ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「ロックオペラ モーツァルト」2/24 インディゴver. 大阪楽公演~カテコ

大阪楽公演、無事に終わりましたー!
あっという間の2日間でした。
いまはいつも通り満足感と脱力感でイッパイ。
大好きな作品に出会えて大好きなひとにあらためて惚れ直して
幸せな時間だった分、寂しさも半端ないです。
でも次がある!
再演がある!(と思う)

カテコの挨拶で耕史くんが言ったように
「モーツァルトも言ってますが旅の終わりは始まりにすぎない」。
そうそう!そのとおり!
でも、ちょっと良いこと言って拍手もらったのに
「ま、サリエリはすべてはいつか終わるって言ってますけどね」と
落として笑いを取るのはやめられない。
ファンにはお馴染み、いつものこーじテイストでした。

そんなカテコの様子のざっくりレポです。
大興奮の中、言葉もざっくり意訳です。




ゴージャスなグランドフィナーレが終わって大歓声のの中、ふたたび
出てくるキャストの皆さん。

耕史くんがまず口火を。
「みなさんのおかげでこうして無事に千秋楽を迎えることが
できました。ありがとうございました(超意訳)」と
無難なご挨拶。

次にあっきー。
「最後ふたりでカーテンコールで出てくるときに思ったんですが
・・・(ここですでに会場クスクス笑い。どんなカワイイことを
言い出すのか期待のクスクスw)
ビートルズが飛行機から出てくるとき・・・(ここでもう大爆笑)」
あとはワタシも笑ってて聞いちゃいなかったんですが、要は
「大拍手で迎えられて出てくる感じが来日ビートルズがタラップ
から降り立った瞬間に似てる」ということなのでしょう。
あっきカワイイw

そして秋元さんは涙ながらに
「最初はちょっと怖かったけど皆さんに引っぱっていただき
ました。幸せでした!」というようなことを。
いままでマナーを守って息を潜めていたようなw才加さん
ファンからも「才加―――っ!」とたくさんのかけ声が
飛んでました。
わかるよー。ワタシもスマが舞台出るときは共演者やその
ファンの方々に失礼がないようにって思うもんね。
ジャニーズだから、AKBだから・・・と偏見もたれることも
一緒だろうし。
でも、秋元さんは歌もしっかり歌えてドレス姿が映えて
キュートなコンスでした。お疲れさまでした。

大楽だから東京みたいに他の方々も順々にしゃべるのかと思いきや
「あんまり長くしゃべるのもなんなので・・・」と耕史くん。
「えーーーーーっ!」(客席ご不満w)
「えーじゃないっ!こういうもんです!」(キッパリ)(客席笑)

そして会場全員で「夢を支配する者」。
いやぁ、これもまた盛り上がったー!
あっきーが譲ってくれたのかこーじくんがボーカルを取り
あっきー主導のフゥフゥ隊はキャストも客席も大張り切り。
途中から盆に上って踊り歌ったりではしゃぐダンサーさんたち。
まあ楽しいこと楽しいこと。
ワタシたちもうろ覚えな歌詞ながら一緒に歌い、拍手しながら
飛んでました。

この楽しさに釣られたのかクールなはずのこーじさんがなんと
曲の途中でバク宙をご披露。
低っ!危なっ!ひーーーっ!と思ってたら手をついちゃって
ほんとに危なかった。
自分でも最後に「バク宙、危なかったです」と言ってたけど
ちょっとちょっとー!ジャニーズじゃないんだからー。
こーじさんたらカテコでの張り切るポイントがなんかずれてるw
あっきーを見習え!と思いつつ、「こういうもんです!」とか
「もう何もできませーーん」とか「お帰りくださーい!」とか
言われるのも耕史くんらしくて好きですが。
って飼い慣らされとるw

そういえばグランドフィナーレの「君の胸のタトゥ」でも
こ-じくんは張り切って本気で踊ろうとしてたよ。
なんかニッコニコで可愛かったよ
やっぱりテンション上がってるんだろうな。ああ見えてw

大盛り上がりの内にみなさん退場されるもまだ鳴りやまない
拍手に応えて再び登場するこーじ&あっきー(コンビ名w)

「こうしてバンドも片づけてるので何もできませんが」(笑)と
またお断りしてるこーじの隣であっきーが
「愛した~ものすべてが~♪」と「薔薇の~」のラストを突然
アカペラで。
そして始まるふたりのデュエット。
こーじくんはハモリを入れつつ「初めてハモるんで」と言いながらも
徐々に息はピッタリ。
最後は顔を見合わせてちゃんとタイミングを合わせて力強く美しい
ふたりの歌声が会場に響きました
ステキすぎる(嬉涙)
ほんとにあっきーはたくさんの愛が詰まってるひとなんだなあと
思います。ありがとーありがとー!

そして最後にまた〆の挨拶。
耕史くん
「みなさんのパワーをもらってそのパワーを皆さんに返す。
毎公演毎公演(ここで噛むw)そんな感じでした。
ありがとうございました!」
(ってことを長めに。いつもおっさてるようなことでした)

あっきー
「再演には皆さんの応援が必要です!よろしく!」的な感じ。
「再演」の言葉に会場大盛り上がり。

そして手を振りながら仲良くハケていくふたり。
いつもあっきーは無邪気に飛び跳ねるように、耕史くんは隣で
あっきーをなだめるようにwじゃなくて優しく寄り添うように。
肩を組んだり手を繋いだりして盆のムコウに消えていくのね。
上手下手にハケるときは盛大な投げチュー合戦。
良いコンビだと思います。

やっぱり東京公演よりも日数が少ないのでそんなに盛り上がら
ないかなと思ったけど、大阪でもそれなりに「お祭り騒ぎ」
(byこーじ)。
あの広い会場であれだけ盛り上がってこの作品へのみんなの
愛が伝わってきてそれになんだかじーんとしました。
ぜひこの組み合わせで再演を!
耕史くんがキラキラでキレキレなうちにぜひ!(笑)

あー、仕事もなんも手につかん。
ヴォルフこーじとサリエリこーじがかわりばんこでが頭の中を
くるくるしてる。
誰か止めて!(無理w)
[PR]
by june-sky | 2013-02-25 13:31 | ロックオペラ モーツァlルト
<< 「ロックオペラ モーツァルト」... 「ロックオペラ モーツァルト」... >>