ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

山本ロミオ《追記あり》

友人が「ほれ、やまこー居るよ」と1本のビデオをくれた。
そこには、01年の「真夜中の王国」が何本か入ってた。
誰かお目当てが居たのか・・・友だちよ、降参です。教えてちょ。

とりあえず、再生。

すると、いきなり「ロミオとジュリエット2001」の舞台稽古が始まります。
わー、若い!4年前の山本さん。
でも、そんなに目新しいと思わないのは「Boys Time」を毎日のように
見てるからかな(見過ぎです)
髪は黒で、菊原さん仕様。相手は牧瀬里穂・・・。
あ、ピアノで弾き語りもしてます。
ギターほどは上手くないかもしれないけど、それなりに弾き語ってる。



ロミオとジュリエットの出会いの舞踏会のシーンです。
この衣装が、なんというか・・・
襟とか袖口がフリフリしたピエロの衣装。ハートやスペードの柄付き。
しかも、ぼんぼりみたいのがふたつ付いたとんがり帽子もかぶって
るんだよ。
ピカピカのピエロの帽子。仮面舞踏会の扮装がピエロなの?
いくつですか?
4年前だから、24歳か。かわいすぎ~。

で、そのあとMCのおふたり(秋吉久美子と326)とのトークです。
山本さんは風邪かしらと思うくらい、声が嗄れてます。
舞台のせいで声が嗄れてるらしい。
でも、「舞台中は声を出すところが違うから、嗄れてないと思います」と
いうことでした。

山本さんは、この間までニューヨークに行っていたということで
向こうで3ヶ月、語学の勉強と舞台を観ていたと言ってます。
日本とは違いますか?という質問に
「全然違います。舞台の作り方、時間のかけ方とか、発想が違いますね」と。
向こうでは楽しかった?と聞かれて
「辛かった。勉強もそうだし日本で役者をやってて、舞台が好きだから
こういうところで作れたら、すごいいろいろ出来るんだろうなと思いました」
と、役者として、いろいろ模索してるんだなと思われるような言葉が
たびたびありました。

326さんは、山本さんのことを盛んに「男前だから」とか
「女の子みたいな顔もしてるし」とか「かっこいい」とか・・・
ファンですか?(笑)
それに対して、秋吉さんはそんなに同意もせず・・・言葉に困ったのか
山本さんの顔のことを「オリエンタルだから」と言ってました。
そんなに顔は好みじゃないようです。
(「オダギリジョーみたいなイケメンじゃない」ということでしょうか)
やっぱり、男に好かれるのか(笑)

そして、また舞台風景。
うぉ!
今度は白いシャツとパンツです。王子様?(笑)
王子なので、白いグランドピアノで弾き語っています。
その背中にはマキセジュリエットが張り付いてます。
ぴったり張り付いてます。きーっ(笑)
あ、ちょっとトチった?ピアノが一瞬止まったよ。ドキドキ。
でも、ロミオは歌い上げてます。
声が掠れてる・・・歌では、ちょっと声が嗄れてるかもよ(汗)

トークで心に残ったところは・・・
「向こうのミュージカルを日本語でやるのは難しい。
英語は横に流れるけど、日本語は縦に切れるから、セリフの美しさの
意味が変わってくる」

あー、それは私もそう思う。
ロンドンで何度かミュージカルを観たけど、英語で観た舞台を
その後、日本で観たら、わかりやすいけどそれほど心に響かなかった。
生オーケストラじゃなかったからなのか、雰囲気が違うのか、それとも
ドレスを着て西洋のモノを演じる日本人に違和感があるのか・・・
よくわからない。
「オペラ座の怪人」のファントムの歌とか「キャッツ」のMemoryとか
英語が聞き取れなくても泣けるんだよね。

山本さんは言います。

「賛否両論あるけど、(向こうのミュージカルを)日本でやるもんじゃ
ないんじゃないかとも思う」

ぶっちゃけてますね(汗)

「(ミュージカルのセリフに関して)正解がわからないから、皆がいいよと
言ってくれても、いいよの意味がわからないから・・・」
「感情で言えるセリフもあるけど、技術で乗り切るしかないのかなと思う
セリフもある」

ものすごくいろいろ迷い、考えているようです。
今と同じように、ものすごく身振り手振りを駆使して話してます。
綺麗な手は健在。

秋吉さんも、「そうやって悩んでる、苦しんでるのも大事なこと。
それを24歳の山本君にして素晴らしい。いまを充実して生きてる感じで」
「山本さんはサイコーですよ。こりゃ、モテるわ。」と326さんは、あくまでも
山本さんに惚れてます(笑)

そして、舞台風景。
ジュリエットが死んじゃったと思いこんだ山本ロミオ。
あ、チューしてます!すでに舞台でチューしてたんや(驚)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さ、次行こう。

「RENT」のお話。
舞台にはネットで見た、マフラー巻いた眼鏡の山本マークが居ます。
電話してます。菊原さん?(違)
山本さん役柄は舞台とお客さんをつなぐ語り部みたいな役どころ。
そして、踊ってるよ>山本マーク

「この舞台を英語で観たいな。これを英語でやりたいなと思って
英語を勉強しようと思った」

わぁー、じゃ、再演は英語で歌う?
オリジナルキャストのCD聞いて勉強しておくから、それでもいいよ。
楽しみ~。

「この(RENTとの)出会いで人生が充実したと同時に悩みができた」
「選んだわけじゃないけど、たまたま行き着いた所が舞台が好きだな、と」
そして、最後に「がんばらないと」

この「ロミジュリ2001」は、世間的にはどうだったんでしょうか。
あまり評判を聞かないんだけど・・・。
この前の藤原たっちゃんの古典的なセリフのロミジュリと違って
こちらは現代風にアレンジしたようで、話し方もイマ風です。
今なら、このピエロ姿のためだけでも、観に行くけども。
「RENT」を語る山本さんは、やはり熱く、ほんとにこの舞台に
拘る気持ちが伝わってきます。

この頃の山本さんは、なぜか今より顔つきがおとなに見える。
今のほうが表情が柔らかいような気がする。
なんだか闘ってるというか、役者としての自分を模索してる時期だったのかな。
だから、辛くてもニューヨークで頑張ったんだろうし。
今は良い意味での余裕が出てきてるのかもしれない。

そして、山本さんは、言ってることにいつもぶれがないというか
芯が通ってるなと思います。
いろいろなインタビューを読んで、その場まかせの勢いで適当にと
いうことがないのかなって。
考えがハッキリしていて、自分をしっかり持ってる人なんだなあ。
それを相手に伝えたい気持ちが伝わってきて、そこに誠意を感じて
ますます好きになってしまう・・・ちょっと告白(笑)

c0063587_1573317.jpgピエロな山本さん。
後ろには、なぜか像が居ます。なぜ?

追記。もういっちょ、白い王子も載せてみます。
c0063587_2323186.jpg初めてのコメントいただいたので嬉しくて。
マキセももれなくっついてます(笑)
[PR]
by june-sky | 2005-03-06 02:02 | 山本耕史
<< なぜSMAPが好きか? オーシャンズ12 >>