ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

カテゴリ:Hedwig 2007( 16 )

ヘドウィグ ファイナル 4/7&4/8感想 その2

「みずみずしいヘドウィグ」と言い表される耕史くんのヘドウィグ。
耕史くんのまっすぐで透明な印象がそんなふうに見せる。
演出もそういうのを目指していたようだし。

新宿で見たときのワタシの印象は、「みずみずしいけどドライなヘドウィグ」
でした。
こう、暗さや湿り気のないカラッとした突き抜けた感じのあるヘドウィグ。
人間くさいドロドロしたものを越えちゃって突き抜けたんではなく
最初から純粋でキュートでウブで透明で。
そんなんじゃヘドウィグじゃないって声もあったけど、ワタシは
それはそれで個性だから、少し上品なヘドも良いと思ってた。

地方を回って、一回り大きくなって、人間ヘドウィグが深みを増して
耕史くんがヘドウィグになりきってると感じたときでも、やっぱり
その生まれ持ったまっすぐな感じはそのまま。
「Midnight Radio」を渾身の力で歌いながらも、こーじヘドには
そんなに打ちのめされた感はなく、希望を感じました。

そんなヘドウィグでも良いと思います。
そんなヘドウィグが大好きでした。

ってことで、大楽感想の続き、行きます!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-12 17:44 | Hedwig 2007

ヘドウィグ ファイナル 4/7&4/8感想 その1

大楽から2日。
なぜか今日はググーーーッと寂しくなりました。
なんだろー。
すっかり日常が戻ってきて余韻に浸ってる場合じゃないよって
ひしひしと感じるからかな。
うわーーーーーーーーん、やっぱ寂しい。

寂しいので、ファイナルの2公演のことを思い出してみた。

大楽のヘドウィグって、いったいどういうテンションなんだろうって
ぽーーーっと考えてたワタシには衝撃的なヘドウィグ登場シーン。
上手中程のドアからヘドが入ってきた途端、観客はどんどん
立ち上がっていきました。
2000人の拍手と歓声に迎えられるヘドウィグ。
素敵な光景でした。
地方公演を重ねて東京に戻ってきて凱旋公演。
まさにそんな感じ。
やったね!ヘドウィグ。
立ち上がった客の間をいつものように練り歩くヘド。
婉然とした微笑みに混じって思わず素の笑顔も浮かんでる。
これぞ熱烈大歓迎。
うひょーーーーーーーーーー!
こっちのテンションも上がるってもんです。イェイ!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-10 17:55 | Hedwig 2007

ヘドウィグファイナル-----!

ヘドウィグファイナル公演に行ってきました。
7日のソワレと8日の大楽。
福岡から帰って、風邪で3日間寝込み、仕事は年度替わりのバタバタ状態。
あれこれギリギリな状態で予定どおり行けたことにひたすら感謝!
ほんとよかった。
ファイナルヘドは期待どおりのキュートでパワフルなヘドウィグでした。

大きな会場でも見劣りしない大きなヘドウィグ。
体型だけじゃなく・・・って、またちょっとでかくなった気がしたけど(汗)
いいの。人間ヘドウィグとしてのでかさを感じました。
人としての奥行きの深さ、いろんなことを踏み越えたきた人間の懐の深さ。
そんな大きさを感じました。

どちらの公演も、イツァークの登場だけでわき起こる大きな拍手。
これも今までなかったことです。
客席全体がヘドファイナルを楽しもう、盛大に送り出そうという暖かい気持ちを
感じて、まずそこでじーーーんとくるワタシ。
大きな会場でのヘドウィグに、まったく不安のなくなった瞬間でした。

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-09 01:34 | Hedwig 2007

ヘドウィグ in 福岡 3/31

福岡、行ってきましたーーーーー!

c0063587_21414320.jpgc0063587_21422856.jpg






↑福岡の旨いもん写真、追加しました。

楽しかった。美味しかった。
福岡って、長崎や鹿児島への通過点で、いっつも通り過ぎるだけ
だったけど、良い街ですね。
土曜の夜は居酒屋のあと屋台のラーメンを食べ、日曜の昼は海鮮の美味しい
お店でお刺身やイカウニ丼やふぐの天ぷらを食べ、おやつにケーキを食べ。
なんぼ食べてねんねーーーん!
でも、良い感じで都会で、それでもごみごみしてなくて、文化的水準も
高そうで(ワタシにとっては映画や舞台が充実してること)住みやすそうな街
だなあと思いました。
また行きたい!

