ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

山本会津親善大使&「Grazia 7月号」

さきほど、ギリギリで歳三的発句に応募してきました。
夕べ、応募フォームが締め切られてたときはビックリしたよ。
コメント欄であさぽんさんが教えてくださったので、大急ぎで
応募してきた。

あさぽんさん、ありがとー!

俳句を考えるのに、会社の帰り道、多摩から北の地まで
あれこれ思い浮かべると泣けてきて。
しかも、「組!」サントラを聴きながら考えるので、号泣しそうでした。
そんなもん聴くなっていう話です(笑)
でも、とりあえず、5句作った。応募した。スッとしたー!

で、親善大使。
eちゃんが教えてくれたのですが(eちゃん、ありがとー!)
JRの駅にある「懐夏会津」っていう会津旅行のパンフで
山本こーじ親善大使がコメントしてるそうです。
残念ながら、京都駅にはなかったので、JR東日本の地域にしか
置かれてないんでしょうね~(寂)

eちゃんによると、素敵なコメントだけど、写真が古いらしい。
だいじなとこじゃんかー。
今のビジュアルを生かせー(笑)
東の方の皆さん、ゲットしてどんなだったか教えてくださいね。

《追記》自分で確かめたわけじゃなくて、申し訳ないですけど
駅なら通りかかる人も多いかと思って載せましたので
ご了承くださいね。

《追記2》mちゃん情報によると・・・・・写真は・・・・・イマイチ
いけてないようです。すいません(笑)

そして、「Grazia 7月号」

あさぽんさんのところで、ウェブ上でも見られると知りました。
あさぽんさん、ありがとー!コチラ

写真が良いです。なんていうのか、セピアがかった雰囲気のある写真。
山本さんの視線の先には何があるのかな。っていうような写真。
1枚だけなんだけど、ページの半分くらい。

「L5Y」を語ってます。熱く語ってます。



インタビュアーに「山本耕史、熱い男」と見破られてます(笑)
「熱い男」っていうキャッチフレーズ(違)を知っていたんでしょうか。

山本さんが切々と語る舞台。
ここまで出演作への思いを語る役者は居ないと言われるほど
熱く語った舞台。
それを、もうすぐ目にできる幸せにクラクラします。

山本さんにとっては、「ああ、僕は人生で何をしようとしてるんだろう」
と気づかせてくれるような作品だそうです。
そんなふうに考えながら生きてる人なんだな。
しっかりと、生きてる人なんだな。

去年の新選組!で、あんなに思いをこめて、チカラを出し切って
演じた役柄でも、TVと舞台では使うエネルギーの量が違うそうです。
やっぱり、山本さんは舞台の人なんですね。

そんな彼が、この作品はまた演りたいなと思わせる希少な作品に
なるっていう予感がするらしい。
そんなの聞くと、こっちも身が引き締まるというか、武者震い
するみたいな気持ちになるよ。

心して観ます!

「彼のやりたい舞台を、そこで輝く彼を、観に行かねば」と
インタビュアーが締めくくってる。
先に言われちゃったよ(笑)
[PR]
by june-sky | 2005-06-01 00:49 | 山本耕史
<< スマライブのお知らせが・・・ 5月30日 スマスマ >>