ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

ヘルニア再発~その2

安静生活も10日を過ぎました。
ワンコロ、元気です。

退屈だワン―――!の図。

c0063587_1637960.jpg



こっから出せ!オラオラー!の図

c0063587_16553126.jpg





11/16~11/17

14日からステロイド(プレドニン)とビタミン剤を1錠ずつ飲ませ
様子を見ました。
(結局、14日から4日間そのペースで服用)
シッコで廊下へ行く以外はケージ生活。
その足取りもこの2日間でどんどんキビキビしていって普通の状態と
変わらないくらい。
目に力はあるし顔は元気そうだしワンワン言えるしシッポはブンブンだし。

食欲はあいかわらず旺盛で隙あらばケージから脱走しようとする。
ケージから出すと嬉しくて飛びつこうとする。
夜は「オモチャ取ってー」と遊ぼうとする。
「おシッコしといでー」と言うと廊下に行ってから振り向いて
「散歩じゃないの?廊下ですんの?」とお伺いを立ててる。
「シートでしてねー」と言ったらガッテン!とトコトコ走ってく。
カワエエ。

ってことで、ドキドキの安静生活だけどなんだかこのまま投薬だけで
良くなるかもって少しずつ希望が出てくる。
ここで油断したらアカンのやけど。

シッコ後、ちゃんと出来たのをワタシに確認させるとパッと方向転換
して部屋にもどろうとするのがコワイ。
なんの弾みでまた痛めるかドキドキですよ。
「走らないでー」って思っても小走りでケージの場所に戻って
ぴょんって駆け込む。ご褒美がもらえるからね。
追いかけるのがタイヘンです。


11/18

9:00に病院へ。
先生に「元気そうですね」とちょっと安心される。
でもまだ後ろ左足の反応が鈍いそうだ。
やっぱり安心はできないと気を引き締める。

この日からプレドニンを半錠にする。ビタミン剤は1錠。
またケージ生活を続けてしばらく様子を見る。

先生はこの翌日から5日間出張だそうで、この間に何も
異変がありませんようにと祈る気持ちでした。
もし留守中に少し悪くなったときに診てもらえる病院を
紹介してもらう。
前にこの病院で助手としてきておられた方が開院されたとかで
家から車で15分くらいのところ。
もう少し近くだったらいいなあと思いつつ、なにもないことを
願いました。
ものすごく悪くなったときは手術してもらった病院へGOです。

先生は「急に悪くなるときもありますからくれぐれも注意して
あげてください」ということでした。

先生がお留守でもレーザー治療はしていただけるそうです。
調子が悪そうなら行こうかな。


11/19~11/22

ワンコロ、変わりなし。
あいかわらず元気で足取りも軽く食欲も旺盛。
ステロイドを半分にしてもだいじょうぶでした。ヨカッタ。
ちょっとずつもう心配ないのかなという方向へ向かっていくようで
ワタシも少しずつ食欲が出てきました(^^)

ケージ生活も慣れたのか、そんなに出せ出せ言わないし。
と言ってもワタシの留守中の話で。
ワタシがそこに居るとダメですね。
キッチンでガタガタやってると何も言わないのに、手が空いて
TVとか見てると暇そうに見えるのか、出せ出せー!遊べー!と
ケージを脚でカタカタやってます。
ま、元気な証拠ですw

もう少しの辛抱だ。がんばれ!
[PR]
by june-sky | 2012-11-26 17:30 | 犬のこと
<< ヘルニア再発~その3 ヘルニア再発~その1 >>