ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

カテゴリ:Hedwig 2008( 34 )

ヘドウィグを思い出す

ヘドウィグの舞台が終わってから、2ヶ月。
最近、やっとこさ映画のDVDを見てみた。
こーじヘドの残像が消えるのがイヤで、ずっと見てなかったのね(乙女)(笑)

で、久々に見たジョンのヘドウィグ。
あら。なんだか印象が違う。
以前と違って、懐かしさでいっぱい。
あらら。ジョンが前より好きだわ(笑)

LIVEで生ジョンを見たからか、それとも耕史くんを通してジョンが
前より近い存在に感じられるのか(勘違い)

いままで映像でしか知らなかった人が、LIVEでは目の前で飛んだ
り跳ねたり過激なパフォーマンスして。
かと思えば、お茶目で、歌う様子はピュアな少年ぽさもあって。
そう、生のジョンは意外なほどナチュラルでピュアで、そんな資質は
耕史くんと同じなんだなあと、あの日しみじみ思いました。
そしてずいぶんとお近づきになれたような(マジ勘違い)(笑)

ってな感じで、大打ち上げLIVE後、ずっとあれこれ考えてたこと。

More
[PR]
by june-sky | 2008-08-17 23:29 | Hedwig 2008

ヘドウィグ大打ち上げLIVE~ジョンも来たよ!~その3

で、カテコです。

(追記)あ、そのまえに

望月さんのブログに当日の写真がアップされてます。
3人のイツァークーーーー(涙)
文章読んでも、ほんとに可愛いひとだな。
好感度あっぷあっぷ。

他の関係者ブログでも再々演を匂わせる言葉や、ジョンを含め
LIVEを楽しめた様子が伝わってきて、それを読んで、とっても
良いライブだったことを再認識。
すんごくハッピーな気分になってます(追記ここまで)


拍手は鳴りやまないどころか、どんどん大きくなって、どんどんテンポアップ。
そこへバンドが再び登場。そして大歓声の中ジョンも登場。
そして歌い出すのは・・・・

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-24 15:03 | Hedwig 2008

ヘドウィグ大打ち上げLIVE~ジョンも来たよ!~その2

さて、Sugar Daddyが終わって。。。

そうそう。書き忘れてたけど、Sugarの前にジョンは疲れたからって
奥へ引っ込んでたのね。
そんで、コミック柄のロングジャケットにお着替えして、再び登場。

「他の歌はどうですか?」とジョンが言って、「Wig In A Box」のピアノが流れる。
きゃーーーーー!ジョンのWig~が聴けるーーーー!
大好きなこの曲をジョンが歌う!

もう嬉しくて嬉しくて。飛び上がりそうだったけど、ジョンは「どうぞ、座って」って。
やーーーん、座ってなんかいられないーーー!

・・・けど、そういえばそろそろ足が疲れてきた。
ありがたいので、おとなしく座る(笑)

♪On nights like this~のジョンの声のせつないこと。
心に染みました。

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-24 12:45 | Hedwig 2008

ヘドウィグ大打ち上げLIVE~ジョンも来たよ!~その1

行ってきました。夢のような2時間でした。
今も思い出すと胸の奥がじーーーんとして、なんだかせつない気持ち。
こんな気持ちは初恋以来(笑)
現実なのか、夢だったのか、幸せすぎてコワイ!みたいな。

ライブ終わってから、新宿で昔からのいつものお仲間と飲み
ホテルでボーーっと余韻に浸り。
テンション下がらず、なかなか寝られず。
おかげで、10時チェックアウトなのに10時に起きる始末。
板橋(近藤さんとこ)に行く予定がダメになっちゃったよ。ああ(嘆)

まあ、仕方ないね。
映画の中のヘドウィグに会えたんだから。
6年間好きだった人にやっと会えたんだから。。。ジョンが登場した途端
なんだかポロッと泣けたわ。
え?ワタシ、そんなにジョンが好きだったっけ?。。。(汗)
ヘドウィグは元々好きだったけど、ジョンに特別な思い入れがあったわけ
じゃなくて。
でも、こーじヘドを見てるうちに、ますますヘドウィグというキャラクターに
惚れ直して、元祖ヘドウィグへのリスペクトは日に日に募りました。
TVナビでも、その人柄が伝わってきたしね。
そこへジョンキャメと会える!ってことで、やっぱテンションあがるって!

