ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「テンペスト」 2/12&13 浅倉殿編 その2

コメント欄でも教えてもらったけど、テンペストの雅博殿は
ますます自由度が増してるみたいですね。
たまにアクシデントも起きてるみたいだし。
・・・想像したら笑える。アハ。

ことりあえず、この週末はまたマサヒロに会えます。
2週間前は大雪の心配してたけど、今度はどんだけ暖かいのか。
冬のコートでは暑いかなあ。
何着ていけばいいのかまだ迷いちう。
とりあえずパックだけは完了!(笑)

初見マサヒロの感想その2、いきます!

↓ ネタバレしてます。





雅博殿役は、良い役もらったなあと感想その1で書きましたが
元々の役もあるけど耕史くんの役作りの賜でもありますよね。
パンフでも耕史くんが言ってます。
「わかりやすいキャラクターを嘘くさくなく舞台上で演じながら、
なおかつそれをドラマとして成立させることは難易度が高い」
たしかにそう思います。
浅倉雅博という画に描いたようなヒロインの相手役を、嘘臭く
ならないようにリアルに見せるようにという、的確な役の
とらえ方があったからこそ、あの魅力的な雅博殿が
出来上がったんですよね。
耕史くんはあいかわらず役へのアプローチが鋭いです。

いつものように出ずっぱりでもないし、いつもほどの責任はなさそうだし
こーちゃんも気楽にチョイチョイって。。。とかなんとかシツレイなことを
友と冗談で言ってましたが(汗)、ホントにシツレイな(笑)
そうして役作り的な視線で見ると、今回の耕史くんの役への取り組み、
板の上での居方、発声、演技など、やっぱりいつもの作品とは
いろんなもののベクトルが違ってて新鮮で面白いです。

そういうわけで、雅博殿はちゃんと魅力的なキャラになってるし、
普通の2枚目+αがあって見てて飽きないし、とにかくかっこよさと
可愛さと大らかさと男気といろんなものがテンコ盛り。
ほんとにチャーミングなのよね。惚れちゃうよね(ハイハイ)

そんな雅博殿は2幕でも大活躍。
忘れかけた頃というか、そういえば雅博殿は?と思い出した頃に
チョロチョロ出てきます。

仲間さんの二役も美味しいけど、雅博殿も負けてません。
真鶴との愛の物語ではちょっと奥手で純情な、あちこち脱線しつつも
正統派相手役を堪能できるし、寧温との友情物語では大らかで
腕っぷしの強い、男気たっぷりの薩摩隼人に惚れ惚れ。
あー、やっぱり二度オイシイよ!

真鶴を真剣に口説く雅博殿の姿には胸キュンだし。
「オレはおまえに惚れた!」だったか、とにかくもう剛速球。
こうして耕史くんの直球勝負の愛の告白とか生プロポーズ
(演技だけど)を見れる日が来るなんてね(嬉)
ジェイミーとかジョンとかの生チューとはちと違う、和風で古風で
真剣な恋愛シチュエーションに激萌えですw

そのまえは「言うぞ言うぞ」のカワイさいっぱいの雅博殿だったし。
あー、幸せすぎてコワイ(笑)

とはいっても、耕史くんのラブシーンはドラマと同様、ワタシとしては
ちと恥ずかしい。
なーーんか照れちゃうというかなんというか。
真鶴に切々と想いを伝えてるシーンは良いんだけど、向かい合っちゃうと
恥ずかしい。
きゃーー。なんとかしてー(笑)
ま、こういうストーリーにまったく感情移入できないワタシが
悪いんですけどね(汗)

とは言っても、真鶴が国王の子を身ごもっていることを知らず
思いの丈をぶつけていくシーンは好き。
仲間さんがちっちゃいから、言葉をかけながら、どんどん前屈みになって
いく耕史くん。
その背中が、姿がさらに愛おしい。
仲間さんが舞台下手の奥に居るから、センターからだとその背中しか見えず
マサヒロがどんな顔して台詞を言ってるのかわからないのが残念でした。
まあ、声と背中でじゅうぶんせつないんですが。

そして洋装マサヒロ!
ワタシ的第一幕のクライマックスは生殺陣でしたが、第二幕では
この洋装雅博殿の登場です。

げっ!何この人。ふ、副長?副長だーーー(涙)
あ、襟元はマリウスーーーー!
ひーーーーーっ、カッコイイーーーーー!

・・・あ、ヅラは微妙(笑)

とかなんとか一気にテンションアップ。
あのフロックコートは耕史ファン狙いうち?
おかげで心臓バクバクでしたよ、もう。
多摩のバラガキがよくここまで立派に・・・と大混乱(笑)
しかもこの洋装でラブシーンとか眼福すぎるーー!
仲間さんを抱きしめる腕に軽くジェラシーです(笑)
ま、まったく生々しくないラブシーンなので(アハ)、それがまた
ちょっと恥ずかしいというか。
乙女心はフクザツ ← 誰が乙女やねん(笑)

洋風ヅラはばっさーーっと横分けで、その分け目側(左)から見ると
ん?なんかびみょん(汗)と思ったけど、くりっとターンして右から見たら
ちょっとカッコヨカッタ!
そのおおいかぶさるような前髪で右側は顔が半分見えなかったんですが
それがまた漫画の王子様みたいでグー。
副長だったりマリウスだったり王子だったり、なんかいろいろ夢見させて
くれるマサヒロ、最強です!

とりあえず、どうにかこうにかラブシーンを終えた後、仲間さんの白粉が
耕史くんの左胸あたりに付いていて、そっちのほうが生々しかったという
。。。やっぱチラリズムの美学か。違うかw
今回は2日ともセンターから見れたので、嬉し恥ずかし二人の向かい合わせ
シーンも表情がよく見れて、これまた満足でした。

と、いろいろ思い出して感想書いたら、雅博殿はほんとにいろいろとお楽しみ
シーンも満載。
迷って買ったチケット、回数多すぎたかなと思ったけど(大阪も来るしね)
雅博殿が魅力的で何度も見たくなる役でホント良かった。
明日も楽しみ!
[PR]
by june-sky | 2011-02-25 23:59 | テンペスト
<< ハリキリマサヒロ 「テンペスト」 2/12&13... >>