人気ブログランキング |
ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

なぜ「新選組!」が好きか?

ここ4~5日、毎晩、組!DVDを見ています。
c0063587_2248212.jpgそれも、すーっと第1回。終わっては見、終わっては見~。
先へ進まない。なんぼ好きやねん!というか、

面白いじゃないかー!!!!

第1回から、こんなに面白かったとは。
今さらながらにビックリです。





大河を見るのは初めて、新選組もよく知らない、役者も知らない
という私がぼーっと見てたんだから・・・覚えてるはずがない。
始まりも、こんなだったんや~って。

あの最初のシーン。隊士たちが京の町を急ぐ。
わくわくするような疾走感。
それだけで胸躍るのに、さらに静止画像で隊士の紹介。
うっわー!こんなの好きー!
かっこいいよ。みたにん、やっるー!
記念すべき山本土方の第一声も・・・。じーーーーん。
まあ、「勘定方 河合」とか、「観察 山崎」とか言われても
最初に見てたときの私は全くピンと来ず。
それが、今ではキャラや働きぶり、その最後さえも(涙)
ありありと目に浮かぶ。
これはもう感動です。
DVD完全版、ほんとうにありがとう。感謝します。

この最初に持ってきたシーンに戻ろうとして、戻れなかった
んですよね、三谷さん。
戻ってほしかったなぁ。
このへんを見て、ミタニンはきっとタランティーノの映画とか
好きなんじゃないかなと思ったんだけど。
「レザボア・ドッグス」とか「パルプ・フィクション」を
思い出しました。
事件のシーンが先にあって、たくさんの登場人物をさりげない
エピソードで紹介して。
説明的なことは一切せず、コミカルなやりとりもはさみつつ
普通の会話や食事のシーンでキャラを立たせるのも
タランティーノの持ち味。
組!も全編そうでしたよね。
そういうキャラクターを集めてチームを作り、それぞれの特技を生かして
何かに向かって作戦を立て、団結したり、仲間割れしたり、そんな中で
成長していき、生まれる友情やさまざまなドラマ。
そんなのが、私は大好きだ!

この前、立ち読みした「日経エンタ」でもミタニンは「『三国志』とか
『ロード・オブ・ザ・リング』のような仲間がどんどん集まる長い
スパンのものが好き」と言ってました。

おおおおお!そうか。そうだったのか。
私も大好きだよ。「ロード・オブ・ザ・リング」
残念ながら「三国志」は全く知らない。
そうなの。「ロード~」とも重なるの。
旅の仲間たちが次々と集まって、困難に遭っても、力を合わせて
進んでいく物語。
あれも仲間達の友情の物語でしょ。
それが面白いかどうかは、登場人物がいかに魅力的に描かれているかに
かかってくると思う。
感情移入できる人物がいるか、応援したくなるか。

そういう面では、実際の役者同士が「虚実入り交じる」(by堺さん)
関係だったのも大きなポイントでした。
見てるこっちも入り交じってました。重ね合わせてました。

ほんとに、今生きてる人たちみたいに錯覚した。
男の友情ドラマが大好き、熱い男のドラマが大好き~!
「組!」は、まさに、そんな私の直球ど真ん中だったわけです。
うーん、暑苦しいです、私(笑)

心して第1回を見始めて、あのテーマにのって組の旗が!
そして、青空と雲をバックに「近藤 勇 香取慎吾」の字が!
もう、ここでウルウル。
続いて出てくる隊士達の名前。
ああ、源さんも・・・(涙)
オープニングタイトルでこれだけ泣くか?くらい涙が出ました。
うーん、先が思いやられる。
でも、幸せな時間です。もう一度、あの隊士達に会える!(嬉)
一話一話、じっくり見ながら、あのころの雑誌などを読みつつ
またしばらくは、組!まみれな生活を楽しみたいと思います。
by june-sky | 2005-03-12 22:49 | 新選組!
<< 源さんと「潮騒」 山本さん、新情報二つ >>