で、感想ですが、いつも以上にグダグダです。
感動が言葉になりません。
書くと感動ぶちこわしみたいな。あは、ダメじゃん(笑)
けど、思い出はどんどん薄れていくので、やっぱワタシが見たヘドライブを
グダグダ書きます。

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-23 17:34 | Hedwig 2008

ヘドウィグ2008 ツアーファイナル2日目 6/15 その2《追記あり》

やっとこさカテコです。

最後なのでお花を飾っておこうかな。
佐伯せんせはセンスがいいなぁ。
スマのお花もエキゾチックでユニークで評判が良いので
スマファンとしては鼻が高い(笑)

スマステにはまた出演予定があるのかな。
あったらいいな。

c0063587_0424918.jpgc0063587_043126.jpg

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-19 23:59 | Hedwig 2008

ヘドウィグ2008 ツアーファイナル2日目 6/15 その1

そして大楽です。

やっぱりこの日は気分が違う・・・と言いたいけど
なんだかもう安心しちゃってドキドキはないんだなあ。
ちゃんと出来るよ、心配ないよ。
今まであれだけのことを乗り越えてきたんだからって。
初日の方が心配でドキドキしてたなあ。うーん、親心(汗)

でも、やっぱりこの日で最後って思うとね。
名残惜しさは倍増。やっぱ寂しいよね。
ってことで、大楽を振り返ります。

この日も5列目。しかも下手寄り。昨日と一緒やん(汗)
マグっち、何とかして(笑)

そして始まるイツァークの「レディースアンジェントルマン!」
今日も変わらず堂々とそこらへんを威嚇しながら、婉然と微笑みながら
ヘドウィグ登場!

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-18 23:59 | Hedwig 2008

ヘドウィグ2008 ツアーファイナル初日 6/14

ドキドキワクワクのヘドウィグファイナルから帰還後、
気持ちはふわふわどっかへ行っちゃってるし、仕事は大忙しだし。
早く大楽感想書いてしまわないととテンションが下がっちゃうと
思いながらもなかなかね(汗)

で、大楽から2日。終わったその日はそんなに寂しくないと思ってたけど
こういうのって、やっぱりじわじわ来ますね。
もうしばらくはどこへ行ってもヘドに会えないと思うと寂しい。。。
ま、覚悟はしてたけどね。。。。

今回の遠征はヘドファイナルってだけでも盛りだくさんなのに
前楽公演後は昔からの懐かしい誠仲間たちとお茶したり、
それから単独行動で新橋へ行って、これまた昔からの友たちが
集まってるとこに急遽参加したり。
ヘドウィグとも耕史くんとも無関係なとこでそこでひとしきり盛り上がって
またまた焼き肉やってるこーじ仲間の元へ。
なんかすっごい有意義だった。
東京の地下鉄乗りこなしてるし(いぇーーい!)
つーか、近場だし。おまけに一度反対向きの電車に乗ったし(汗)
でも、いつ行っても遠征は楽しい。ヲタの醍醐味ですね。
財布は苦しいけどね~アハ(笑うしかない)

ほんとはさっさと大楽のことを書きたいけど、一緒にするとグダグダ長くなるので
とりあえず前楽の感想いきます!

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-17 11:55 | Hedwig 2008

ヘドウィグ2008 ツアーファイナルも終了!

楽しかったーーー!

