ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「レプリーク Bis」 vol.2

昨日は仕事終わりかけに、大慌てであちこちのすてきな人をチェック。
井の頭線か・・・・乗ったこともない(汗)
でも、この小さな耕ちゃんがちょっぴりステキ。手も見えてるし。

うっかり申し込みを忘れてた土方ポスターも無事にポチり、やれやれと
思ってたら、またしてもうっかり忘れてた「レプリーク Bis」
ダメだー。
いろんなことに上の空すぎー。
ちょっとリセットしなきゃ。すーはー(深呼吸)

んで、そのレプリーク。お昼に買ってきました。

1ページ目の立ってる写真がスキー。

「RENT」話は、読むといつも「早く演らせたってくれー」と思う。
山本さんの次のページの人(名前出せや)(笑)も、やりたいのは
RENTって。
そんなにも人の心つかむRENT。
ほんとに早く見せてくれー。誰でもいいからさ(半分本気)
もちろん、山本マークが見たいんだけどね。



インタビューの内容は、ミュージカルのこといろいろ。
印象に残ったのは「ミュージカルがまったく好きじゃない」って
言葉。どきっ。
まえから、「そんなに好きじゃない」って言ってたと思うけど。
まったく好きじゃない・・・
どの程度の「好き」を基準に「好きじゃない」のか。
RENTと比べて夢中にはなれないということなのか。
そこらへんは、誌面だけではわからない。
4~5時間、膝をつき合わせてしゃべってみて、初めて
真意がわかる、くらいに読んでますが。
ま、つき合わせるのは無理だから(笑)

「心をこめて歌うって、僕にとっては心地いいことではなく
苦しいこと」っていう言葉。
その意味もいろいろと考えさせられる。

あとは、日本のミュージカルのオリジナリティを考えていたり
アウトサイダー的な自分を自覚しつつも、ドラマも大事だと
言われたら、それに寄り添っていこうかという柔軟な部分も
見せつつ。
まあ、やっぱり考え方のバランスが良い人なんだろな。

んで、若かりし頃は無理矢理歌ってたのか。
「イマジン」はイヤイヤなのか。
いつだったかのラジオを聞かせてもらったら、結構ノリノリな気が
したけど(笑)

とにかく、戦うのが好きなひと。
いつまでもどこまでも戦っていってほしい。
それを見守る楽しみが私たちにはあるんだよねぇ。
楽しいねぇ。
[PR]
by june-sky | 2005-11-11 16:01 | 山本耕史
<< 創作中華「一之船入」 プルミエールの「リトショ」 >>