ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「tick,tick...BOOM!」~メガネ問題

そうか。
「モーツァルト」は耕史くんとあっきーがモーツァルトも
サリエリも交代で2役演るんだね。
お仲間たちとも二人が同じ板に乗ることはないのか?
それはもったいなさすぎる!とワイワイ言ってたから
ひと安心。
歌唱や声やイメージががまったく違うふたりの共演は
すんごい楽しみです。
新人さんやミュージカル未経験の役者さんとの共演と
違って耕史くんもうかうかできない。
食われないように負けないように。
そんな風に観れる耕史くんの舞台ってワタシも観るのは
初めてじゃない?
いやー、めちゃめちゃ楽しみ。

だけど公演スケジュール見たらまたまた遠征のタイミングが
難しいよ。
東京ラストまでワタシが我慢できるのか。。。無理無理w
でもまあ大阪ではぎゅーーっと観られるね。ヨカッタ。

ってことで週末のチクチク前にちょこっとだけ語ります。




まずは避けては通れぬ(?)メガネ問題wから。
目の表情が見えない!綺麗な涙が見れない!とワタシも
ちょろっと文句を書きましたが。

アフタートークでの耕史くんの話によると今回は目を見せない
という固い意思があってのことなんですってね。
目で見えるものだけではなくその奥にあるものを想像して
ほしいということだそうです。そっかー。

マイケルも「見えるはずのものが見えてない」ってことを
何度も言ってるし、それは曇りのない自分の目でちゃんと
見なさいってことなんだね。
ジョンがメガネを通して外を見るようにワタシたちはメガネを
通してジョンの心の中を見る。
見えるはずのものだけじゃなくてその奥まで見てってことなのね。
キラキラを減らすためとか言っちゃって悪かったわw

ファンとしてはぶっちゃけ綺麗なものを見ていたいというか
隠さなくてもというかわざわざダサくしなくてもというかw
そういう単純なことなので。
だから、そうしたいのならそうしなはれと言うしかない。
それで伝えられる自信もあるんだろうし。良い意味でw

耕史くんにしたら3度目のチクチク。
何かの試練や壁を作って自分に課したかったのかな。
チャレンジするものがなかったらやる意味がないって
思ってそう、なんて思います。
ひとり4役でもじゅうぶんチャレンジかとも思うけど
まあそんなに演出によって変化する作品ではないと
いうことなので。

それにずっとメガネをかけてきて表情を隠していたおかげで
最後ハッピーバースデーの後、メガネを外したときの笑顔が
ものすごく印象的になるのね。
その明るくなったジョンの表情のおかげで舞台の3人が居る辺りが
急にぱあーーっと明るくなるのですよ。
おおげさでなく。
こちらもつられて笑顔になってしまう、そんな表情の変化が
最後にハッキリと見れる。
これは演出家としてはなかなか良いアイデアじゃないかなと
思います。

なのでメガネ残念派だけど意図として無くはないという
消極的納得派ということで(笑)
[PR]
by june-sky | 2012-09-27 17:15 | tick,tick...BOOM!
<< やりきったよ!東京遠征 ワクワクな週末&共演! >>