ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

典膳さまに嵌る

「薄桜記」、良いですねーーー!
正統派の時代劇っていう感じがすんごい良いです。
視聴者が理解できるかどうかなんて気にしない。
よけいなナレーションで説明なんてしない。
それで良いと思います。
時代劇に疎いワタシなんてその時代特有のものの名前とか
単語の意味がわからないこともあります。
けどそれはそれで良いのかな。
細かいところがわからなくてもしっかりした脚本があって
巧い役者がいればストーリーも気持ちはちゃんと伝わる。

2話の内容でもキツネ憑きのせいにしたのにさらに離縁までしなくちゃ
いけないのはなぜ?という疑問が沸いたけれど、千春を命有るまま
実家に返し、丹下家の体面を守るためには最善の策だったのかと
思います。
オオバカ野郎な兄がすべてぶちこわしましたが。

しっかりした作りのドラマでいまのところ何のストレスもなく
楽しめています。
それもこれも典膳さまがステキだからー!(やっぱりそれかw)





もうなんて言うんでしょうね。
典膳さまはワタシが憧れる武士のすべてを持っている気がします。
剣術の腕、強い信念、真っ直ぐな心、所作の美しさ、育ちの良さ。
武士の品格っていうんでしょうか。
それがそこかしこに滲み出ている。
これからどうなるのか、ストーリーはまったく知らないけれど
揺らぐことのない理想の武士像を見せてくれることを
美しい武士道を全うしてくれることを超期待してます。

おまけにあの顔と姿でしょ。
惚れるっちゅーねんw
時代劇のどんな衣裳でも似合っちゃって着こなしちゃって
トーク番組の衣裳みたいな心配もないし。
さすがコスプレ王子w

しかしほんとに辛い話だよね。
本人達は悪くないのに運命に翻弄される。
それは磐音さまもそうだったけど。
典膳さまは自分で道を切り開いていくのかな。
第2話まで見た感じだと自分から動く人なのかと
思っているんだけどどうなのかなあ。
主役はそうであったほうが感情移入できるのでそこらへんも
期待してます。

心情の多くを語らない典膳さまだけど惨い運命を受け入れる
辛さはそこかしこで全身から滲み出ているように見えました。
あの墓地の帰り、手を差し伸べる表情にはキュンと来ましたわ。
第1話のラブラブぶりが今となっては切なく哀しいです。


・・・と書いてアップするまえに自分の書いた「陽炎の辻」の初回感想を
読みました。
あらやだ。
ワタシ、同じようなことを言ってます。
ストレスを感じず見れるー!って(汗)
磐音さまステキーーー!って(大汗)

陽炎も初回は良かったんですよ。
でも、回を重ねる毎にストレス溜まってきたんだった(大汗)

とりあえず「薄桜記」。
典膳さまのポニテになったらますますステキになりそうだし
女性陣も武家育ちらしいたしなみを備えてるところなど好感が持てます。
ん、やっぱり期待してます!
[PR]
by june-sky | 2012-07-23 17:36 | 薄桜記
<< 27時間TV(遅っ) てんやわんや >>