ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

年越しはクラシック王子

小雪がちらつく中、元旦早々、窓全開でガラス窓拭きをしてたjuneです。
さっぶーーー。
今年もどうぞよろしくお願いします。

いつもはスマライブ流して掃除するんだけど、今日はジルベスター
コンサート流しながら。
一気に高貴な(byこーちゃん)雰囲気になりました(笑)

映画音楽とか知ってる曲が多くて意外と楽しくて、耕史くんと同じく
「ジュピター」終わりのカウントダウンはちょっと感動しました。
スゴかったーーー!



耕史くんはステキなお衣装で、去年と今年でまさかのお着替えもあり
もうなんていうかフォーマル着せたら日本一!
(お正月なので言わせてー)
あんな良いオトコを年越しで見れるなんてねぇ。
ほんとに目の保養ができました。かっこよかったーー!

最初のシルバーの衣装もスッキリ爽やかでステキだったし、後のも
黒と茶というのがいちだんと貴族ぽくて良い感じ。
仕草も立ち姿もなんだかドリアンぽくて、もしかして本人もいろんな
引き出しの中から「今日はドリアンで」って感じかも(笑)

間が空くのが嫌なのか、言わないでもいいことをついつい言っちゃい
そうで、それをハラハラして見るのもいつものことだけど、
でも、根っこのところで耕史くんの人柄の良さというか、悪気のなさが
ちゃんと伝わっていて変なことにならなさそうな気がして、最近は
ちょっと安心してます。
JAMのMCぶりを見てるからね。

ちゅーか、あの会場におられるクラッシックファンの人たちが
大人なのか。
「若干浮かれすぎですよ」なんて言葉にも笑ってくださって、やっぱ
あの眼鏡の方も大人だ(笑)
ちょっと変てこなこと言ってても笑いが起こってたり、なんとなく暖かく
見守ってくださってるような、そんな雰囲気を感じました。
「(地球は)青いとは聞いてましたけど、かなり青いですね」はちょっと
どうかと思いましたが(笑)

大江アナが時々耕史くんにあちらへ・・・みたいにアシストしてくれたり
頼りになるおねーさんみたいで、ほんとにウチのこーじがお世話に
なりましたとお礼を言いたい気分です。
良いものを見せてもらいました。

そして、今日は磐音さん。
見応えありました。プレマップ見て予感したとおりに面白かった。
その感想は明日にでも。
[PR]
by june-sky | 2010-01-01 23:59 | 山本耕史
<< 正月時代劇 陽炎の辻SP 「海の母」 良いお年をー! >>