ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

12/2 RENT 来日公演

そう言えば感想アップしてなかった「RENT」を来日公演。
いちおう下書きしてたんだけど、どうも筆が進まず(汗)
大阪公演終わって、チクチクにすっかり持ってかれてた時期だったからねぇ。

でもせっかくなのでアップしとこ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「RENT」大阪公演千秋楽を観ました。

RENT好きな方々が多くて、ほんとに盛り上がってたなあ。
始まる前からバンドの人が客席に手を振ったり。
もうそこからRENTは始まってるのねと何か感慨深いものが
ありました。
だって、RENTファンが東京・大阪と何度となく足を運んで
観劇して、熱く語って。
その気持ちがわかるわ~。

しかーーし。
このときのワタシのRENT(的な舞台)はチクチク。
メジャーになるまえのジョナサンの個人的な話だからそう感じるのか
世間の片隅でひっそり上演されてる感じで、それがRENTの
オフブロードウェイから始まったスピリッツと重なるのか。
あ、耕史くんが出てるからか。ハイハイ(ナットク)

まあ、チクチクって、規模的に東宝から注目されない感じがね、
良いなと思います。
嫌味か(笑)

そんな「RENT」感想です。



座席は7列目センターブロック。
生で聴く「RENT」や「Seasonz Of Love」と「Another Day」は
圧巻でした。
これが生で聴けたことは、夢がひとつ叶った感じ。
これだけでも観た甲斐があったよ。
ステージでの合唱に合わせて客席でも歌声があがり・・・ココ、いちばんの
感動ポイントでした。

役者さんでは、コリンズ役の役者さんの歌はすごかったわ~すんごい
存在感ありました。
重量感もありました(笑)

舞台上でスポットが当たって演技している人たち以外にも、そこには
直接関係してないキャストが脇の方で仲間と居るのもよかったな。
そこで、誰がどんなことしてるか、それは何度も見ないとわかりませんね。
リピーターが多いわけです。

映画では見られなかったマークとロジャーの喧嘩のシーンも観られたし。
チクチクそっくりなステージの様子も確認できたし。

まあ、なんていうか、映画を観たときみたいに号泣モードにはならなかったけど
それはオリジナルキャストのイメージが強すぎて、なんか違うっていう
違和感がずーっと抜けなかったのは自分のせいだし仕方ない。
もっと、クリアな気持ちで観られてたらよかったんだけど。

でも・・・
「What You Own」を耕史マークで見たらカッコイイだろうなと思ったり
(そういや去年のガラコンでは気持ちよさそうに歌ってました)
「RENT」で踊りながら歌う耕史くんが見たいと思ったり・・・まあそんな邪念が
邪魔をしたのか、いろんなことを考えすぎて、きっと思ってたよりノレなかったん
ですねぇ。
考えないようにはしてたんだけど。仕方ないかな。

「RENT]はきっとこれからも世界中で上演され続けると思うから、もっと
ちゃんと純粋な気持ちで見れるようになってから改めて観たいな。
[PR]
by june-sky | 2006-12-08 11:45 | 観劇・演劇
<< 12.8 「tick,tick... いつもあんなんだよね~FNS >>