ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

Hedwig in 大阪~カテコ編

そして、カテコです。

いつものように黒パンいっちょで出てきた耕史くん。
「ちょっと着ていいですか?」と短いカワイイジージャンを羽織るも
腕がうまく入らずタクちゃんに助けてもらう。
タクちゃん、面倒かけます。
そんな感じでこれからもこーじをよろしくお願いします(笑)
ま、せっかく羽織ったジージャンも短すぎてお腹もおへそも丸出し。
寒そうだった。けど可愛かった(笑)

ふたりともが言ってくれたのが「お久しぶりです!」の言葉でした。
うんうん、久しぶりーーー!

そして、いつも何か良いこと言おうとしてグダグダになって「ま、いいや」で
終わるのがこーじ流ですが、今回はしゃべりましたよ。
この1年半でじっくり考えたんでしょうか(笑)

1年半かけて大阪にやってきたタクちゃんは
「大阪に来るまで長い時間がかかりました。」と少し頭を下げました。
「大阪の皆さんにお会いできてウレシイです」とも。
タクちゃんもこーちゃんもみんなも傷ついた。
その傷がこの日この大阪公演への思いをおたがいに確認できたことでで
癒えたらいいな、救われたらいいなと思います。

大阪公演が終わったお礼のメッセージもヘド公式にアップされてますね。



「まさに会場が一体となった」
うん、そんな気がした大阪公演でした。
「深みを増しながらも、ちょっぴりキュートになったヘドウィグ」
これもほんとそのとおり!
これもステキなメッセージですね。スタッフ、センスあるぅ!

このサイトの耕史くんからのメッセージもカッコイイですよね。

ヘドウィグとは、愛の明暗、表と裏をさ迷い、凄いスピードと
情熱でそれを駆け抜ける。
まるで僕達の様だ。
僕はヘドウィグを演じながら客席から吹き上げるエネルギーを
常に感じていました。
そしてある時、僕はある事に気が付きました。
ヘドウィグは客席に存在し、ヘドウィグは観客一人一人の中にある、と。

あー、ウマイこと言うなあ。自分で考えたん?(シツレイな)
こーちゃんエライ!(笑)


で、カテコレポです。

もうこっちも興奮してて夢心地で何が何やらわからないけど
とにかくこれは覚えておかなくちゃと思った言葉がふたつありました。
ひとつめは・・・

FACEという小さなところから始まって、そのほうがヘドウィグらしい
かもしれないけど、こんな大きなホールでも無限にできる。
それはヘドウィグの存在がみなさんに通じるものがあるから・・・
というような言葉の後に言った
「ボクは、みなさんを、演じたつもりです」。

その、ちょっと決め台詞的な得意そうな感じに「お!」と思ってたら
こーちゃんてば自分で照れちゃったのか、「そんなことはないですか」と
笑いに持って行きました。
ちょっと感動したのに(笑)

そして二つ目は、その後に若干、台詞口調で言い始めた言葉。
「愛するということは、時にとっても苦しく時にとっても救われる」。
この言葉にまたジーーンとくるワタシ。
もうナレーションキングにはころっとやられちゃう(笑)
まさにヘドウィグの人生を表す言葉です。

愛の明暗、表と裏をさ迷い、凄いスピードと情熱でそれを駆け抜けるヘドウィグ。
苦しみであり救いである愛がヘドウィグの愛。
耕史くんは「そんなヘドウィグのメッセージが大好きです」と。
「ヘドウィグとして、また皆さんの前に立てることを誇りに思います」
とも言ってました。

とにかく、耕史くんはヘドウィグのことをそんなふうに理解し、そんなにも
大切に思ってる。
ヘドウィグを演じること、ヘドウィグになれることが耕史くんにとっても
大事なことなんだ、と伝えてくれたように思います。
うん、いつまでもヘドで居てほしい!

あともっといろいろ話してたけど、もうほとんど忘れてる(汗)


あとは箇条書きで。

・物まねを随所にちりばめてきてましたが、会場さっぱりわからず。
あまりにもわからないので「文也~」とネタばらししてました。
「似てないんですよねぇ」と言いつつ、何度もやることの意味はどこに?(笑)
ま、マイブームなだけなんでしょうね。アハ。

・アンコール曲は2曲。
お馴染み「Sugar Daddy」と「Angry Inch」。
両方とも大盛り上がりでした。

・「Sugar Daddy」を歌い始めるまえにDJ風に曲紹介。
「それでは今週の第1位 ヘドウィグでSugar Daddy!」(誰?)

・「Angry Inch」の間奏では股間を指さし(掴み?)
「ここに!なんかあるわ、ここに!」とかなんとか叫ぶヘドこーちゃん。
なんかエロ方面も進化した感じ?(笑)

・カテコ2曲とも耕史くんとタクちゃんの絡み具合があいかわらず良い感じ。
パワフルな声の重なり合いとといい、ふたりはほんとに永遠のパートナー。

・「上の方、盛り上がってますかーーー!!!」と2階席にも声をかける
こーちゃん。
そーゆーことも言えるようになったんだ(感心w)

・「Sugar Daddy」が終わって2度目のカテコ、大盛り上がりの客席を見て
「なんならまた頭からやりますか!」「いぇーーーい!」(客席大喜び)
「いやいや・・・・」と言いつつ、「こんなに盛り上がると思わ・な・か・っ・た!」と
ギャル風に言うのが激カワ。

・「Angry Inch」も終わって、これでほんとにバイバイ!って感じで
手を振りながらはけていくとき、こーちゃん急に大きく左右に腕を振ってみる。
客席も真似して大きく左右に。
「ああ、こんな感じかぁ」と笑ってました。終始ご機嫌。

・ヘドは別嬪だし、トミーはカッコイイし、カテコのこーちゃんはオトコマエ。
やっぱ舞台の耕史くんは5割り増しくらいにカッコイイ!

・この日は下手寄りの席だったので、ヘドちゃんもこーちゃんも結構
目の前で見せ場が。カテコの出入りも下手だし。
東京の席、確認しなくちゃ。

さ、どーでもいい話になってきたところでカテコ編おしまい。
本編のネタバレ&ツボ編に続きます。
[PR]
by june-sky | 2009-11-29 01:28 | Hedwig 2009
<< Hedwig in 大阪~ツボ編 大興奮のHedwig in 大... >>