ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

ドリアン・グレイの肖像 8/31 東京楽

東京楽です。
西宮公演も始まるので(嬉)簡単にサクッと。

この日は東京に台風が近づき、しかも夕方に最接近とか。
帰りの新幹線はだいじょうぶかしらとか、でもまあ止まったら
もう1泊して楽の余韻に浸るのも楽しいか、とかなんだかんだ
言いながら向かった三軒茶屋。

いや、帰りよりも今だし!今がもうびしょぬれ!
すごい風と雨にジーンズの膝から下はびしょびしょ。
こんな状態でドリアンなんて(泣)と思ってたら、なんかいつの間にか
乾いて、靴下の替えも持ってて、美味しいランチでお腹もいっぱいで
観る前から楽しくなった楽日でした。幸せ(笑)

この日は2階席センター。
1階席では見えなかったモノがいっぱい見えました。
加納さんの言葉どおり、2階席もかなり楽しい。
センターだとなお楽しー。



くるくると回る舞台は上から見ると、役者がその上で巧く
動いてるなあと思います。
あれ、ちょっと間違えたら踏み外したり不自然な動きになったり
大変だと思うけど、回り舞台の動きも人の動きも巧くできてて面白い。
セットの2階部分も少し見下ろす感じ。
1階席では見上げて見切れていた役者の全身が見える。
耕史ドリアンのスムーズで軽やかな2階への駆け上がりも、身のこなしも
すべて見えます。
どうしても表情が観たいときは双眼鏡を使って。
ドリアンのせつな顔とかドリアンの涙とかドリアンの(ry
でもそれは最低限にして、1度しかない2階席の眺めを楽しみした。

最大の楽しみはなんと言っても、あのドリアンと額縁と後ろの目が
1枚の絵になる瞬間。
あのシーン、2階から見たらどうなるの?って下で見てたら疑問に
思うもんね。

1階席では額縁の中にはドリアンの上半身しか入らなかったけど
この日の席からはドリアンの膝下くらいまで収まってました。
額縁の中心にドリアン。
そして、彼の左上にはあの目が。
大きな目は入り切らなくて額縁の左上の角に目の玉が3分の1くらい
かかってる感じ。
あ、キタ!収まるところにちゃんと収まった。

その目は赤くなったり、ギロっとドリアンを見下ろして睨んだり。
ほんとにドリアンを見てるんだよ。
目が生きてるんだよ。
その目の表情の豊かさに驚きました。

あの目は肖像画の目で、いつもああやってドリアンを見てるんだと
思うと、なんだか怖い。
肖像画がドリアンの代わりに醜くなっていく。
ドリアンの心を醜さに映していくのと同時にドリアンの魂を吸い取っていく。
そんな風に実感できた感じ。
あの真っ黒に塗った肖像画とあの額縁と目の演出がとても良い。
スズカツさん、GJ!

3人でシビルのお芝居を見にいくシーンもよく見えました。
シビルの棒演技に3人の表情がどんどん変わっていく。
ヘンリー卿は吹き出し、バジルは気まずそうで、そしてドリアンは
失望し醒めていく。
照明が当たる3人の表情が見物です。

あ、このシーンの前の暗転で。
仮面をかぶった召使いたちが椅子を2階に運ぶんだけど、それが
ピシッと揃っていてとってもキレイ。
暗い中で椅子が同じ高さで同じ速さで一直線に揃って運ばれてくる。
こういうピシッとピタッと決まるとこが面白くて好き。

耕史くんの素晴らしい死体(クタッとしてて気配がない)も、その顔まで
ちゃんと見えます。
死に顔も美しいです。

そして、楽だけあって役者さんたちそれぞれの見せ場が熱い!
殺す方も殺される方も、捨てる方も捨てられる方もどちらも熱くて
またそれが相乗効果でますます濃い芝居になってるのがわかる。
殺すドリアンの静かな狂気も、殺されるバジルの最期の絶叫も
この日は鳥肌が立つくらい凄まじかった。

その熱さのせいなのか、この日は観ていていちばん緊張しました。
いつの間にか身体中に力が入って、そして息を詰めて観てたので
終わったらグッタリ。
もしかしてワタシも舞台に居た?(居ません)
でも、それくらいツカレタ。
舞台からの距離はイチバン遠かったのに、作品の中にすっぽり
入り込んだ感じ。
遠いからよけいに集中できたのかな。
ドリアンにだけロックオンってことも少ないし(これが一番の原因かもw)

カテコは4回目で耕史くんが(仕方なく?w)しゃべりました。
いつものように「あっという間でした」みたいなこと言ってたようです。
自分がしゃべり終わって、加納さんにもマイクを回そうとしたら
いえいえと笑って断わらられ、「あれれ?」みたいな耕史くんがかわゆし。
いつも自分が引き連れてる感じのカンパニーじゃなくて、先輩の出方も
窺いつつ、そういう耕史くんも新鮮で良いですね。
毎回、最後まで残って、そのときは遠慮なく笑顔で、時にお手フリも。
他の皆さんの素の言葉もちょっと聞いてみたかったです。
西宮ではしゃべって!>ヘンリーw

さ、明日に備えてもう寝なきゃ。
また細かいあれこれは西宮のあとで。
[PR]
by june-sky | 2009-09-11 02:13 | 山本耕史
<< ドリアン・グレイの肖像 9/1... ミタニン脚本のドラマに耕史くん... >>