ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」大楽 in 彦根~カテコ編

「L5Y 2010」が終わりました。
大きなアクシデントもなく、無事にこの日を迎えられてホントに
ヨカッタ。
いつもそうだけど、最後を見届けた日はもう二度と同じステージは
見られないという寂しさと、見てるだけなのになぜか
やりきった感(笑)といろいろな思いが交錯します。
「L5Y」チームもワタシたちも、ホントお疲れさま!

今日の大楽公演。
村川さんには全編、最後だから全力で!という意気込みが
感じられました。
この作品への情熱がほとばしってました。
キャシーが熱いよ!(笑)
初めてのミュージカル、しかも二人芝居という大きな負担の
かかる作品で立派にその役割を果たされた村川さん。
素敵なキャシーでした。お疲れさま。ありがとー!

前嶋さんはじめバンドの方々は、前楽のマイクトラブルへの
対処みたいに、いつ、どんなときもきっちりした仕事ぶりで
ますます惚れ直しました。
仕事のできるオトコってステキ。

そしてわれらがこーちゃん。



今日も軽やかにステップ踏んで生き生きとジェイミーになってました。
前楽も大楽もほんとに力一杯。
以前より高音がきつそうかなと思う部分はあったけど、それでも
緩急自在でまるで台詞のような耕史くんの歌はやっぱりスゴイ。
シュムールとNobody~とIf I Didn't~と
「かえーーるからーー」と「グッバーーーーーーーーイ」は
もうたまらなく好き。ずっと聴いていたい。
声が好き、歌が好き、顔が好き(あ)←まあ、大楽のご祝儀と
いうことで(笑)

そんなひこにゃんの街での(こーちゃんのパクリ)公演のカテコ
レポです。

1度目のカテコでもうスタンディング。さすが大楽。
盛り上がります。いぇい!

2度目のカテコは中央で何度もお辞儀後、上手にハケる間際に
村川さんがはっきりと大きな声で「ありがとうございました!」と。
続いて耕史くんも「ありがとうございました!」

もちろん3度目も出てきます。
そして耕史くんのご挨拶(こんなような感じと言うことで)

「これですべての公演が終了しました。
ひこにゃんの街、彦根で最後を迎えることができました(笑)
素敵なお客さんのおかげでこんな素敵な作品ができたと思います。」

村川さん
「この役に出会えて幸せで、キャシーとお別れするのが寂しいです。
最後はこうして温かい皆さんの前で終わることができて幸せです。
またキャシーと出会えたらいいなと思います。」
村川さん、やりきった感でいっぱい。
急に幼くなったような表情でカワイイ。

そして耕史くんが締め。
「ボクは3度目なんですけど、絵梨ちゃんは初めてで、でも
ボクもいつも初めてのつもりで作品を作っています。
こうして来てくださるお客さんも初めてで、何度目かの方も
今日の公演は初めてで
(またトークの迷走が始まるかと思ったら)
足を運ばないと見れない、そういうところがステージの
良いところだと思います。」
(とかんとか上手くまとめましたw)

途中、ちょっと噛んじゃって
「ちょっと噛んだところはスルーしてください。
よく噛むんですよ。台詞は噛まないのに。ははは。」的な(笑)

二人とも何度も何度も「ありがとうございました!」とお礼を
言ってくれて、客席はそれに応えて盛大な拍手をし続け、温かい
雰囲気の大楽カテコでした。
こちらこそ素敵な作品をありがとー!
大楽ツボなど、また書きます。
おやすみ!ひこにゃん
[PR]
by june-sky | 2010-04-25 23:59 | L5Y 2010
<< 「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」... 「ラスト・ファイヴ・イヤーズ」... >>