ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

犬のヘルニア ~ 術後3日目&5日目

とりあえず、まだまだ続きます>犬ブログw
その合間に家の改修のこともあり、まだまだワタシには
たくさんのミッションが残ってます。
が、来月のGOD幕開けがいまのワタシの最大の楽しみ。
それまではがんばるよ。
こーちゃんもタイヘンだろうけどがんばってー!(同じレベルかw)

さて、前回大事なことを書き忘れました(すでに追記済み)。
らんたろーの手術では、背中の切り口が5センチ、背骨には
5ミリの穴を開け、そこから椎間板を取り除く作業したそうです。
すごい職人技だ。
5センチの背中の傷は小さい方なのかな。

ネットでいろいろ調べると、やっぱり神経系の治療を得意とする
病院を選ぶことが大事なんですね。
それと迅速な受診。



うちは最初、「元気がない」「震える」くらいの兆候しかなかったの
ですが、その症状が出て翌朝に受診。
ステロイド注射でいったん治まるも、やっぱり注射から3日後には
同じ状態になって、様子見の2日間はそのまま。
ゆっくりでも歩けてたし、シッポもブンブン振ってるし。
でも、その後の進行は早かったです。
注射から5日後(発症から7日目)の夜に急に後ろ足がふらつく
ようになって、翌朝に抱きかかえたらウーーッと唸ってました。
かなり痛みが強くなったんですね。
でも、まだシッポは振れてるし、ふらつきながらも立っていて
1~2歩は歩いて座り込む感じでした。
うちはこの時点でMRIを撮りに走ったわけです。

でも、最初になんとなく変だと飼い主が気づいてから、すぐに
もっと劇的に症状が悪化する場合もあるようで。
そうなるとワタシももっと慌ててただろうなあ。
ふらついたり腰が抜けてぺたんと座っただけでも見てるのが
辛かったし。
今後、もし再発してもそのときには慌てないように、日々、
心がけて暮らしていかないといけませんね。
とりあえず、いまお世話になってる病院へ駆け込めばいいと
思うので、その点はちょっと余裕ができるかも。
手術終わったばかりで再発なんて考えたくはないけれど。。。

さて、前回の続きです。

11/22(月) 術後3日目
飛び石3連休の狭間の平日。用事があって仕事は休み。
夕方4時に病院へ。
この日はあまり混んでなかったので、受付のスタッフさんが
すぐに連れてきてくれて待合室でご対面。
とりあえず、ガーーーっとしがみついてきてワタシの顔を
レロレロレロ。
あいかわらず元気そうだ。
でも、抱っこしててもヒュンヒュンとかクークーとか鳴いて
あちこちあたりを見回して落ち着きがない。
下ろしてほしいのかと思って、ソファや床に下ろしてみたけど
やっぱりなんだか落ち着かない。
奥の部屋の方(自分が居た場所?)を気にしたり、クンクン
そこらを嗅ぎ回ったり、外を見たり。
で、時々思い出したようにワタシの顔を舐めに来る。
どしたのかなーー。

下に下ろすと、立ってはいるんだろうけど(短足なので
立ってるのか座ってるのかよくわからん)
ちょっと歩こうとしても足がもつれてヨロヨロしてる。
だいじょうぶーーー?ちょっと心配。

連れてきてくれたスタッフに様子を聞くと
「もう何か気づいたのか、(連れに行く前から)ソワソワ
してましたよー。
ケージを開けたら飛び出してきて、先生も『元気やなあ』と
言ってました(笑)
最初の2~3日はおとなしくしてましたけど、今は慣れて
くれてます。元気で良い子にしてますよ。
点滴の針ももう必要ないのでこれから外します。」とのこと。

うんうん。彼女に手渡したときもためらわずに抱かれに
いっちゃったもんねぇ(寂しいやら安心するやら)
でも、バイバイだとわかると必死で暴れてワンワンゆーて
後追いしようとしてましたが。
やっぱカワイイやつ(笑)
ま、ご飯も食べてるらしいし、とりあえずは安心なのかな。
んで、術後2~3日は点滴で抗生剤を入れてるんですね。
腕に包帯巻いてたから、そこに針を確保してるのかな。
ほんとに人間と同じだね。

ってな感じで帰ってきましたが、よくよく考えてみると
あの落ち着きのなさはもしかして痛むからじゃないのかと
急に不安に(汗)
人間なら「お願い!痛み止めを!」と言えるけど、犬にしたら
「ナニ?痛いんですけど。ボクどうなってんの?」って感じで
ヒュンヒュンクウクウ言ってたんじゃないのかなあ。
人間でも切った当日は麻酔が切れるにつれて眠れないほど
痛むことがあるし。
やーーん、ごめんねー!気づいてあげられなくて(涙)

と、勝手に決めつけてちょっと落ちこむワタシ。
まだまだ心配はつきません。


11/24(水) 術後5日目
どうしてるかと心配だったけど、あまり行って興奮させてもと
1日おいて仕事帰りに面会に。
この日は診察室でイケメン獣医師立ち会いの下でした。
緊張する(笑)

呼ばれて入ると、コートやバッグを置く間もなく飛びついてくる
らんたろー。
あー、ほんとに元気だ!
そしてこの前よりも立ち方がしっかりしてる。
しっかり足で立ってるよ!
やーーん、ヨカッターーー!

そして、また興奮するらんをなだめながらの質疑応答。

Q「ちゃんと歩けてますか?オシッコもで出来てますか?」
A「歩いてますし、オシッコも自分で出来てます」
Q「(恐る恐る)後遺症みたいなものはないんですか?」
A「いまのところその可能性はありません(キッパリ)」
Q「(ヨカッターーー!)じゃ、リハビリの必要は?」
A「それも必要ないですね」
Q「(ヤッターーーー!)退院はいつ頃ですか?」
A「週末くらいにと考えてます。
帰ったらしばらくは安静にしてください」

あー、なんかほんっとに安心したよ。
帰ってきたらリハビリがんばらなきゃとか、それでも
歩けなかったら車椅子を買ってあげようとかって
いろんな事態を想定して覚悟をしてたからね。
そんな姿を見てるのが辛いだろうなあと、想像しただけで
ちょっと泣けてきたりもして。。。
でも、手術が決まってから初めてワタシもやっと一息つけました。
そしたら途端に食欲も出てきちゃって(汗)
ここしばらくポッチャリ気味だから、このままダイエットしたら
良いわぁと思ってたのに。そこは残念。あは。

こんなに長く家を空けるのも初めてなので、帰ってきても
よその犬みたいになったらどうしようっていう訳のわからない
不安もちょっとありますがw、退院が楽しみ。
イケメン先生には「人なつこいですねぇ」って言われたけど
本来は警戒心が強くてなかなか人には懐かないんですよ。
やっぱり頼る人はこのひとって思ってるのかな。
ま、飼い主に似てただのイケメン好きか(男同士だけど)(笑)
[PR]
by june-sky | 2010-11-26 17:07 | 犬のこと
<< ただいまーー! 犬のヘルニア ~ 手術&術後1日目 >>