ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

こーじ in 「オーラの泉」

1時間たっぷり山本耕史。
よかったよー!堪能したよーーー!
TVであんなに自分のことを語るって、そうないよね。
嬉しかったーーー!

と、久々のTV出演を楽しんだんだけれど(あ、みゅーじぐはあるけど)
「服が変だけど、前髪が残念だけど、おメメくりくりで可愛かったから許すーーー!」
という何様発言が友へのメール第一弾てどうなの(笑)

椅子から身を乗り出して手振りを加え、いつものように熱心に話しながら
目がくりくり動いてアップでもお肌がキレイで・・・やっぱそこかよ(笑)
や、でも、二重がハッキリしてて良い感じだったよー!
これで服が・・・(以下略)

コチラに今回のオーラのカルテが更新されてます。

以下、ネタバレ




暑苦しそうなジャケットにミスマッチのインナーで余計なポケットチーフでも
暖かく迎えてくれた美輪さん、アリガトウ!
役者として高く評価して認めてくださってる様子にファンとしては、とっても
嬉しかった。
あの大竹しのぶさんと並べられたんだから。ビックリした!

耕史くんのオーラの色はなんか納得できる3色。
赤・・・頑固で情熱的、理想家
金・・・最も崇高な色、英知
紫・・・情愛が深い

守護霊・・・英国人の役者・日本の花形役者
前 世・・・ロッパのお小姓・日本の花形役者

<オーラからの言葉>
理想を実現したければ 与えられるのを待たないで自分から動くこと
良き理解者と 同じ理想を持つ仲間を作ること

美少年のお小姓だそうです。うわー、ぴったり。
王侯貴族に愛でられたんだそうです。うわー、やっぱり(笑)

役者として生まれながら、美しくなくなったことを受け入れられなくて
亡くなった人たちが前世。ってことだよね?
でも、耕史くんは役者として長くやり遂げるために、80歳になっても演じ続ける
ために今生に生を受けたと言われてましたね。
ヨカッタ。
演じた人たちが35歳で亡くなってることを、決して気に病んでるわけじゃないと
思うけど、役者として長くやっていけると太鼓判を押してもらえたようで
ちょっと安心しました。
なんか、耕史くんの将来ってどうなっていくのかなあって、想像できない部分が
あるので。

「カンパニーを作りなさい」っていう言葉は見てるこっちにもズドーンと
直球ど真ん中に飛び込んできました。
さすが、美輪さん自身がその道のパイオニアだけある。
美輪さんみたいな人生百戦錬磨の人からの言葉は、プライドが高くて
弱みを見せられなくて、なかなか素直に「うん」と言えないぽい耕史くんの
胸にも響いたのかもしれないね。
目標とか夢とか、そういうものがあるようでないようで、ホントは
どうなのかわからない耕史くんだけど、それはハッキリとした目標に
なればいいな。
本人もその気はあるようだし。
(あ、ブロードウェイの舞台っていう夢があったね~)

そのためにはもっといろんな経験を積んで才能を磨いて、そして好きな
ロックミュージカルを思いのままに演じる環境を作ってほしい。
ただ、ものがロックミュージカルだけに、そうトシとってからでない
ほうがいいんだよね。
ビジュアルもだいじだし、若々しく体が動くうちにやらないと。
そのへんが難しいところですね。うむ(エラソウ)

江原さんのことは良く知らないけど(イマイチ胡散臭そうって思ってたけど)(汗)
的確な指摘をしてくれましたね。

「自分、自分、自分が第一」みたいな言葉、これには耕史くんも反論してたし
ワタシもええーーーー?って思ったけど、よく考えたら納得。
仲間を差し置いて自分が目立てばそれで良いって意味じゃなくて
(そういうことには対極に居る人だよね)
役者として、人の言うことより自分で考えてやりたい、そんな自分を
だいじにしてるというような意味では「自分第一」だと思います。
江原さんがどういう意味で言ったかはわからないけど。

「右に回れ」っていう振り付けだか、演出だかに反発するんだもんね。
こういうところ、独自な自分の感性を大事にしてほしいという気持ちと
その道のプロのそういう意見を採り入れていったほうが勉強になるんと
ちゃうのん?
ひいては今後の仕事につながるんちゃうのん?
と、汚れた大人は考えてしまうので(汗)

あと、あれこれツッコみたいところもほほーーぅって思ったところも
いっぱいあったような気がする。

あ!「舞台の美しい自分を見てみたい」って!
ナルシストかいっ!(笑)っていちおうつっこんでおくけど
ま、本人もいろいろ注釈入れてたし、舞台の自分を見てウットリ~って
意味ではないのはわかった。
客観的に舞台の自分がどうであるのか見たいってことだよね。
それもわかったうえで、役者としては、やっぱり舞台の自分を美しく見せたい、
いろんな意味でかっこよくありたいと思わなければいけないもんね。
そんなカッコイイ美しい人であってほしいし。
いろんな意味で。

あ!お父さん発言もキタ!
「お父さんはお父さんでしょ」って美輪さんに言われて、ちょっと凹んでた?(笑)
しかも、「お父さん」、可愛いけど、「父」だよね。

太一くんが何かと持ち上げてくれたのも嬉しかったね。
ちゅーか、ジャニーズって雰囲気が若いね~。
誰が来ても年下のポジションぽい気がするよ。

と、ざっとした感想でした。
また今夜良く見返してみようと思います。
いろいろ表情とかマニアックにチェックしなくちゃ。うふ(キモ)
[PR]
by june-sky | 2006-07-20 14:52 | 山本耕史
<< SMAPのブログ&MusiG&... いよいよ今夜 >>