ってことで、福岡ヘドウィグの感想です。
ヘドはあいかわらず元気いっぱいでしたーーーー!

More
[PR]
by june-sky | 2007-04-02 03:00 | Hedwig 2007

ヘドウィグ in 大阪 3/24&3/25 その2

昨日・今日はヘドウィグ名古屋公演ですね。
どんな様子かなあ。
こんなにハマると思わなかったので、比較的近い名古屋をパスして
しまったことが残念。
日帰りでも楽々行けるのに。
行けばよかった・・・ウオーーーーン(涙)

って、どんだけ行く気やねん(笑)

そういえば、耕史くん。
新宿で見たときよりも大阪ではデカくなってました(汗)
見間違いかと友に確認したら、「うん、かすかに横腹が」と。
ひょええーーーー!
心なしか、顔も丸い。
成長したのは役柄としてのヘドウィグだけじゃなかったのね。
本人の体格まで成長してたか(汗)
地方公演で美味しいもん食べて、これ以上でかくなりませんように。
もうじゅうぶんデカイから(笑)

では、大阪感想。後半いきます!

ネタバレ
[PR]
by june-sky | 2007-03-28 17:05 | Hedwig 2007

ヘドウィグ in 大阪 3/24&3/25 その1

大阪の余韻は凄いです。
なんか圧倒されてます。
終わっちゃったよ・・・ぼっけーーーー。みたいな。
まだワタシはこれで終わりじゃない、あと何回か観るんだけど。
なんだろなー。
あっついヘドウィグだったわ。
客席も熱かった!客席だけのことで言えば、初日がサイコーに熱かった。
でも、ヘドウィグは楽日が凄かった!ワタシもハジケた!
「Angry Inch」で拳を振り上げるって、いままではなかった。
楽では自然にやっちゃってたわ。
ヘドウィグは声は枯れかけてたけど、珍しく裏返ったりしたけど。
それも、ワタシが大好きな「Wig In A Box」の出だしで。
だけど、そんなこと全然気にならない。
「On night like this~♪」のせつない歌声ではやっぱりジワーーンと
きてしまいました。
「Midnight Radio」では、声も出ないくらい感動。
凄かったよーーーー!

東京でも好きになったけど、大阪でますます好きになりました。
詳しいことは明日!とか書きながら2日経ってしまったし
ラストのこととか、ヘドとイツァークの関係とか、演出のこととか
もういろいろ新宿の時に書き尽くしたので、あんまり書くことないかも(汗)
「大好き!」とか「凄い!」とか「いじらしーーー!」「カワイイ!」
ほんと言うと、そんな言葉しか出てこない。

でも、まあ覚えてることをつららといきます。

ネタバレ
[PR]
by june-sky | 2007-03-27 16:14 | Hedwig 2007

大阪ヘドウィグ、終わりましたー!

ヘドウィグ大阪公演が終わりました。
大阪初日に続き、土日の3公演行ってきました。
とりあえず、お疲れ、ヘドウィグ。
ありがとー、ヘドウィグ。

この大阪公演。
ヘドに激近席でヘドしか見てない回もありました。
視界はヘドでいっぱいです(笑)
まだ引きでは全体を見られてないけど、少しだけ離れて観れた回があって
初めて全体がワンショットで納まったり。
ヘドウィグの向こうにはバンドも全部見えるし、KDのDAIさんが目の端に
いつも居ました。
あー、なんかいいね。
バンド込みのヘド。素敵だったわ。
イツァークコーナーも合わせて、舞台美術もやっぱり全体でひとつの作品に
なってるんだもんね。

More
[PR]
by june-sky | 2007-03-25 23:50 | Hedwig 2007

ヘドウィグ in 大阪 3/22

大阪ヘドウィグ、初日行ってきました。
ようこそ、大阪へーーー!
ほんと久しぶり。待ってたよーーーーー!

