ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

5/20 函館五稜郭祭 Ⅱ 《土方歳三最期の地編》

ほんとボチボチとしたペースですみません。
レポじゃなく、思い出語りの様相がどんどん濃くなってきました。
ま、記念だしね~。

さて、碧血碑からタクシーで最期の地へ。
結構早く移動できたと思ったけど、お目当ての場所はもう人がいっぱい。
でも、まあまあ良い感じの場所に陣取り、待つことしばし。

唐草模様の耕史くん登場です。
そういや、ほんとにDAIちゃんに借りたのか?
実はオソロイか?(まさかね)
確認したいー!

ここでも神妙なお顔で碑前祭に臨みます。
天気が良いので、山本さんの茶色い髪はキラキラ。
ここでゆっくりはっきり、ジャケットとジーンズと靴を確認。
あー、それでも(それでも?)カッコイイよ!
あいかわらず足長っ!





セレモニーが進むあいだ、手を前で軽く組み、足を少し開いて
少し俯き、目を伏せて。
人の動きがあるとあちこち見回し、ときどき横や斜め後ろを見る目が
副長です。
キッ!って。
カッコイイ!
ちょっと段取りが違って可笑しかったときには笑顔になってました。

それにしても、この地で日だまりの中に立つ耕史くんを見てると
ちょっと感慨深いものがありますね・・・・・しみじみ。

c0063587_15581867.jpg
c0063587_15583044.jpg










この花束、大きいうちのどっちが耕史くんが供えた花だったか・・・
気になるけど不明です。
(ご存じの方、教えてくださーい。)

セレモニーが終わって人も減ってから、お線香を上げお参りしました。
今から思えば、つくづくと何もないときにまた訪れたい場所だなあと
思います。
あんなときに感傷にふけるのはとても無理。
なんせ忙しいのだ。申し訳ないけど無理(笑)

さあ、、次は「土方歳三コンテスト」会場へ!
[PR]
by june-sky | 2006-05-30 16:02 | 山本耕史
<< 5/20 函館五稜郭祭 Ⅲ 《... ミラクルD☆D >>