ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「永遠の泉」

NHKのドラマらしい良いドラマでした。
寺尾さんと小日向さん。
ふたりの渋いおじさま俳優の演技合戦が見どころでしたね。

生と死は隣り合わせなんだなあ。
同じ場所が天国でもあり地獄でもあるのか。
死後もなお残された者の生き方、心の在り方を左右するって
考えたらスゴイなあ。
旦那さん(こひさん)はタイヘンだったと思うけどあの奥さんが
死に場所を選び、そこで死ねたのは幸せだったんだろうなあ。
そんなことを思いました。

山歩きに出かけたこひさんと寺尾さん。
こひさんの話を聞いていた寺尾さんが自分の妻も「生命の水」を
飲んだんだと思い出したシーン。
ここが一番グッときましたよ。
二人の役者さんの演技が、表情が素晴らしかったです。

とりあえず。
世の旦那様方は奥様を大事にしなくちゃ!ということでしょうか。
冗談じゃなくw
妻を亡くしたおっさん二人、ヨレヨレじゃん。
妻が遺された方がずっと逞しく生きていくよね。
あー、もうがんばって!(笑)




なんだかんだで3回も見ちゃったこのドラマ。
山や森の風景は綺麗だし、役者さんたちは巧いし、気に障ることも
そんなにないし(何様w)
あ、唯一、終盤の2組の夫婦勢揃いはないなぁと思いましたが(汗)


ってことで寺ちゃんチェーーーック!

やー、黄色いヤッケが可愛かった!
ヤッケの首や胸元には水色や赤がのぞいててブルーの帽子かぶって
ウキウキで山登りに出かけるのがどっかの小学生かと思いましたよ。
主夫姿のエプロンとグレーのパーカも。
あんなひとが家で待ってたら仕事から帰るのも楽しいよねー。
会社より念入りに身だしなみ整えて帰るわ。
ってそれじゃ疲れるわ(笑)

一転して安心のスーツ姿もご披露。
1回目のスーツはカノジョのパパに会いに行くのに敬意を表して?
2回目のスーツ姿は?
婚姻届でも出しに行くのかな?
ってちょっとそこらへんの意味がわかんなかったけども(汗)

耕史くんの役柄は売れない漫画家。
恋人の家に通って喜々として家事やって、良いように扱われてる気の良い
オトコかと思えば、これでなかなかちゃんとしたことピシッと言って
骨もあるし学もある。

プレマップなんかで「ここはまるで砂漠のオアシスですね、お父さん」
って超不自然な台詞を言ってたときはあちゃーー↓と思いましたが
劇中で見ると不自然じゃない・・・あ、ちょっとは不自然だけどw
でもそういうキャラなんだとナットク。
「ここはまるで地獄の入り口ですね」とか「カンロカンロ」とか
あんな山の中で普通の会話でゼッタイ言わんやろwと思いますが(笑)
売れない漫画家さんはどこか浮世離れした生き方をしてるんだろうなと。

「甘露!甘露!」の後の「オレも飲も!」の顔も言い方も可愛かったなあ。
目もくりっくりでしたね。

ワタシが一番好きな寺ちゃんのショット、言っていいですか?
(勝手にどうぞw)
3人で山歩きしてるときに寺尾さんが被疑者の供述のメモを見ながら
シュミレーションしてるシーン。
妻を横たえるこひさんの姿に「そこで首を絞めたんです」と台詞が入り
それを並んで立って見つめるユリさんとテラちゃん。
そんときのテラちゃんの顔がものすごく好き!
森の緑をバックに、ちゃんとアップでその表情を見せてくれた
カメラさんもGJ!

なんていうのか、なんの表情も作らず自然なふとした表情。
耕史くんのこういう無垢な表情が大っ好きなんですよね。
思わず画面静止ししてまじまじ見ちゃったよ。でへへ。
ブルーの帽子かぶって目はくりっとして・・・そうそう!
漱石さんの写真もこんな表情だったなあ。
あれも大好きでした。
このドラマ、耕史くんの萌えポイントはまったく期待してなかった
けど、この顔が見られたので良しとしましょうw

あ、あと2度目のスーツ姿のあのシリアスな表情の意味が
気になって。
めちゃめちゃカッコイイのでよけいに気になってw
あのちょっと前に寺尾さんも同じようなアップがあったんですよね。
テラちゃんは結婚への覚悟、寺尾さんは人生の再スタートへの
決意を表してるのかな。
この二人、お義父さんと婿殿として仲良くやっていけそうだね。

こういうドラマのこういうポジション。
耕史くんとしては「オレでなくても」って思ってるんだろうな。
この前の読売新聞のインタビューを思い出しましたよ。
「映像だとその役が自分じゃなくてもいいのではと思えることがある。
舞台の方が「これはおれじゃないと」とここに居る意味がわかる瞬間が
多い」と。
これはもちろんワタシも同じ思いです。
よほどの当たり役でないとそう思うのは仕方ないですよね。

けど、どんな役でも見るほうにはそれなりの楽しみを見つけることは
できるし(テラちゃんみたいに)、そこに耕史くんらしいエッセンスで
香りづけることもできるし(時田さんやモンゾウさんみたいに)
それはそれで映像もすごく楽しみです。
テラちゃんも浮き世離れした売れない漫画家だけど、生き方の芯は
ぶれない、ちゃんと人に対しての責任も持てる、そんな誠実な
キャラクターをちゃんとリアルに感じさせる、このひと良いなあと
思わせられる。
クサイ台詞もそんなに浮かない、簡単に、こんなヤツいないよ!って
ならない。
そんな演じ方が出来る役者だと思います。
だから好きなんです(照)


ってことで。

昨日のお昼にはスマスマRED本を買ってきて、夜は慎吾ちゃんの
出てる火曜曲につよぽんドラマの最終回。
あ、中居くんのナカ調もあったし、このドラマの3回目も見ました。
気の早い友たちは一昨日からメッセージをいっぱいくれたし(笑)
口に美味しいモノや目に美味しいモノやいろいろいただいて
そしてスマからもお祝いメッセージがありました。
台風までお祝いに駆けつけてくれてw賑やかな楽しい誕生日。
とっても幸せな気持ちになりました。ありがとー!
トシをとるのは嫌だけどなんかもう慣れちゃったー。オホホ。
[PR]
by june-sky | 2012-06-20 17:25 | 山本耕史
<< キターーーーーッ! うもれびと判明 >>