ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

続編への決意と「土曜はダメよ!」(追記あり)

福島で放送のあった「はまなかあいづ」のレポやウルフ通信を読んで
ちょっぴり悲しい気持ちになってます。ってゆーか、泣けた!

会津の行列では「ふくちょー!」「きゃー!かっこいいーーー!」とか
ノー天気に騒いでたわけですが(汗)
でも、あのとき感じた山本土方の神々しさは、あながち的はずれじゃ
なかったなあって思います。

「死に急いでる感じなので、すべての言葉に生きる意志っていうのがない
んですよ」

はぁ、悲しすぎる(涙)
そんな、演じるのも悲しい続編だけど「辛いですけど、そこに向かって
演じきらないと、墓に地下に眠っている近藤勇に合わせる顔がないじゃない
ですけど、そういう感じです。 」という決意。

そんな宿命みたいなものを背負ってるから、あんなにも神々しく見えたし
覚悟を決めた凛々しい表情が、副長そのものに見えたんじゃないかな。
はぁ(涙)
私ってばおセンチ(笑)

そんな心境を慎吾ちゃんの言葉で語る山本さん。
「香取君が亡くなった時のシーン撮る時に「僕死ぬかもしれません」 って
言ったんですよ。なんかどうなっちゃうか分からない、明日からいないかも
しれないですって言ったんです」
悲しいけど微笑ましくもあって。やっぱり香取君が局長なんですね。
あたりまえか。

NHKの土スタ。
時間は短かったけど、組!テーマにのって騎乗姿の山本土方を見ると
感激もひとしお。いろいろ甦ってきます。



関西限定の「土曜はダメよ!」ですが・・・ほんとに、うって
かわってた(笑)
これは・・・・なぜ出たのーーーー?ってくらい耕ちゃん出る幕ナシだよ。
元々VTRも多いし、ゲストに話をふるわけでもないし。
「リトショ」の宣伝するわけでもなし。

いちばん長くしゃべったのは、明太子トマトのお好み焼き食べて
「おいしいですね、コレ。初めて食べた」だった(笑)

ただ、司会の藤井隆も言ってたけど「画面が綺麗になりますよー」っていう
華?ある意味、女優のような役割で呼ばれたのか。
そう、立派にその役割を果たしてましたー。

前髪長めで、すっごいビジュアル良し!
頬杖ついて伏し目がちに考えてる顔とか、グッと来たよーーー!
ま、それはそれで満足ーーー。

《追記》
衣装は・・・衣装かな?
私服みたいな衣装は、黒のカジュアルアウトドアテイストな
ベストに白の長T(前に黒のガラ入り)にブラックジーンズ(だったと思う)

クワッと長い足を開いて副長ポーズで座ってます。
広げた足が直角で長方形。
やっぱ足長ーーーー。

ダメダメな素人たちを出して(たとえば、「妹が大好きで彼氏も作らせない姉」
とか、そんなVTRを見てあれこれ言う番組でした。
あれこれ言えてへん耕ちゃんでしたが、ま、それはそれで満足ーーー。
って、結局〆は同じかいー!(汗
[PR]
by june-sky | 2005-10-03 00:17 | 山本耕史
<< 昨日のこと。 「男優倶楽部」vol.21 >>