タクちゃん復活でステージも客席も大盛り上がり。
この2日間、期待どおりの「幸せなステージ」となりました。
波瀾万丈のツアーの集大成のようなステージでした。
笑いも涙もツボも満載。
いろいろ思い出してニヤニヤしてます。

終わったらどれだけ寂しいだろうと思ってたけれど
それほどでもない。
大打ち上げLIVEのおかげで「また週末にね!」と友たちと
お別れできたことや、あれだけ言うんだもん、再々演は
ゼッタイあるよっていう確信(それもタクイツァークでね)とで
幸せな気持ちのままで帰ってきました。

ヨカッターーーー!

2ヶ月半、素敵なヘドウィグになってくれた耕史くんにありがとう。
そのヘドウィグの素晴らしい同志になってくれたタクちゃんにありがとう。
いつも必ず舞台でヘドを支えていたバンドのみんなにありがとう。
こんなに嬉しい楽しい気持ちにさせてくれてありがとう。
いまは感謝の気持ちでいっぱいです。

ヘドウィグの笑顔や盛大な涙や、タクちゃんのヘドを見るときの愛おしそうな目や
大楽のカテコで最初に出てきたときの、珍しく憔悴したような耕史くんの顔や
(ほんとにタイヘンな舞台をやりきったっていう思いが表れてているようで)
そういういろんなことが浮かんできます。

ほんとにみんなががんばった!
エンドレスツアー、とりあえずはお疲れさまでした。
また必ず会えると信じて、今夜はこれで。
[PR]
by june-sky | 2008-06-15 23:56 | Hedwig 2008

ヘドウィグ in 神戸 ツボ&感想

c0063587_12311260.jpgさて、あらためてヘドウィグ神戸公演の感想です。

神戸こくさいホールは2000人収容の大ホール。
とてもキレイで立派なホールでした。
(写真は公式サイトから拝借。こらっ!)






その雰囲気のせいか、照明が舞台用のような落ち着いた深みのある色合い。
白っぽいスポットの中に浮かび上がるヘドウィグは
ますます美しくその周囲5mくらいの光の円の中にぽっかり浮かんでるみたいでした。
なんだか幻想的。

FACEやZEPPの平らな席とは違い、5列目あたりから結構傾斜がついていて
そのおかげでワタシの席からは舞台の奥まで見渡せました。
近いのにそんな感じで、やっぱり普通のホールは見やすいね。

以下、ツボ&感想、箇条書きです(順不同)

ネタバレ
[PR]
by june-sky | 2008-06-09 12:32 | Hedwig 2008

神戸公演も無事に!

神戸のヘドウィグが無事に終わりました。
大きなホールで一段と大きく、逞しく見えたヘドウィグ。
少々のことには動じる風もなく、器がでかくなったような、
確実にステップアップしたような、そんな成長したこーじヘドが
そこに居ました。
大きな試練を乗り越えたんだもんね(涙)
関西ではやっとこさ観ることができた人たちも多かったでしょう。
ホントに良かったですね。

ご当地ネタとしては
「壁の向こうにマクドがオープンしたばかり」というサービスもあり(嬉)
「マクド」の発音は完璧(笑)
どこかでは「わて」とか言ってました。
これはちょっと無理矢理すぎ(汗)

ルーサーはあいかわらずチャラチャラしてて絶好調だったし
耕史くんは歌も動きもパワフルで、何の文句もありません。
あ、おまけに全然ぷよってなかったし。これ大事(笑)

成長したヘドは何ごとにも動じません。
送迎車でおもいきり膝を打って、客席から「Are you all right?」と
声がかかると、聞こえなかったらしく
「え?」と聞き返したものの、すぐに「Ah~OK! I’m all right」とか
なんとか余裕でお返事。さすが~(惚)

といった、いろいろツボも書きたいけど、まずはカテコのこと。
初めてかな。あんな風に大阪のことを具体的に話したのは。

More
[PR]
by june-sky | 2008-06-09 00:08 | Hedwig 2008