ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

Hedwig in 大阪~ツボ編

ヘドウィグとの再会からはや3日。
まだまだ夢見心地で余韻に浸ってるわけですが、彼の人は
金比羅さんで撮影があったんですねぇ。オリコンニュース

ヘドウィグから一夜にして江戸時代の豪商の若旦那へ。
すごいギャップだー!
これについてくのはファンもタイヘン。でも楽しいー!

で、ワタシはまだまだヘドウィグです。

ネタバレ満載のツボ編いきます!




今回、初演・再演との違いをいちばん感じたのはヘドの台詞の
スピードです。
前と比べるとずいぶんテンポアップしてるような。
今度のヘドは流れるようによどみなくしゃべります。
ステージ用にわかりやすくはっきりしゃべるとかじゃなくて
まさしくヘドウィグ本人が自分の生い立ちなんかを自分の言葉で
そこで普通にしゃべってる。
そんな感じがしました。
それがヘドウィグのライブパフォーマンスだもんね。

だから時々は、噛むし、「てにをは」が違うし、言い間違えるし。
そういうのもすごく自然。
微妙なギャグは間をあけずにさっさと流すし、だから前みたいに
変な間もあかない。
客の様子を見てうまく絡んだり、反応を拾ったりそういうのも
不自然でなくちゃんとできてたなあっていう印象でした。
こーちゃん、成長した!(笑)
1年半でずいぶん研究したんじゃないかなあと思いました。

って、冷静に書いてますが、まあ見てる最中はぼーーっとしてて
他の部分ではそんなにはっきり違いとかわからないんですよね。
とにかくLEDなんてまったく目に入ってません(汗)
なんか変わってましたっけ(大汗)


そんなワタシのツボ語り、抜けまくりですが箇条書きで。

・今回は衣装が変わるかもって聞いてたので登場からドキドキー!
始まる前からテンションマックスでイツァークの指さす方をガン見。
キターーーーーーーっ!
見慣れた金髪巻き髪ににド派手なマント。
しかーーっし!その顔にはでっかい縁がピンクのグラサンが!
きゃーーー!カワイイっ!
きゃーーー!ひさしぶりーーーーっ!

↑ ああ、ウルサイ。落ち着け!>ワタシ(笑)

・素敵なサングラスでおしゃれ度アップしたヘドねーさんは
よく見ると鬘も綺麗になったような。
祝!バージョンアップ!

・上手中程の扉から登場して、あたりを睥睨して恐れ多そうな
オーラを振りまきつつ、通路をしずしずと歩くねーさん。
もちろん客席は拍手と歓声の嵐です。
その中を顎をつんとあげて歩くこーじヘド。
待ってたよーーー!

・そしてステージ中央でババーーン!とマントを開けると・・・
きゃーーーーーーっ!カワイイーーーーー!
黒にピンクのラメラメワンピだわよっ(嬉)
黒ワンピに斜めにピンクが入ってるんだけど、ワンピの裾にも腕にも
ブーツにもピンクのフリンジやらひらひらやらポンポンやらが
ついててもうカワイイのなんのって!
その上に羽織った短いジージャンには缶バッチやらワッペンやら
イーーパイついててこれまたもうカワイイのなんのって!
あー、あんなの欲しい!

そんでもってその上にはいろんな柄の布(星条旗だけ覚えてる)を
接ぎ合わせたみたいな布をショールみたいに肩にかけて。
それがもうカワ(以下略)
ほんとにおしゃれなの。
メイクも綺麗になってたわぁ。テクが上がった?(笑)

・そして「Tear Me Down」でいきなりパワー全開。
声、ヨシ!顔、ヨシ!ビジュアル、ヨシ!
ちゅーか、ものすご綺麗でカッコイイんですけどーー!
痩せたからかな?
足なんかほっそいし、頬はこけてるし(後で間近で見たらチークの
せいかなと思いましたが)、なんかすっごい綺麗。
女っぷりが上がったねー!

・ヘドちゃんの歌声はよりパワフルに、アンコールで歌うような
ちょっとアレンジした風な歌い方もしてて、よりライブ感もアップ!

・「Tear Me Down」が終わってもまだ立ちっぱな客席。
しゃべり始めたヘドちゃん途中で
「ずっと立ちっぱなしでいいの?ワタシ結構しゃべるわよ」と
年寄りにもやさしい気遣いを。ありがとーありがとー(笑)
立ったままでもいい気分だったけど、ま、とりあえず座ろうっと。
これで夜通ししゃべっててもいいわよ!(そうもいかない)

・「さぁ、皆さん。毛皮の時間ですよぉ♪」←激カワ!

・「ワタシの叔母のトゥルーディーですけどぉ」←柳原かなこ風。

・「どう?みなさん、ヘドウィグのファンになってくれたぁ?」
↑もっと甘えて(笑)

・カテコでも「Sugar~」の前に「カワイイ曲歌おうかな(うふ♪←これは妄想)」
みたいなカワイイこと言ってた!

ほんとにしゃべり方が可愛くて女っぽいんだよねーー!

