ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

c0063587_14383816.jpg








この前の日曜日にやっとこさ観てきました。遅っ。
上映も1日2回しかなくて終わる気満々。
もうちょっとで前売り無駄にするとこでした。危ない。

アニメ版ヤマトは一時期ちょっとハマって一気にダーーっと見ました。
映画は1作目だけ見たかな。
とにかく宇宙戦艦ヤマト自体がカッコイイ。
だって戦艦が飛ぶんだよ?
ビックリでしょーー。
今回の実写版も予告で散々見たあのヤマト初登場のシーンが
めちゃめちゃかっこよくて。
この作品はやっぱヤマトが主役なんだよね。。。と思いつつ、見たわけですが。
ま、普通に木村さんが主役でした。
そりゃそうだ(笑)




木村さんはやっぱり現実的なものよりああいう世界に嵌る。
キリスト(「ICWR」)とか、脳科学者とか、いっそのこと時代劇(「一分))とか。
見た目オトコマエすぎて現実離れしてるっちゅーか。
木村さんもファンタジーの世界のほうが木村拓哉でいてもだいじょうぶ。
そんな気がします。
だってほんとにあんなひとそこらへんにいないもの。うふん。

ワタシの中で大ヒットだったのはあの最初のこぎちゃない古代くん。
薄汚れて世間を斜めに見てぶっきらぼうでバイオレンスでw
スマスマでも最近見た不気味な探偵キャラとか、「ICWR」もそういう
感じで大好きなキャラだった。
オトコマエのきちゃないのってなかなか萌えるね。
ヒーローじゃなくてああいうワルっぽい役のオファーはないのかしらん。
ごろーちゃんの嫌われバカ殿(誉めてます。そうか?w)みたいに。

と、なかなか作品自体には触れませんが(汗)

うーーん。
役者も山崎努@艦長なんてすごくはまってたし、ギバちゃんも
さすがな感じだったし、木村ちゃんもすっごい頑張ってたし。。。
けど、ストーリーが(悲)

ガミラスに攻撃されて、大慌てで撃ち返して、だけどもっと撃ち返されて
そしてワープして。
ほっと安心して喜んでたらまた攻撃されて・・・この繰り返し。
しまいに飽きた。
きゃーー!きむらちゃん、ごめん(汗)

この展開に慣れっこになったせいか、いまいち地球の運命を背負ってる
っていう悲壮感みたいなものが感じられなくて。
だって、木村ちゃんたち乗組員がすっごい暢気なんだもーーーん。
地球の存亡がその肩にかかってんだよ!
なのになにかっちゅーと呑んでるし。
ちょっと楽しそうだし。
仲間達と一緒に敵を倒す熱い話は大好きなんだけどなあ。

だいたいその敵がイマイチ魅力に乏しいのもね。
ガミラスとイスカンダルって結局、実体がないんだよ。
意識集合体ってナニ。
デスラー総統の悪の美学みたいなものとかそういうのが欲しかったなあ。
森雪とのラブラブシーンよりも。あ、言っちゃった(笑)

とどんどん辛口になっていきますが(汗)、内心あれこれつっこみながらも
見てる時は楽しかったのもホント。
ま、それはワタシが木村ファンだから。
木村さんの古代は良いと思います。
ヒーローでリーダーで仲間思いでかっこよくて。役柄的には好き。
熱い芝居もこの作品の古代にはぴったり。
というか、木村さんだからこんな古代になったのかな。
熱烈ヤマトファンにはどうなんだろう。
なんかもう作品自体がアニメ版とは別物な気もするけど。
オープニングのナレーションは懐かしい雰囲気が昭和っぽくてヨカッタ。

ま、なんだかんだ言いながら、結局は結構楽しめたような気がする。
じゃ、文句言うなー(笑)
DVDでまた細かく観るのが楽しみです。
とりあえず大きなスクリーンで観れてよかった!
[PR]
by june-sky | 2011-02-09 23:59 | 映画
<< BRAVA!でインタ 《追記》あり 初日前夜 >>