ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

KKDライブ in バナナホール

27日のFC限定ライブに行ってきました。

バナナホールは昔よく行った場所でした。
学生時代の先輩や友人のライブを聴きに行ってました。
そんな場所で耕史くんのライブが聴けるなんてねぇ。しみじみ。
以前は耕史くんたちもライブハウスでライブをやってたと聞いてから
ずっとこのときを待ってました。

ライブハウスで耕史くんのライブを聴きたい!
その夢が叶ったよ。

KKDの方々、大阪に来てくれてありがとーー!
素敵なライブをありがとーーーー!
また、あちこちでやってください。れっつごー!(笑)

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-29 23:55 | 山本耕史

「阿国」

忙しさにかまけて後回しにしてたら、「阿国」を見てからはや10日。
いけないいけない。
もうあさってにはバナナだよ。やーー、楽しみ!
いま、大急ぎで「3-wish」聴いてます。
ヘドざんまい中、1回だけ聴いてほったらかし(ごめん)

ってことで、「阿国」感想です。

4月15日京都南座。この日は千秋楽でした。
友達が取ってくれた席は3列目のほぼセンター。
いやん、近い!とがぜん盛り上がるワタシ。

だいたいヨシくん(東山義久さん)が出てないとワタシは観に行かない類の
舞台です。
なんていうのか、大衆演劇ものっていうジャンルがあるのかなあ。
新感線なんかでも勢いのある似た感じの雰囲気がある。
猥雑なパワーとでも言うのかな。
「阿国」にもガーーーッと押し寄せてくるモノがありました。
なんでも観てみないとわからんもんですね。

芸に生きる人たちを演じる、芸に生きる人たち。
その芸にかける思いというものが半端じゃなく本気で伝わってくる。
そんな気がしました。
木の実ナナさんや池端真之介さん、上條恒彦さんたち、メインキャストが
さすがにハマリ役で存在感バリバリ。
揺るぎのない「芸」を 堪能しましたよ。

木の実ナナさんは阿国そのものだし。
そのキップの良さと芸一筋のまっすぐな生き方、存在の華やかさ。
この人に抱いていたイメージそのままのキャラクターでした。
17年前から演じ続けている阿国役を語るとき、ナナさんはパンフで
「阿国様」って言ってます。
並々ならぬ愛情が感じられました。

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-25 23:59 | 観劇・演劇

最近のあれこれ

あっという間に1週間が過ぎました。また週末。

最近、時間に追われ、用事に追われ、タイヘン忙しいです。
お花見もせず・・・・

と思ってたら、今日はたまたま家の近所のしだれ桜が満開なのに
出くわしました。
そういえば、特別に繰り出したりせず、こうやって通りすがりには
桜も見てた。それもいいね。
c0063587_0325617.jpg

ヘドが終わって、やっぱり気が抜けてぽーーーーーっとしてたら
ポケモンですか。
耕史くんのおかげでいろいろ趣味の幅が広がったワタシですが
今度は子供に混じってポケモン・・・マジで?(汗)
先週日曜の朝にやってるのを録画してみましたが・・・・・・未だ見ず。

ま、そのうち1回くらいどんなもんか見てみよう。
映画館で初めてってのもきつそうだし。

って、映画館行けるのかなあ。
声優こーじは絶対にイケてるに決まってるけどね。
そーいやナージャはDVD借りて見たよ。
えっと・・・名前忘れたけど吟遊詩人はステキだったもんね。

そして、久々に木曜深夜の「MusiG」

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-21 23:59 | 日々のあれこれ

「ドリームガールズ」

c0063587_1256860.jpgヘド大楽あとのグダグダ感から
すっかりダメ人間なワタシ。
週末はちょっぴりリハビリに努めました。
もちろん、苫小牧の詳細を気にしつつね。
馬やらラーメンやら三条さんやら(笑)
なんて楽しそうなんだー!>健ちゃんdiary
行きたかったなあ。
けど、ワタシには大阪があるし!
って、当たれば・・・ですが。当たりますように!