・その反動か、マイナス方向の気持ちも一段と強く表れてたようで。
悲しさ、せつなさ、みじめさ、怒りなんかがね。
「母がシャワールームで彫刻を作ってる間」なんていう台詞は
いままでそんなに引っかからなかったけど、今回はすぐに
「あ、いかがわしい仕事の一環ね」とピンと来たし。
ヘドの子供時代の鬱憤を吐き出すような口調に思えたので。

・そういう感情の揺さぶりの大きさのせいか、終盤の「Hedwig’s Lament」の
悲壮感は増し、「Exquisite Corpse」での怒りの爆発は凄まじかった。
そして、最後の「Midnight Radio」まで。
息つく間もない、何も考えられないくらい衝撃的。
これはまだ言葉にできません。

・なので、お気楽に物まねネタ
「シツレイしちゃうわ」を低く粘っこく言ってるんだけど、最初は
ピンと来ず。
ウケないので、もう一、二度「シツレイしちゃうわ」を繰り返す
ヘドちゃん@練習中?
なんかブツブツ反省しながらゆーとりましたわw
正解は美川憲一(ピンポーーン!)
あ?もしかしたら美川さんの真似してるコロッケだったかも(JAMの影響)

・ものすっごい気持ち悪いルーサーは前と同じようにタクちゃんが。
ヘドとルーサーの出会い、グミベアをばらまきながら教会から逃げ出し
そしてそこへ戻るシーン。
ヘドの軽快な語りにテンポの良いBGMがつきました。
ヘドの台詞に掛け合うような感じですっごい良い感じです。
ますますヘドは早口になり、ひとり芝居にアクセントがついて、
このシーンがますます可愛く楽しくなりました。

・そして「Sugar Daddy」。再び客席が立ちます。間奏では
「赤やら黄色やらグリーンのグミも居るわ」「ナイスキャッチぃ!」
みたいにきゃーきゃーした感じのヘドがカワユス。

・「絶対的な権力は絶対的に堕落する!」のとき、イツァークも前より
いっそうノリノリで歌い踊ってる。
やりすぎて可笑しくなったのか、笑うタクちゃん。
ヘドもそれ見て「なに笑ってんのよ」みたいにつっこんでました。

・ヘドウィグの母さんはタクちゃんではなくて耕史くんのひとり芝居。
この方が良い!
これは再演時のアクシデントの置き土産か(笑)

・母さんの静止顔は「アイーン」顔。

・「Angry Inch」でみたび立つ。ノリノリーーー!
ど迫力のヘド&イツァークが素晴らしい。

・ああ、聴きたかったよ!「Origin Of Love」

・あ!ヘドのブタ鼻がなくなってた!

・「Wig In A Box」キターーーー!
On nights like this~♪の歌い出しに痺れる。
やっぱりここはじーんとくるね。大好き!
初日だからか、客席の手拍子がバラバラ。ちょっと困った(汗)

・デスマスクは初演時と同じように無差別に投げてました。
4~5列目のセンターあたり?
ワタシは今回もきっと貰えないだろうな(寂)
なんせ、前に座ってもグミさえもらったことないのだ。とろすぎるー!(笑)

・バンド紹介のときの「あんた何!その髪型!アタシ、そんな勇気ないわ」
というヘドのツッコミで初めて気づくモヒカンのひと←見えてなさすぎ(汗)

NAOさん、どーしちゃったのーーー!(笑)
大ちゃんパーマは最初に気づいて結構笑えた(シツレイ)

・クリスタル・ナハトが歌ってる間、客席をうろつくヘドちゃん。
真ん中の通路まで出張して、愛内さん見つけてちょっかい出したり
拳を上げてノリノリのお客さんの後ろで気づかれないように真似してたり。
なんかすごい楽しそう。
今までの酔いどれ演技も良いけど、こっちも良いね。

・タクちゃんの「ギターーーー!」は相変わらずオコトマエ。

・「I will always love you~♪」はもうもうもう!
素晴らしいの一言です。

・トミーの眉毛カットするヘドのスローモーション芝居。
ヘドがトミーの眉を整え、トミーがギターをかき鳴らして歌う。
ここ、一段と表情豊かになってふたりの演じ分けがはっきりしてて
ほんとにヘドとトミーがそこに居るみたいだった。
感情が溢れるのが見えた!(大げさでなく)
すごくキレイなヘドの笑顔が見れて、こっちまで幸せになれる。

・黒ワンピでどーやってパンツに手を突っ込むのか?というワタシの
下世話な心配をよそに、ヘドはスカートめくって手を入れてました。
みんな心配してたよね?(笑)

・「The Long Grift」ではあいかわらず固く固くイツァークの手を握り
指をからめて泣くヘドちゃん。
そんなヘドを曲が終わって、ステージ中央に押し出すイツァークは
オトコマエだわ~。
毅然とした表情がカッコイイ!

・そして怒濤の「Hedwig's Lament」 「Exquisite Corpse」。
このエネルギー、気迫、こちらも身を引き裂かれるようなヘドウィグの
怒りや悲しみに圧倒される。
ほんとにうまく言えないけど。

・トミーが歌う「Wicked Little Town」
このせつない歌声も表情もたまりません。
裸のこーちゃんオットコマエ(笑)

・ラストの「Midnight Radio」は1年半のブランクもなんのその。
すくっと自然に手が上がりました。
魂に訴えかけられた気がしました。


後半はしょりましたが、待ちに待った大阪公演、テンション高めでウザくて
すいません(汗)
ここ2ヶ月ほど、気持ちの上がらない日々だったけど、また前と同じように
楽しめる!と確認できて個人的に嬉しかったこともあり。。。
ま、ウザ熱いのは今に始まったことじゃないけど(笑)

東京は4公演見る予定です。
ヘド三昧の日々が楽しみーーーー!!!
[PR]
by june-sky | 2009-11-30 16:15 | Hedwig 2009
<< FNSで師走を感じる Hedwig in 大阪~カテコ編 >>