ブログトップ

虹の空へ

junesky.orghiraganago.exblog.jp

犬のヘルニア ~ 退院&術後9-10日目

c0063587_16212410.jpg












いよいよ退院の日です。
入院から12日、手術から9日目。
これって結構長い入院かも。
回復具合によって違うけれど、普通は術後1週間くらいなのかな。
うちの犬は先生もビックリなくらい回復も早くて、でも、心配性のワタシ
としては、少しでも長く病院に居てくれた方が安心できました。
犬でも人でも辛そうなのを見てるのが辛いっていうヘタレなんで(汗)
肝っ玉が据わってないというのか(大汗)
らんにとっては寂しかったかなあ。
けど、やっぱり術後は不安。
こんなに元気に帰ってきても、やっぱり帰った日は大騒ぎでした。



11月28日(日) 術後9日目

またしても元気で診察室にご登場のらんたろー。
先生と並んでワタシたちを迎えてくれました。
とりあえず飛びつきしがみつきレロレロ。
でも、また後ろの先生やおねーさんも気になる。
隙を見てダーーーッとおねーさんのところへ走って行ったり。
「挨拶してくれてる~♪」って言ってもらえました。
「らんたろーちゃんは元気だったから寂しくなるわぁ」って。
あー、やんちゃですいません(汗)

先生からの注意としては・・・

・しばらくは安静に。
・段差禁止。歩かせるのは最低限。
・散歩・お風呂もしばらくがまん。
・抗生剤のお薬を10日分(1日1回朝服用)出しておきます。

・・・くらいかな?

質疑応答は

Q:ほんとにリハビリは要らないの?
A:必要ない
Q:こんなに回復が早いってことは脊髄のダメージが少なかったと
いうことですか?
A:そうですね。
 (「先生の腕も良いからですよねー!オホホ」 ← おばちゃん発言w)
Q:心配なところってないですか?
A:ないですね
Q:ご飯もいつもどおりでいいですか?
A:いいです
Q:リビングから廊下へオシッコに行くくらいならだいじょうぶ?
A:だいじょうぶですよ
Q:・・・・

もう聞くこともないw
ということでほんとに何も心配は要らないそうです。ヨカッター!

抜糸の予定を術後1ヶ月頃として、真ん中あたり(12/8頃)に
見せに来てくださいとのことで先生ともしばらくお別れ。
お名残惜しいわぁ(笑)
先生やスタッフの方にも何度も御礼を言ってらんたろーは
家族と車へ。

そして待ちに待ったお会計。
いっくらかなー いっくらかなーー。楽しみーーー!(笑)

お?

おお!

これは・・・思ったより安い!

CT・MRI 50,000円
血液検査 3,000円
手術代 120,000円
薬代 サービス
入院費(12日分) 60,000円
消費税 11,650円
合 計 244,650円


入院費とか手術代とか、ちょこちょこお安くしてもらったみたい。
最低40万円くらいの予想してたんですよ。
手術代は最低でも20万くらい、CT・MRIは8万くらい・・・とか
ネットで見てたから。
これなら11月に買おうと思っていたブルーレイのレコーダが買える!
ありがとー!○○病院

この病院、技術は確かなようだし雰囲気も良い感じだし、先生も
スタッフも優しいし、良い病院でした。
よかったね!らんらん


と、車でルンルンw帰って参りました。
いつになく、らんたろーは大人しく、後ろのシートでワタシにもたれて
おネンネ。
疲れたんだねぇ。
手術なんていう一大イベントを乗り越え、家じゃないところにずっと居て
皆さんに優しくしてもらってても、やっぱりいろいろ気疲れもあっただろうし。
いじらしいわ~(涙)

そしてウトウトしてる間におうちに到着。
抱かれて家に帰ってきたけど、本人キョトン。
母に会ってシッポ振ってるけど、なんだかキョトン。
まだ寝ぼけてるのか、ここどこ?みたいな感じ。
忘れちゃったのーー?
んなことないよね。
ちゃんと以前のようにシートでオシッコ済ませて(これだけでも感激!)
ケージに入れるといつもなら「出せ!出せ!」と文句を言うのに
すぐにまた寝ちゃった。
本気でお疲れ!

