ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

ジョンとこーじのTVナビ

雨の中、TVナビが来ましたー!

封筒、ずぶ濡れ(汗)
郵便屋さんが母に「濡らしてしまってすみません。えへ」と
まあ「えへ」は言わないだろうけど、謝ってたらしい。

なんだってーーーーーーー?

慌てて中を見ましたがな。
母が濡れた封筒から出しておいてくれたんがよかったのか
真ん中のTV欄のページあたりは波打ってたけど、あとはまあまあ無事。
だいじなこーちゃんや慎吾に拓哉、ひろちゃんの身に何かあったら
許さないからーーー!
定期購読で届けてもらうのも善し悪しね。

さ、肝心なジョンと耕史くんの対談です。
この二人、やっぱりツーショットがかわいいーーー!

顔立ちがほんとにキュートだわ~二人揃って。
ヘドウィグがハマっただけあって、二人とも男でも女でもない、なにか
キレイな生き物って気がする。
そんな雰囲気を醸し出す人たち。

あー、なんか愛しいわ~~ビバ!ヘドウィグ!←週末だから元気。



写真を見たら、華奢なジョンが耕史くんの逞しい肩に手を回してるのがね。
一生懸命腕を伸ばしてるジョン。あはは、無理してるぅ(笑)

けど、耕史くんが肩を組むわけにはいかんよね。若輩者だもんね。
なんせ、元祖ヘドウィグ。

ものすごく良い雰囲気の写真だな。

ジョンに対してものすごい敬意を払って、この対談を喜んでる耕史くんの
様子が伝わってくるよ。
ジョンとの出会いは贈り物だって。
ジョンとのデュエットは夢のようだったって。
そんな言葉を聞けた日にゃ、ワタシまで幸せです。ヨカッタヨカッタ

対談の中身はいちいち、そうかそうかとヘドウィグを演じた役者同士
ならでは言葉が出てきます。

ヘドウィグ終わって燃え尽きたみたいな耕史くんの気持ちを
いちばんわかってくれるのもジョン。
ヘドウィグは自分の中のすべてを使って演じなくちゃいけない。
そんなことも共感しあえるのは作者でもあるジョン。
ああ、よかったね。ジョンと会えて。

つーか、耕史くんはヘド後にそんなにも燃え尽きたみたいになってたんだ~。
うちらと一緒じゃん(笑)
なんだか、ヘドが終わってワタシたちだけが置いてかれて、耕史くんは
先へ先へみたいな感じで置いてきぼり感にどっぷり浸ってたんだけど(笑)
そーじゃなかったんだ!
なんかウレシイよ。
演じる耕史くんと私たち観客の思いは一緒だったのね~。

ジョンとデュエットして、自分はヘドウィグに対してまだまだ未熟だったと
感じた耕史くん。
もし、再演があったとしたら。
もっともっとステップアップしたヘドウィグを見せてくれるんだろうな。

ってことで、いつの日か再演希望!熱望!頼む!やってくれぃ!

ジョンの新作映画「ショートバス」はぜひ観たいと思います。
気合い入れて観ます。
気合い入れなくちゃ観れない(汗)
ヘドウィグに似たものがあったと耕史くんも言ってるし。

ワタシにも夢のような対談だったなあ。
久しぶりにジョンのヘドウィグを観たくなったよ。
前よりもっともっと愛を感じると思うんだなあ。

ナビも何度も読み返してるよ。
最後の写真の耕史くんの左手小指が可愛くて可愛くて。アハ~
[PR]
by june-sky | 2007-06-23 00:26 | 山本耕史
<< 動く磐音さま クルクル頭でモテモテなひと >>