ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

荒川源流 ふたり旅 ~その3

先週は生こーちゃんに会ったせいか、気が抜けてぽけーーっと
しとりましたが(そうでもないかw)、とりあえずやっと正気に
返りました(笑)
ちゅーことで、やり出したからには最後まで!
がんばっていきます!>時代遅れの荒川レポ
(うん、がんばろ!←叱咤激励)


そして3日目の朝。
リュック背負って沢歩きのオトコ二人。
今日もお馴染みのきみろり色のTシャツですw
元気に歩くぞ。おーー!

ってことで澄んだ綺麗な水にいきなりはしゃぐ照英さん。
「えーーっ!ラキラじゃん!」「触ってみる?」
「冷たーー!」「これ冷たいよ!」
これ、みんな照英さんの言葉です。
耕史くんはそう簡単にはしゃぎません。素面では。たぶんw
やっぱムードメーカーは照英さん。




・釣り人たちと遭遇。
ニジマスが釣れてる!ボクたちもやるよ!

耕「やろうか」照「ノッてきたね(ニコッ)」

・管理所で竿を借りて餌をゲットして、いざ!釣りのスタートです。
こーちゃん、七分丈パンツに履き替えたのかと思ったら、いままでの
パンツの裾を長―――く折り返してるだけ。
ほんとに着の身着のまま。これも借り物?

・では実況でお楽しみください(笑)

照「キタキタキタキタ!」
耕「マジで?」
照「ほら!」耕「早っ」
照「いきなりキタよ、1匹。良い感じになりました!」
(こーちゃんもキタ!)
耕「キタ!」照「キタキタキター!」
耕「キタ!」照「ぃやったーー!ヘーーイ」
耕「ちょっと小さめだけど(ニコ)・・・(っと魚がスルっと逃げる)
あ!ヤバイ!」(川に落ちちゃった)
耕「ひゃひゃひゃひゃ」
照「ずいぶん優しいオトコだねぇ。何やってんだよ(笑)」

(こーちゃん、岩の上にしゃがみこんで再び餌を針につけながら)
耕「あのー、わぁーーーい!とか言うから」(言い訳キタ!w)

って人のせいか!そしてコドモか!(大笑)

そのあとまた「キターーー!」で耕史くんも無事に1匹釣り上げます。
結局、二人で4匹の成果。
「良い感じ!」「いけたね!」「いけた!いけた!」と口々に言って
がっつり握手。
そんな二人が良い感じ~♪

・川はどんどん細くなり、とうとう岩場だらけになりました。
途中、地図を広げるオトコらしい照英さん。
それをのぞき込むカノジョなこーちゃんの姿にまたカップルか!と
思いつつニマニマしてたら、このあとまさかの大逆転!
と、TVのように煽ってみました(笑)

・カメラが切り替わって、二人は山男に変身。
サンダルっぽい履き物を靴に換え、ストック両手に歩きます。

照「いまから荒川の源流をめざして登山に入ります」
(隣で虫にたかられ、いやんと避けるこーちゃん)
照「虫もそりゃ飛んでますよ。大自然の中ですから」

・しばし歩く二人。道はどんどん険しくなっていきます。
耕「もう、エライことになってるじゃない?」
照「川のぼって行けば源流に着くと思ってたけど、イケる?」
耕「全然!大好きだもん~山登り~♪」
照「ホントに?山男?」
耕「山本だからね、オレ(ニヤニヤ。参ったかw)」

ささ、レッツゴー!(笑)

・ここからカノジョはカレシに変身・・・いや、俄然こーちゃんが
元気になってきました。
この二人旅で初めて先頭に立ち、ぐいぐい照英さんを引っ張ります。
とは言っても優しく励ましたりはしません。
とにかくオレについてこい!的な感じでさっさと前を行きます。
その背中の逞しさに照英さんもしばし歩みを止めて、背後からうっとり
見つめてます(たんに休んでるだけ)
くーーーっ!カッチョイイ(笑)

