ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「ステキな隠し撮り」

そしてステカクこーじです。
なんてステキなドラマだったんでしょうか。
耕史ファンにはw

ミタニンのついった見てたけど、あそこまでやるとは。
ま、こーじファンとしてはお尻くらいどうってことないから
(なんかいろいろ免疫ができててw)
絶叫はなかったけど大笑いさせてもらいました。
TV画面で見るあのプリ・・・いやこれは隠してから書こうw

とりあえず、隠しカメラ13台で撮ったのぞき見してるみたいな
変なカメラアングルを楽しむドラマなんですよね?w
映画を観てからドラマを観たので、映画ではあんなだったひとが
こっちでは・・・っていう楽しみ方もできました。
ふかっちゃんは(ミタニンに)歌わせられたり踊らせられたり、もう
大変な活躍ぶりだったけど、動きが可愛くて、ほんとにキュート
なんだなあ。
ワタシが男だったら深っちゃんみたいな子が好きかも。てへ。




お部屋に入る画面転換でCMに入るってのもなかなか粋な
演出でした。
コント集みたいなお気軽ドラマを実力派揃いの蒼々たるメンバーが
真面目に演じてる、その雰囲気も良いですね。
演技ができないとコントもやれないって言ったのは誰だっけ。
木村さんかw
竹内さんがすっころんで、深っちゃんとふたり素で笑ってんのに
カメラは止まらず撮り続けます。
だって隠し撮りだもんね。うん!

面白いのもあったしいまいちなのもあったけど(ミタニンのやつとか)、
やっぱりファンとしてはダントツで変なパッションカメラマンでしょう。
いやもう、ノリまくりでシャッター押し続ける耕史くんの動きが
可笑しくて可笑しくて。
何回見ても笑える。

「脱いでも良いですか?」と紳士的にお伺いをたて、脱いだ身体は
お腹はちょっとぽってりしたし脇腹もぽにょってたしおまけに
胸筋もたるんでたし・・・・・いやーーーっ!
おっさんかいっ!
あ、おっさんか(笑)

ちゅーか、こーちゃん、油断したらアカン。
いつ裸のお仕事がくるかもわからんのにね。
世間一般ではじゅうぶんイケてる身体かもしれんけど
(耕史くんのおかげで)目の肥えたファンの目は騙せません(笑)

しかし、あのぷりケツーーーー!
TV画面でぷりケツーーーー!絶品でしたね!

もうちょっと前言撤回しときます。
あの年であのお尻は良いんじゃない?
あのスタイルの良さはさすがじゃない?
静止画面でまじまじチェックして、その夜だけで5回もリピったワタシは
変態でしょうか(笑)
すっかりお脱ぎになって出てきたときにはコンシェルジュの姿がなくて。
そのぷりケツの後ろ姿の背中に「茫然」と書いてあるのが見えましたよ。
ええ、見えましたともw
そりゃバスタオルもずり落ちるよ。あはは。

服を着てても、あのぴっちりした細身のパンツで転げ回ってる姿は
何度見てもステキ。
すんごいパッショネイトな動きが可笑しいんだけど、足は長いし細いし
カラフルな靴下はカワイイし。
やっぱこーちゃんカッコイイんじゃない?(もうほっといてw)

普段は聞けないあんな台詞に、滅多にお目にかかれないあんなお尻。
これはミタニンにお礼を言わなければ。
美味しい役をありがとう!
日野さんといい、カメラマンといい、耕史くんがどんな役がハマるのか
どんな役でもできるのか確認するためにミタニンはあれこれ変な役を
やらせてるんでしょうか。
耕史くんを日本のケビン・スペイシーにするための養成ギブスなんだよ、
きっと。

と、ファンとしてはすんごい希望を持てた気がしたステかなとステかく
でした。
さ、またぷりケツ見てこーw
[PR]
by june-sky | 2011-11-11 23:59 | 山本耕史
<< 20周年とはぴば 「ステキな金縛り」作品感想編 >>