前に出てきて客席に届かせるようにいっそう声を張って歌い、
前嶋さんはそれに合わせてピアノの音を下げ、そしたら耕史くんの生声が
しっかり聞こえてきました。
落ち着いてちゃんとやってる人たちを見て客席も一安心。よかった。

ワタシも余裕が出てきて、その貴重な生声に聴き惚れました。
うん、無駄にしないよ(笑)
曲の後半、まだ結構な長さが残っていたので、ラストの英語部分も
「テンプテーション~♪」まで聴けて。
なんだか得した気分~♪←暢気w
ドキドキしたけどね。
って、後ろの席はどうだったかなあ。

最後まで歌い終わり、それからキャシーの「あーなーたがーかえるときには
スマーイル」が始まるタイミングで、舞台下手へフェイドアウトする耕史くん。
村川キャシーも心なしかいつもよりゆっくり歌ってる気がしました。
村川さんも落ち着いてて表情も変えず、ほんとにGJ!

あー、曲が終わるーーー。
「わたしのもとへと~~~~~~」「かえーるよキャシー!」
あーー、間に合った。ちゃんとジェイミーが出てきたよ。
ヨカッターーー。
そして何事もなかったように舞台は続くのでした。
show must go on!

今日はワタシもなんだかテンションがおかしくて、あちこちで
感動しまくり。
関西まで来てくれた嬉しさみたいなものがあるのか、やっぱり地元の
公演は格別です。また来てね(どさくさw)

まずはキャシーのオハイオ。
村川さんが素晴らしかった。
表情も歌も振りも何から何までキャシーそのもの。
夢や希望や野心や自信に満ちあふれ、でも、その先にある恐れや失望も
覚悟しつつ、ジェイミーへの愛を歌い上げる。
そんな風に聞こえました。
細かい音程とか、そういうのはまったく気にならない。
とにかく勢いがあって、頑張り屋さんのキャシーそのもの。
その姿を見てなんだか感動しちゃったワタシ。
ほんとにチャーミングなキャシーだわ。ワタシもお別れするのが悲しいよ。

そして耕史くんもまたヨカッタ。
アクシデントの対応は完璧だし、身体もよく動いてたなあ。
声も出てたし調子が戻ってきたかな。
うん、やっぱりすごく張り切ってた。気合い入ってた。
声の伸びや高音はまだまだ出来るはず!という思いはまだちょっとあるけど
でも今このときのベストをきっちり見せてくれている。それも普通以上に。

そうそう。
ジェイミーのスーツが最強!は変わらないけど、今日は結婚式の白衣装に
ドキッとしました。
王子キタ!って(笑)
なんか光り輝いてたんだよねー。まだまだイケルよ!こーちゃんw

そういえば北陸公演ではそんなに目立たなかったシュムールの帽子の
クルリンパ。
失敗しないように、高く投げないようにしたのかなと思ってたら
今日はしっかりしたクルリンパしてましたナイスチャレンジ!

マジックは省略。ワタシが要らんてゆーたからか(違)
代わりにお手玉ちょろっとやってました。

そして「If I Didn't Believe in You」から泣き始めたジェイミー。
早すぎ(笑)
後半、歌いながらどんどん目が赤くなってきて、キャシーに
穏やかに語りかける部分で涙声。
あー、涙で掠れかけた声にキュンキュンくるー。
「もし信じてなければ愛してないだろう~♪」と歌いながら
ジェイミーは涙ポロリ。
久々にジェイミーにもらい泣きしちゃったわ。
この曲で泣かれるとクルね。

そして「Nobody Needs To know」はもちろんグダ泣き。
なんかジェイミーがすごい弱ってるように見えて可哀想だった。
あー、ごめんね。いつも、なんでここでアンタが泣く?なんて言っちゃって。
メソメソすんな!なんて言っちゃって。
なんてこと思うくらい可哀想だったジェイミー。
ジェイミーも辛かったんだよね。がんばったんだよねと思わせられた。
あのアクシデントのせいか。
負けた(笑)

そんなこんなでカテコです。
地方公演でも何も言葉はなかったので、今日も期待してなかったけど
3回目のカテコでトークモードに。やったー!

「大阪公演は2回だったんですけど、みなさんのおかげでステキな作品を
・・・ナンタラカンタラ・・・(たぶん型どおりのご挨拶)
あの、ちょっと今日・・・(笑)
あれは僕が口パクで声を出してなかったという演出です(笑)」
アハハ。笑いで締めるなー、やっぱり。

耕史くんが関西出身の村川さんに
「地元に戻ってきてできるというのはどんな気持ちですか?」と聞き
村川さんは
「みんな親戚みたいであったかい感じで。ありがとうございました」と。
あー、カワイイ。なんか親戚のおばちゃんの気分になってきた。
よくがんばってるよ!拍手―――(笑)

ニヤニヤしながら横に居る耕史くん、何か言いたくなったんでしょうね。
「そやなぁ。。。。」と関西弁で。
「え?」と村川さんに聞き返され、「ばりばり関西やで(笑)」と。
耕史くんの生関西弁。これまた貴重!
村川さんも「ちゃうちゃう」とか、ノリよく応えてくれました。
お世話かけます。ありがとー!w
耕史くん、「下手くそでしょ」って言ってたけど上手かったよ。
「明日は滋賀です。近いので来てくださいね。」と村川さんはちゃんと宣伝も。
頼りになるねーー!
最後は耕史くんが「今日は良い時間を共有できて楽しかったです」みたいな
感じで締め。
(だいたいこんな感じでという感じでw)

そんな挨拶付きカテコのおかげか、アクシデントのおかげか、チームL5Yの
がんばりと相俟って、なんだか心に残る公演でした。
明日の彦根で「L5Y 2010」もおしまい。寂しーー。
けど、大楽はやっぱりちょっとワクワクします。
どんな締めくくりになるのかな。
しっかり見届けてきます!
by june-sky | 2010-04-25 01:14 | L5Y 2010
<< 「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」... 「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」... >>