3月3日に観て以来だから、ほぼ20日ぶりです。
その間、仙台を経てやってきたヘドウィグ。
わーーーん、やっぱ好きだわ、ヘドウィグ。
大阪もノリノリです。
1曲目からスタンディング。
東京行った人も多いのかな。
ワタシは前方席だったんだけど、周囲では新宿と同じ2曲で立ち、同じように
手を挙げ、同じように盛り上がりました。
新宿から一度リセットされるんじゃなくて、盛り上がりは繋がってるのね。
初日から反応が良いなんて、さすが大阪(笑)
ヨカッタヨカッタ。

さて、IMPホール。
会場は広くなったけど、暑さはそのままです。
ぜひ薄着でお越しください(関係者か)(笑)

以下、登場とか座席などネタバレです。

More
[PR]
by june-sky | 2007-03-23 01:07 | Hedwig 2007

ヘドウィグ@新宿 3/3 マチネ&ソワレ

昨日はヘドウィグ@新宿の千秋楽でしたね。
とっても盛り上がったようで、友人たちも満足そうでした。
耕史版「THE ORIGIN OF LOVE」はワタシも聴きたいな。
東京大楽でやってくれますように!

ワタシが行った3/3 のソワレもほんとに盛り上がってたよ。
よかったね、ヘドウィグ!
よかったね、こーちゃん!(感涙)
よくもここまで成長してくれたよ。
って、親戚のおばちゃんか(笑)や、そんくいらい嬉しかったの。

2/18あたりに観たときとは役者も観客も全然違う。
舞台って成長するのね。
1曲目からのスタンディングでは、客席全体がざーーーっ!と
立ち上がって、ちょっとトリハダもんでした。

この熱気は2週間ちょっとの間、同じ場所で上演されて、役者も
どんどん進化して、リピーターもたくさん居てできあがったもの。
地方ではどうなるんでしょうか。
新宿FACEという場所で出来上がったあの雰囲気を、地方でも
少しは醸し出せたらいいのになと思います。

ってことで、盛り上がったソワレを中心にネタバレ感想を。

ネタバレ
[PR]
by june-sky | 2007-03-05 17:09 | Hedwig 2007

ヘドウィグを観て~その2 & ピンポン!

ヘドウィグのいろいろを好き勝手に語るシリーズ(ウザ)
今日はイツァークについて。

あ、そのまえに、昨日のピンポン!ですよ。
何が見たいって、役を離れた二人のツーショットが見たいわけですよ。
両方の大ファンとしては。
ありがとー!ピンポーーーーン!(大喜)

あー、仲良し鉄銀兄弟のET。
どんな話の流れでのETなのか。それが知りたいっ!
「ト・・・モ・・・ダ・・・チ」とかゆーてんでしょーか。
そのET後の耕史くんの指に顔を近づけるキムラちゃん。
うわ!指、パックンする?あ、違った(がっかり)(笑)
あー、びっくりした、
ふたりで笑ってたけど何やってんだろー。

爆発シーン撮影を弟に報告してる兄の言葉も全部聞かせてー!

ほんっとに仲良さそうでしたね。
自然な笑顔が
「愛情にあふれてて、可愛らしく笑う人」とか云われてましたよ、たっきゅん。
キムラファンにはとっても嬉しい言葉です。うふふふふふ(キモ)
ふたり揃って並んで歩いてるのが、また。
くーーーーー!
カッコイイーーーー!
2人で現場を後にする姿に萌えーーーーーー!でした(笑)

そして、ヘドウィグとイツァークのこと。

ネタバレ
[PR]
by june-sky | 2007-03-03 01:11 | Hedwig 2007