そして夜。
いつものようにワタシたちのご飯の後で、以前よりは少し少なめに
フードをやりました。
2~3粒ずつ手渡しで。
大好きなデザート(=りんご)ももらってお腹いっぱいになって、
カーペットでごろんごろんして。
幸せな光景です(感涙)

で、その後ですよ。
もうそろそろ11時。
ワタシも2階の自室に引き上げようとしたら、ケージの中で
オエオエしてるーーー!
食べたもの全部もどしちゃって、そのあとも3~4回。
どーしよーーーーー。
普通でも犬が吐くのはよくあること。
でも、消化されてない状態で吐く「吐き出し」と消化されてから吐く「嘔吐」は
違うらしく。
吐き出しは心配ないけど、嘔吐は何か原因があるとか。
疲れただけだよね。シッポは振ってるもんね。だいじょうぶだよね。
と、自分たちに言い聞かせながらその夜はあまり眠れない。
3時頃まで時々様子を見に下りた、りして、ワタシ寝不足(汗)
こんなこと病院ではなかったんだろうか。
家に帰ったら途端にこれって。。。心配。


12月29日(月) 術後10日目

朝、起きたら別に普通だったらんたろー。
もうだいじょうぶ?食べても平気?と思いながら、動きも変わりないし
とくにしんどそうでもないのでご飯を半分くらいにしてやることに。
だいじょうぶみたいなのでリンゴも少しあげる。
けど、やっぱり食べた後はちょっとしんどそうに寝てる。
やーーん、どうなのーー?

気になるので、近所の主治医のところに御礼と報告に行きがてら
実は・・・と夕べの様子を話してみる。
そしたら、「ステロイドは飲んでませんか?薬のせいかもしれません。
吐き気止めと胃の壁を守るお薬を出しましょう」と言ってくれました。
ありがとーー!助かります!

こういうとき、やっぱり手術をした病院で聞いてもらわないと・・・って
感じなのかなと思っていたので、こうして近くの病院でフォローして
いただけると助かります。
こんなことで安心できるんだもんね。
お世話になってる獣医さんは皆さん優しくて有り難いです。
ご飯は一度にたくさんやらずに少しずつにしたほうが良いと
アドバイスをいただきました。
薬で胃腸が弱るのは人間も同じだもんね。

夜になって、食前に吐き気止め、食中に胃薬を飲ませてドキドキ
しながら夜更けを待ちます。
その間、らんはケージにおとなしく、オシッコのときにはちょこちょこ
歩いて廊下に行って。
普通にしてるんだけど、よく見てるとちょっと震えてる。
発症した頃に震えてたのと同じなので慌てる。
まだ痛いの?寒いの?どうなの?と聞いてもわからん(悲)
でも、おとなしく寝ようとしてるのでだいじょうぶなのかなあ。。。


12月29日(月) 術後10日目

あいかわらずご飯は半分にして薬を飲んで。
動きとかは変わらず。
ただ、抱き上げようとすると唸るんですよね。
やっぱり痛いのか。。。
わしゃ歩けるわい!つーてんのか。
ま、大手術なんだから痛みはあるはずだし。
表面の傷口はもちろん、中の背骨も痛むよね。気長に見守らなくちゃ。
ミニチュアの大きさで5センチの傷って人間に換算したら50センチくらい?
ぎゃーーー!そりゃ痛いわ。震えもするよ。

と、あらためて思うのでした。
でも、震えだけは心配。
[PR]
by june-sky | 2010-12-03 17:21 | 犬のこと
<< 祝!初日 犬のヘルニア ~ 術後7日目 >>