ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「くろねこルーシー」&「さんスマ」&耕史と竜也のTVナビ(再び)

ワタシとしては大河よりなにより心躍る「くろねこルーシー」
ですが、サイトができたんですね。

コチラコチラ
(猫ちゃん抱っこして話しかけるこーちゃんにキュン!)

やーーん、黒猫ちゃんたちがカワイイ。
耕史くんも普通でステキ。
コスプレでもなく弁護士でも検事でもなく記者でもなく、こういう
普通の若者役って久しぶりーーー!
猫ちゃんとの共演が楽しみで楽しみで仕方なかったんだけど
こうして写真見るとまたとんでもなく楽しみです。
運良く地元局で放送があるのもウレシイ。
カウントダウンとか軍師とか放送ないけど凹まないよ!(単純)

でもってマグっちに出てたさんま&SMAP。
え?マジで?
スタジオゲスト?って美女たちだけでなく男性も出るの?
去年でてたっけ・・・?
もしかして再現VTR?それはヤダ。
SMAPと絡んでーーーー!
って、これ生だよね?OAもすぐじゃん。
わー、すっごいビックリ。すっごいドキドキ!


で、TVナビです。
今月は中居さんが表紙。きゃっ!ステキw
そして耕史くんの対談は藤原たっちゃんです。



良いオトコが二人、衣裳のトーンもお揃いで、並んで立つ姿が
決まってる。カッコイイ。

読むと久しぶりに頭の中が組!モードになりました。
そうそう、こういう雰囲気だったよねぇ。懐かしい。
人の同窓会を覗いてるみたいな、自分もちょっと勝手に同窓生
だったような。
そんな気がした耕史くんとたっちゃんの対談でした。

終始ニヤニヤして読んだけど、いちばんウケたのは花冠のくだり。
耕史くんがお花畑で花冠つけてお花摘んでる絵が浮かびました。
このひと、いつもこんなことゆってんの?
変なひと(笑)
けど、なんか似合うーーー!ワタシも変―――!(大笑)

たっちゃんの滝行も昼からいきなり荒むのもウケた。
ホントにオモロイひとたちだなぁ。

「僕はもうあなたの知ってる藤原ではありません(笑)」
「大きく変化したんだね。僕は恋愛迷子だね(笑)」

恋愛迷子て(笑)
そっかー。
耕史くんは人(女の子)を好きにならなくなってきたのか。
「もう男がいい(笑)」って、ちょっと気の毒だけど、そのキャラも
なかなかオイシイような気もするのでそれはそれで良いかも(鬼かw)

仕事の話で興味深かったのは、耕史くんがたっちゃんのことを
「お芝居になると自分の主張をしないで人の意見をよく聞くよね」
って言っていて、たっちゃんはたしかにそんな感じだなあと
思ってたら、「耕史くんは?」と聞かれて「僕もすごく聞くよ」
って言ってること。

これ、いつまで経ってもワタシは「現場で常に怒ってる山本耕史」
(byミタニン)が刷り込まれてるので、うっそーー!って
条件反射的に思っちゃう。
たしかに「役者は自分が動きたいように動くより、人が(に?)
言われたとおり動けるのが役者じゃない?」って前にもこういう
言葉を言ってたし、「そこにプラスして自分がやりたいことを
のせていく」というのは耕史くんの仕事ぶりを見てるとよく
わかることなんだけども。
やっぱり耕史くんの最初の頃のイメージとして「いつも何かと
闘ってるひと」っていうのが強くていまだにそれが残ってます。

ファンになってよく知るにつれて、穏やかでソフトな物腰も
大人な部分もいっぱい見てきたのに、それは仮の姿で実は
心のどこかにいつも牙を隠してる。
表向きのお上品なガツガツしてない感じと違って中にものすごい
闘志を秘めてる。
いまもそんなイメージを耕史くんに抱いてるワタシ。
やっぱりこれは土方さんで知ったからってのが大きいのかな。

と言いつつ、じつは耕史くんはこんなひと!ってのがわからない
から、いつまでもファンで居られるのかな。
あれこれ想像できるし飽きないし。

と、脱線しちゃったけど。
耕史くんはたっちゃんのことを「基本的に大人をナメたキャラ」
って言ってるど、耕史くんも基本的にナメキャラだと思います。
すぐ人を茶化すし。
でも、茶化してんのかと思ったら、自分も大ウケで笑いをこらえて
たり、なんかやっぱり憎めないキャラなんだなあ。
ってとこも好きかも(ハイハイw)

また隊士たちとの対談があったらいいな。
時が過ぎてみんなとまたどんな話をするのか聞きたいな。

来月はライブもあるし、久々に生のこーちゃんに会えるんだ!
楽しみができたーーー(嬉)
[PR]
by june-sky | 2011-12-21 17:47 | 山本耕史
<< 年末年始のTV 子猫とか黒猫とか >>