ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「GODSPELL」12/11 ソワレ&12/12マチネ ツボ編 ①

「GODSPELL」は癖になるねぇ。
東京に住んでたら毎日行きたい。
なぜ今回、ワタシは回数控えめにしちゃったかなあ。
初演出を信用してなかったとか(笑)
じゃなくて、12月ということもあり、仕事では1年で一番忙しい時期。
おまけに初日は犬のヘルニア騒ぎでヘロヘロだったし。

いまはすっかり元気で気合いもじゅうぶん。
いつでも行ったる!と思ってるんだけど、なんせチケットが
完売なのね。
行けないのは残念だけど、やったね!>Team Yamamoto
最初は3週間もやってだいじょうぶなの?と心配したものですが
ほんとに余計なお世話でした。すいません(笑)

さ、ワタシの大好きなツボ編いきます!



そういえば今回の曲の中で、CDで聴いたときから良いなあと
思っていたのは「All Good Gifts」と「Prepare Ye」。
前にも書いたけど、この曲は健ちゃんが2007年のミュージカル・ガラ
『GENERATIONS』で歌ったんだよって友に教えてもらってから
ワタシの中では健ちゃんの曲です。
健ちゃんの声でこの曲を想像してたときには、教会で厳かに
響き渡るような、ちょっとせつないような、そんな感じの曲を
想像してました。

それを耕平くんが笑顔で歌うとは。
すっごい意外でビックリでした。
けど、聴いてる内に耕平くんの純粋さのにじみ出るような無邪気な
笑顔と、「この世のすべてに感謝を」っていう歌詞が不思議なほどに
ピッタリ合ってて。
不思議な感動が生まれました。

「たとえばここに生きてること それ以上確かなことなどなく
あなたがくれたこの世のすべてに感謝の言葉を届けよう」

って、なんか泣けてくるわぁ。詩がキレイすぎて。
そよ風に日射しに大地に雨に、すべてのものにあなたの愛がある。
だからすべてに感謝を。。。

この耕史くんの訳詞が素晴らしい!
どうしてこんなに叙情的にロマンチックに上手いこと書けるのか。
うっかり惚れちゃうじゃんか(笑)
パンフに詩が書いてあるのはこの曲と「Day By Day」の2曲のみ。
演出家としてもこの曲をフューチャーしたかったんだよね。
やっぱりこれは健ちゃんの曲だ。
あ、ごめん。公演期間中は耕平くんの曲で良いよ(笑)
ステキに歌ってくれてありがとー!って耕平くんに言いたい。


以下、ツボ箇条書き

・上演前のアナウンス。演者によるちょっとおどけたふうな
アナウンスは気が利いてる。
友の話によると今は「レストルーム」とおしゃれに言ってるけど
初日は「トイレ」だったとか。トイレて(笑)
そのへんもらしくてオモロイ。

・オープニングからわらわらとキャストが出てきて、あちこち
きょろきょろしてたらいつの間にかジーザス@耕史の背中が
目の前に。ビックリした!

・アカペラDay By Day~♪の最後のDay~♪が不協和音気味。わざと?

・「ボクは神」キューーーーーーン!ジーザスかっけーーー!

・いったん引っ込むジーザス。え?浮き上がった?
足が空中に浮いて、靴の裏が見えたよ!どーなってんのーー?
後で友が仕掛けがわかったと教えてくれた。へぇぇぇ(驚)
今度ちゃんと見ようっと。

・いったん引っ込んで再び出てきたときには赤ジャケから白ジャケに。
そして、顔にはペイントが。
左目に黒、右目に黄色でピエロっぽいメイクだね。
このペイントの意味がわからない。
これ、今までの公演にもあったみたいだし、海外の公演でもあるのね。
ジーザス以外のひとたちもちょこっとずつ顔にペイント。
それを終盤、ユダが鏡を見せてそれぞれにふき取っていく。
その意味がわからない。誰か教えてー!

・白ジャケの下のスーパーマンのTシャツはNYの象徴かな。
ジーンズにはところどころダメージが入っていて、十字架型もあり。

・「Tower Of Babble」は最後、口々に違う歌詞でみんなが全力で
歌い上げるのが面白くて喧しいw

・いつも長身足長な耕史くんですが、今回の舞台では周りもみんな
デカイ。とくに内田さんや耕平くんと並ぶとちっちゃく見える。
大きな存在であるはずのジーザスの体がちっちゃいのがなんだか
微笑ましい。
ちゅーか、なんか萌える(笑)

・「Save the People」いいねーーー!この曲も好き。
ジーザス@耕史の伸びやかな声にラブ!

・その歌詞で好きなところがあります。
「空がなんちゃら~♪ 山がなんとか~♪」ってとこ。
原文では "No", say thy mountains "No", say thy skies
「山が違うと言う 空も違うと答える」みたいな意味?
山と空が会話してるのがカワイイ詩になってた。
途中からみんなの大合唱。ゾクゾクっとくるよ。

・ちなみにワタシはここで歌詞を見てます。コチラ
・うんぱっぱ~うんぱっぱ(笑)
・足相占い → ニューバランスw

・誰かが誰かのアフレコみたいなのとか、台詞言ってる人の隣で
ごちょごちょ言うのとか、山びことか。
とにかく普通にしゃべらない(笑)。退屈しない。

・中山さんと天辺さんのエロい絡みの最中だったか、タンバリンが
壊れた!
中山さん、がんばって芝居するんだけど、あのしゃんしゃんいう
金のとこがどんどん落ちる!
そこにいるみんながあたふたして広い集め、右往左往してるとこへ
ジーザスの台詞。
「(笑いながら)さぁ、話を聞いてくれるかな」ウマイ!

・「羊と山羊」「兄と弟」「種」など、いろんなエピソードをおもしろ
おかしく劇中劇で見せていきますが、転球さんが良い仕事してます。
味のあるオモシロ担当。
このひと、ほんとに全身で人を笑わすのね。
12日マチネでは羊の時だか、種の時だか、その動きと言葉がおもしろ
すぎて、ユダ@うっちーwが客席に背中を向けて、その背中全体に
こらえきれない笑いが。
後ろ向いても肩が思いっきり震えとるがな(笑)
ここまで笑われちゃ、その隣にいるジーザスはゼッタイ無理でしょうと
楽しみにしてたら、やっぱりグフッっと吹き出しました。
そして笑いが止まらない。
あー、ドキドキする。早く台詞言わなくちゃ!
どうするのかと思ってたら、「彼は笑いながら言うだろう」と
笑いながらゆーてました。さすがこーちゃん(笑)
もう1回そんなことがどこかであったなあ。
転球さん、いっつも見てるはずなのにそんだけ可笑しいってスゴイw

・休憩の間も楽しい舞台。
2回目の観劇では我慢できずにトイレに行ったけど、できたらずっと
席にいて、アフロくんのがんばりを見ていたいw

(ツボ編 その2に続く)
[PR]
by june-sky | 2010-12-17 15:18 | 山本耕史
<< 「GODSPELL」12/11... 「GODSPELL」12/11... >>