ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

WOWOW ドラマ「パンドラⅢ」 第1話

始まりましたねー!面白かったですねー!
ナニが良かったって太刀川くん、やっと活躍の兆しがw
なんか今後もチョロチョロ動き回りそうですよ。

あのポジションって結構良いなあ。
キャストの役どころは、クセのある濃いぃおっさんたちばかりで
(あ、ごめん!うっちーも江口さんもひとまとめに)(汗)
(あ、そういえば小澤さんも)(大汗)
その中で、唯一、刀川くんだけがまっとうな人っぽい役どころ。
ひとり、清々しい雰囲気です。

年齢的にも見た目にも、そう甘すぎて浮いてる印象もなく
ナレーション担当としては、初々しい若者目線もいけるし
シーンによっては擦れた記者目線でもいける。
女優さんがキャスティングされたら「ウザイ」とか言われそうだし
(ワタシ言いそうw)
耕史くんはこういうポジションってハマるね。

もちろん、ドラマの内容も良い感じ。掴みはバッチリです。




登場人物は皆、過去になんらかの傷を持つ人たち。

昔、捨てられた恋人の夫を助けてくれと頼まれる鈴木医師(江口さん)。
(鈴木、キターーーー!w)
自殺を抑制することができる薬を開発したその医師が車椅子に
乗っている原因はかなり衝撃的です。
このひとの心の中はどうなってるのか。知りたいけど怖い。

その夫(内野さん)は官房長官であり、国の大きな事件の隠蔽を
指示されて苦悩している。
仕事と父親からのプレッシャーに押し潰されそうになり、不眠に
陥って薬を服用するも自殺を5度試みている。
鈴木医師からある処置をされた彼は人が変わったように自信に
溢れ、前向きになります。
というか、狂気に満ちたポジティブさがヤバイ。
あの開いた瞳孔も怖かった!

そして上川隆也さん演じる刑事は、殺人現場に行くと
殺されているのは別れた妻だったという。
泉谷さんのテロリストもアンドロイドみたいな自衛官の小澤さんも
不気味だし、ホームレスの少女も悲惨な過去を背負ってるようだし。

なんだかもうワケありな人が多すぎて、最初から最後まで目が
離せない展開ですよ。
実力派揃いの役者さんたちが濃いぃ演技を繰り広げるので、こっちも
必死で見てました。ホントに見応えたっぷり。

自殺を抑止するために埋め込まれるチップ。
人間の脳に働きかけて人格まで変えてしまうという薬は、悪魔の薬なのか。
それとも絶望から人を救うことのできる神の薬なのか。
その神の領域に人間が踏み込むことが許されるのか。
そこに国家ぐるみの隠蔽や軍備化への陰の画策など、今の日本という国の
危うさという、現実と重なる部分も描かれていて。
見ているとものすごく不安になります。
でも、そこが見ていて面白くもあります。

太刀川くんのファッションチェックを忘れるほど必死で見てたわけですが
いちおう無難な、変じゃないファッションだったかと。
唯一覚えてるのが、何が入ってるのかわからんけどあの重そうな
角張ったでかいカバン。
もはや太刀川くんのトレードマークですね。
願わくば、あのカバンのおかげでスーツの肩が引っ張られてグチャッっと
なりませんように。
演技もナレーションも髪型も白肌も何も心配ない。
心配事はそれだけです(笑)


「君は自殺を考えたことがあるか?」と鈴木医師に聞かれて、太刀川くんは
一瞬、返事するののに戸惑ったような気がしました。
ああ見えて何か暗い過去があるのか。
ちょっと屈折してるようにも見える太刀川くん。
気のせいかもしれないけどそれも気になるわ。
ま、5割方深い意味はなさそうな気もします。自分で書いててナンですが(笑)

また今後も尾行したり、カレー食べたり、いろんな登場シーンがありますように。
来週も楽しみ!
[PR]
by june-sky | 2011-10-03 17:39 | 山本耕史
<< 「天使の美容室」&たっちゃん新... ステカナメイキング >>