ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

珍しく、「スイートJAM」

陽炎コメントやドラマ発表など、お誕生日の逆プレゼントに
ウハウハ喜んでたら、ヘドチケの当選発表=チケ代の取り立てメールが!
あー、そういう魂胆ね。
喜ばせておいて、その隙ににふんだくっていこうっていう(全然違う)(笑)
ええ、振込みますとも(渋々)
申し込んだ分、全部おいでっていうことなんで、喜んでーーー!

そして夕べは、最近楽しみでたまらない「スイートJAM」です。
これはねぇ、「真夜中の王国」みたいな、こういう番組やれたらいいのに、
でも無理よね」とずーーっと思ってきたからホントにウレシイ。
陽炎は忙しくて週末まで見れないとかあっても、これはその日のうちに
見なくちゃって。
最近のスマスマより楽しみ(あ)

今回はこんなスタイル。おしゃれでステキでした。
秋らしくてお上品で良いですね~。
上着はベルベットだし、黒いスカーフだかマフラーには金ラメが入ってるし。
佐野さんのいつものスタイル、佐野ハットにシックな黒スーツにも
ちゃんと格を合わせたようでナイスチョイスです(>スタイリストさん)
気になったのはジャケットの袖口からは白シャツのカフスが覗いてること。
どういう構造になってんだろ。
Tシャツぽいインナーのくせに(笑)

最近、時間がなくて、レポは無理だけどちょこっと感想です。



先週までの池内さんも楽しかったけど、佐野元春さんとのトークも
よかったー!
佐野さんの第一印象では、耕史くんは「近所の小犬みたいなカンジ。」
ほんとに先輩の前では人なつこい小犬のようだもんね、耕史くん。
ツボだったのは「小犬っていうのはわかるんですけど」って言うひと言。
そうか、自分でも自覚してるのね。
小犬のような可愛らしさ。ちっ、悔しい(笑)
ま、ほんとは周囲からよく言われるからってことですが。

さらに「近所の」ってのにひっかかる耕史くん。
「そのへんをチョロチョロしてるっていう(笑)」と言うと
「うん、親しみやすいっていう感じ」と佐野さんに肯定されます。
チョロチョロしてる小犬。ぷ。カワイイーーーーー!
かたや、耕史くんの佐野さんの印象は「仙人みたいな人」
トークとかあまり見かけなかったから、それくらい雲の上の人ぽいみたい。

佐野さんとのトークは、尊敬する大先輩としての敬意を払いつつ
ミュージシャンとして表現者として理解できる部分も多いみたいで
なんでも吸収してやろうって目をキラキラさせてる生徒みたいな感じ。
佐野さんはそんな生徒にやさしく何でも話してくれる。
佐野さんの人柄も良く出ていて、これまでの回ももそうだったけど
「ゲストを魅力的に見せたい」という、ホスト耕史くんの思惑も
ちゃんと成功してます。
こーちゃん、エライ!

佐野さんは日本の音楽シーンを引っ張ってきた人。
日本初のインターネットのライブ配信をしたのも佐野さんが初めて。
昔のネット事情が悪かったことを「リロード、リロードで、紙芝居みたい」
って言ってました。
そんなに前のことはワタシは経験してないけど、3年前の(だっけ?)
会津祭のことは思い出したわ。
全然つながらなくて紙芝居も見れませんでした。懐かしい。

佐野さんがパイオニアとしてそういうことをいつもやってるのは
「ファンの楽しみにつながればいいなと」思ってのことだそうです。
ほんま、良いひとや~(感涙)

そういや、この話題の時に「実況」ってこーちゃんの口から出たことにビックリ。
意外とネットに精通してるのか!(驚)
って、前もそういうネタあったもんね。たまたまだと思ってたけど。

そんな佐野さんの日本初のPVを紹介するとき、朝倉えりかちゃんたら
「日本最古のPV」ゆーてました。
化石?シーラカンスーーー?(大爆笑)
佐野さんもこーちゃんも大ウケ。
えりかちゃん、良い感じです。
耕史くんもツッコミやすいようで、オープニングの掴みトークも面白かった。
「焼き芋は皮ごと食べるタイプです」と自己紹介するえりか嬢。
「そうやって少しずつ自分のプロフィール言ってくつもり?」と
おもしろがってる様子の耕史くん。
なかなか良いコンビだよ。
時々は古い話題になったら「こんなの知らないでしょ」と話を振ったり
おっさんアニキっぷりも発揮してます。

ポエトリーリーディングの話も出て、耕史くんがすごくわかるわかるみたいな
顔してたけど、ワタシもマロゲーネを思い出したわ~。
耕史くんの仕事のことや趣味のこと、時々はオンナの話(笑)もちょこちょこ
おりまぜてくれるのがウレシイところ。

来週はもう1回佐野さん。セッションで何かやってくれたら嬉しいな。
次のゲストは誰かなあと考えるのもTVナビみたいで楽しい~♪

あ、誉め忘れ。ビジュアルさいこーーーっ!(笑)
[PR]
by june-sky | 2007-11-02 13:02 | 山本耕史
<< 可もなく不可もない毎日です 今度はごろーさんと!&(追記)続報 >>