で、リハビリ種目。
金曜に映画「ドリームガールズ」、日曜にミュージカル「阿国」を
観て少し気分転換できました。

とりあえずは「ドリーム~」のカンタン感想を。 (4/13 鑑賞 MOVIX京都) 

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-16 12:56 | 映画

ヘドウィグ ファイナル 4/7&4/8感想 その2

「みずみずしいヘドウィグ」と言い表される耕史くんのヘドウィグ。
耕史くんのまっすぐで透明な印象がそんなふうに見せる。
演出もそういうのを目指していたようだし。

新宿で見たときのワタシの印象は、「みずみずしいけどドライなヘドウィグ」
でした。
こう、暗さや湿り気のないカラッとした突き抜けた感じのあるヘドウィグ。
人間くさいドロドロしたものを越えちゃって突き抜けたんではなく
最初から純粋でキュートでウブで透明で。
そんなんじゃヘドウィグじゃないって声もあったけど、ワタシは
それはそれで個性だから、少し上品なヘドも良いと思ってた。

地方を回って、一回り大きくなって、人間ヘドウィグが深みを増して
耕史くんがヘドウィグになりきってると感じたときでも、やっぱり
その生まれ持ったまっすぐな感じはそのまま。
「Midnight Radio」を渾身の力で歌いながらも、こーじヘドには
そんなに打ちのめされた感はなく、希望を感じました。

そんなヘドウィグでも良いと思います。
そんなヘドウィグが大好きでした。

ってことで、大楽感想の続き、行きます!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-12 17:44 | Hedwig 2007

ヘドウィグ ファイナル 4/7&4/8感想 その1

大楽から2日。
なぜか今日はググーーーッと寂しくなりました。
なんだろー。
すっかり日常が戻ってきて余韻に浸ってる場合じゃないよって
ひしひしと感じるからかな。
うわーーーーーーーーん、やっぱ寂しい。

寂しいので、ファイナルの2公演のことを思い出してみた。

大楽のヘドウィグって、いったいどういうテンションなんだろうって
ぽーーーっと考えてたワタシには衝撃的なヘドウィグ登場シーン。
上手中程のドアからヘドが入ってきた途端、観客はどんどん
立ち上がっていきました。
2000人の拍手と歓声に迎えられるヘドウィグ。
素敵な光景でした。
地方公演を重ねて東京に戻ってきて凱旋公演。
まさにそんな感じ。
やったね!ヘドウィグ。
立ち上がった客の間をいつものように練り歩くヘド。
婉然とした微笑みに混じって思わず素の笑顔も浮かんでる。
これぞ熱烈大歓迎。
うひょーーーーーーーーーー!
こっちのテンションも上がるってもんです。イェイ!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-10 17:55 | Hedwig 2007

ヘドウィグファイナル-----!

ヘドウィグファイナル公演に行ってきました。
7日のソワレと8日の大楽。
福岡から帰って、風邪で3日間寝込み、仕事は年度替わりのバタバタ状態。
あれこれギリギリな状態で予定どおり行けたことにひたすら感謝!
ほんとよかった。
ファイナルヘドは期待どおりのキュートでパワフルなヘドウィグでした。

大きな会場でも見劣りしない大きなヘドウィグ。
体型だけじゃなく・・・って、またちょっとでかくなった気がしたけど(汗)
いいの。人間ヘドウィグとしてのでかさを感じました。
人としての奥行きの深さ、いろんなことを踏み越えたきた人間の懐の深さ。
そんな大きさを感じました。

どちらの公演も、イツァークの登場だけでわき起こる大きな拍手。
これも今までなかったことです。
客席全体がヘドファイナルを楽しもう、盛大に送り出そうという暖かい気持ちを
感じて、まずそこでじーーーんとくるワタシ。
大きな会場でのヘドウィグに、まったく不安のなくなった瞬間でした。

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-09 01:34 | Hedwig 2007

ヘドウィグ in 福岡 3/31

福岡、行ってきましたーーーーー!

c0063587_21414320.jpgc0063587_21422856.jpg






↑福岡の旨いもん写真、追加しました。

楽しかった。美味しかった。
福岡って、長崎や鹿児島への通過点で、いっつも通り過ぎるだけ
だったけど、良い街ですね。
土曜の夜は居酒屋のあと屋台のラーメンを食べ、日曜の昼は海鮮の美味しい
お店でお刺身やイカウニ丼やふぐの天ぷらを食べ、おやつにケーキを食べ。
なんぼ食べてねんねーーーん!
でも、良い感じで都会で、それでもごみごみしてなくて、文化的水準も
高そうで(ワタシにとっては映画や舞台が充実してること)住みやすそうな街
だなあと思いました。
また行きたい!

ってことで、福岡ヘドウィグの感想です。
ヘドはあいかわらず元気いっぱいでしたーーーー!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-02 03:00 | Hedwig 2007