ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

極楽&「mother」第3話

整体に行ってきました!
ずーーっと昔から肩こりがひどくて、こってるのがあたりまえで
ひどくなったら息ができないくらい背中が痛んだり頭痛がしたり。
ツライのよねぇ。

しばらくマッサージとかも受けてなくて凝りもピークになったので
自分に優しくするためにw、良さそうなところを探してみました。
そしたら、なんと家の近所、車で5分のところに女性がひとりで
やってるところがありまして。
街中の人気のサロンとかのほうが良いんじゃないのかなあと
おそるおそる予約して行ってみたら、これが大正解!

お店の雰囲気とか整体師さんの人柄とかマッサージの力の強さ
とか、すべてワタシにはぴったり。
何事も相性って大事よねーー。

整体といっても、まずはバスオイルで足湯をして、ホットストーンで
身体を温めながら、リフレクソロジーによる足裏マッサージから
始まります。
丸くて平べったい石を何個も温めて、それを身体の脇や首の後ろに
敷いて寝てると岩盤浴みたいに身体が温まるのです。
ホカホカになりながら頭から足の先まで揉みほぐされて、もう
ほんとに身体がグニャグニャになってとろけそうになりました。

凝りも感じなくなって、肩が軽くなった感じ。ウレシイ!
書きたいことはたくさんあるけど、今はパソコンもほどほどにしなきゃ。
もったいないし(笑)

ってことで、さっきから「mother」一気見ちうです。



3話の田中裕子さんと松雪さんの長いシーンに感服です。
田中さんの、言葉もなく表情だけであれだけの演技が素晴らしい。
息もつけないくらい見入ってしまいました。
あの母子もその母子も、いろんな母子の関係が描かれて
そのどの母子も行く末が気がかりで。

子供を虐待していて、その子供が自殺をしたかもしれないと
その現実に怯える母親の姿も衝撃的でした。
子供を捨て、その子供が目の前で母への想いを、恨みを語る。
その言葉をどんな思いで聞いていたのか。
そして、捨てられた光景をそんな風にずっと覚えていて
ずっと生きてきた奈緒の思いは。。。

「無償の愛とは子供が親を愛する気持ち」と奈緒は言います。
ああ、そうかも。
自分の親への気持ちを思うとほんとにそうだなあと思う。
何があってもゼッタイに捨てられない愛だなあと。
でも、親が子供を愛するのも「無償の愛」ではないのかなと。
それは親ではないワタシには実感としてわからないけど
自分の親を見ていたら、子供への愛も無償の愛だと思えるし。
どうなのかなあ。

と、入り込んで見てたら急に耕史くんが出てきてビックリ。
あー、出てたんだ。忘れてたよ(汗)みたいな(笑)
ドラマの緊迫感から救われて一瞬さわやかな風が吹きます。
ワタシの心の中でw

普通のカッコの耕史くんがステキ。
スーツでもなく昭和でもなくコスプレでもなくw

さ、あと4話と5話。
いよいよ悪い藤吉くんが見られるのかな。ワクワク。
[PR]
by june-sky | 2010-05-15 23:59 | 日々のあれこれ
<< 「mother」 第4&5話 スタパに慎吾ちゃんが! >>