・険しい道が続きます。2時間で2キロしか進めません。
というか、ほんとに道が山の斜面にへばりついてるような感じ。
要は道が狭い。
踏み外したら転がり落ちるよ。危ないよ!
って状況に照英さんはビビっております。
こーちゃんは素知らぬ顔で前を行きます。
船とは立場逆転です。
照英さん、ガンバ!w

耕「どう?山が好きになれそう?」
照「いや、まだだ。耕史くんは強いね」

耕「意外と体力自信あるって言ってたのに」
照「全然ダメだな。耕史くん、全然ヘーキだよね」
耕「オレ、Mだからね。消費してる感じがウレシイから(ふふ)」

なんて会話もはさみつつ。

・崖のような斜面にひるまずホイホイ登る先頭の耕史くん。
後に続く照英さんはたまに苦しそうな顔で弱音を吐きつつ、
でも、弱音の後ではスタッフを振り返って笑顔で「ビール呑みたいよね」
って言うところなんか、照英さんの人柄が出てるなあ。
ホント優しい。気配りの人だ。

・果敢にチャレンジした展望台への道。
ここで照英さんは「ヤッホーーーーーーッ!」ととりあえずお約束の
雄叫びを。
照英さん、ちょっとは山が好きになったみたい?w

・そうこうしてるうちにやっとこさ山小屋に到着!
古さ加減といい、外観にとらわれない感じといい、絵に描いたような
山小屋です。
「これはちょっとビールは無理かも」と照英さんも思わず絶望的な
つぶやきを。タイヘン!
いちばんの心配事だもんね(笑)
早速、山小屋の主に確認します。
照「ここってビール置いてますかね」主「500円です」
ヤッターーーー!とふたりは満面の笑みでガッツリ握手。
ワタシも心底ヨカッタ!と思いましたわ(笑)

・ふたりは早速、山小屋の外のベンチに座ってビールでカンパイ。
照&耕「お疲れさまでしたーー!(笑顔全開)」
ビールがめっちゃ美味そうだ。よかったねー!

・おっ。着替え!着替え!
ここへ来て初めての衣裳替え。
微妙な黄緑色のTシャツ時代、長かった(笑)
今度は真っ赤な長袖のぴちぴちジャージ?みたいなしっかりめの
Tシャツみたいな。
とにかくこちらもスポンサーからの提供です。
こーちゃんの趣味ではありませんw
頭の白タオル巻きはこーちゃんの趣味です(笑)

・山小屋なので今夜は三段ベッドに寝ます。楽しそー!

・ご飯は「適当に食べてください」と渡されたボンカレー。
「えーーーっ!テキトーだなあ、コレ。テキトー(笑)」と
「コレテキトー!」を連呼して大ウケしてるこーちゃん。
でも、作り出したら、照英さんとふたり作業分担とかして子供みたいに
楽しそうだよ。

・出来上がったボンカレーは腹ペコのふたりには超美味しそう。
福神漬け大好きな照英さんのためにこーちゃんがスプーンに山盛りの
福神漬けを乗っけてあげます。らぶらぶ(笑)

・朝に釣ったニジマスも塩焼きにしてもらって「プリップリ」で
「サクッサク」でこれまた超美味しかった模様。

照「今日はいっぱい食べて。ゆっくり休んで」
耕「よろしく!」
(またまたがっつり握手。握手好きやな、このふたり)
照「いやぁ、力もらったよ(笑顔)←唐突w
オレの筋肉は今日疲れきったからなあ」
(と、相棒の筋肉を労る照英さん。やっぱオモロイ)

・おやすみーーーー!


やっと3日目終了です。
耕史くんがトークショーで言ってたとおり、ほんとに照英さんの
リアクションが面白くて、それを面白がってる耕史くんの
可笑しそうな顔が耕史ファンとしてはツボで。
何度見ても飽きない荒川。

もう需要もなんもないと思いますが(笑)、とりあえず次回で
荒川レポも最終回。
果たしてふたりは無事に荒川源流にたどりつけるのでしょうか。
そして、無事に生還できるでしょうか(それは知らんw)
乞うご期待!(あはは)
[PR]
by june-sky | 2011-09-05 12:49 | 山本耕史
<< はやぶさ試写会 スマホデビュー >>