ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

キタ!「テンペスト」

と言っても一昨日の情報ですが(汗)
「テンペスト」のポスターが公開されましたね。

サンスポ

あらまあきらびやか。
3人とも頭がいろんな意味ですごいけど、とくに生瀬さんがタイヘンな
ことになってます。ハッデー(笑)
耕史くんもなんだろ、あれ。もこってなってるのは髪?帽子?
まー、なんたって耕史くんはメイク映えしますね。
ヘドでも証明済みだけど、今回もキレイ!
とりあえず見た瞬間は「ヅカ?」って(笑)
ヅカの男役の人みたい。
仲間さんは紅型調のお着物がとってもお似合いであいかわらずお奇麗。

こうやってビジュアルが出ると途端にテンション上がるワタシ。
まあ、いつものことですけど(笑)

朝ズバでもスポーツ紙の記事が紹介されて、仲間さんのコメントが
流れました。



ポスター撮りの衣裳のままで「楽しみにしてください」的なVTRで
そのあと映像だけでも耕史くんが登場しないかと期待したけどそれで
おしまい。
でもまた近づけば、朝ズバとブランチあたりで宣伝してくれそう。

余談ですが「テンペスト」の発音は「テン」にアクセントが来るのかな?
みのさんのアシスタントはそう言ってました。
ワタシは「テンペスト」って平板に発音するんだと思ってた。
これは関西弁か(汗)

で、この公式TOPのババーーーーン!っていう写真見ても期待が高まります。

「テンペスト」 公式サイト

共演者は実力も人気者もある人たちで話題性もあるし、聞けば
総出演者35名っていうし、大がかりな舞台美術も見れそうだし、
宣伝も派手そうだし、原作はあるけど舞台化は初めてだし。
やっぱり今までの耕史くん出演舞台にない雰囲気の作品ですよね。
王道っちゅーかベタっちゅーか。
おまけにコスプレで琉球ロマネスクだしファンタジーっぽそうだし。

なーんか、ワタシが耕史くんに「新感線」に出て欲しいと願ってた、
出れば叶うと思ってたいろんな夢がちょっと実現しそうな気がする。

・舞台巧者の中の耕史くんが見れる。
・コスプレ耕史が堪能できる。しかも和装。
・もしかして生の殺陣も見れる?
・仲間ちゃんとはベタベタのロマンス!(妄想)
・作品に物語性がある。その物語に引き込まれるかも。

もちろん新感線の作風とかキャストとかとは全然違うだろうけども
でもやっぱり今までにない耕史くんが見れそうだ。
って、もちろん原作を読みもせず妄想で言ってますが(汗)

今まで見た耕史くんの作品はミュージカルだったし、とにかく
曲が良いから作品が好き!とか、耕史くんの演じるキャラが魅力的!とか
耕史くんの歌に感動した!とかいう要素が大きくて。
それはミュージカル好きにはたまらないし、歌があるから何度も見たいと
思うのも確かだけど、人間贅沢なもんで(汗)
たまには違うのも見たいってことですね。許せ(笑)

とりあえず公式で予習しました。

耕史くん演じる浅倉雅博は
「薩摩藩の武士。赴任して間もない琉球の在番
(いまでいう外交 武官)を任じられている。
偶然出会った琉球の官吏、孫寧温と親友になる。
その後、真鶴を寧温と知らずに恋に落ちるが・・・。」

武官っていうのは「国家ないし君主から官吏たる軍人(中世では
貴族、武士など)に任じられた者ないしその軍人の官職をいう」
らしい。
一般の国民から徴兵された者ではなく、生まれついての貴族や
武士のお家柄なんだね。
あら、こーちゃんたらおぼっちゃま役。ピッタリーー(笑)

そして、仲間さんが二役演じる男性役のほうの孫さんとは
親友のくせに、女性役の真鶴の正体も見やぶれず恋に落ちちゃう。
浅倉さんてば、なんてうっかりさん(笑)

仲間さんは女性だけど、父親の思いを継ぎ、男になりすまし
琉球の諸問題を解決するエリート官僚として生きる・真鶴/孫寧温

生瀬さんは琉球の王族神・聞得大君/真牛
寧温と浅倉に失脚させられるが占い師となって二人をつけ回す。
神で占い師か。だからあの頭。ナットク!

西岡徳馬さんは清国の宦官。寧温の正体を見破り脅迫する・徐丁垓
福士くんは真鶴の義兄・孫嗣勇
安田顕さんは寧温のライバルで良き理解者・喜舎馬朝薫

なんだかキャスト紹介だけでも、いろんな人物の思惑やら
欲望やらが絡み合ってきそうで面白そう。
演出も脚本も期待できますよね。

「GODSPELL」が終わっても寂しくなさそうでウレシイな。
あ、そのまえにお正月時代劇!
7時間。がんばりますとも!レコーダーが(笑)
あれやらこれやら他にもいろいろ「へぇぇ!(嬉)」と思う
情報が入ってきます。
京都に居るとか居ないとか。
どこに居るのかしらね。ちょっと覗きに行きたい(笑)
[PR]
by june-sky | 2010-08-12 16:42 | 山本耕史
<< お盆 ガックリ >>