ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

もうすぐドリアン!≪追記あり≫

ゆうゆうワイドを聴きました。
あれこれ駆使して途中まで聴けて、失敗して聴き損なったとこは
友人が聴かせてくれて。
失敗したとこに一番聴きたかったドリアン話が入ってた。感謝!

なかなか実感がわかなかったけど、結構ドリアンの宣伝をしてくれて
やっとこさもうすぐなんだなあと思えてきましたよ。
チケットももうすぐ来るだろうし。

こーちゃん情報によると、上演時間は「今のところ、休憩入れて
2時間ちょっと」ですって。
耕史くんの舞台では久々の休憩だ。
リトショ以来かな。なんか新鮮。

自分でも8年ぶりって言ってましたが、そりゃワタシが耕史くんの
ストプレ初めてのはず。ワクワクするわぁ。

「自分たちの劇団でやられてる方々が集まって、ぼくもストプレが7年、
8年ぶりくらいになるので」とちょっと今回は今までと違って、それが
楽しみっていう言い方でした。

で、衣装ですよ!



こーちゃん曰く
「着たこともないような衣装、イギリスの貴族ですからね。
絵や写真では見たことあるけどなかなか自分では着れないような。」
ですってよ!
ひゃっほーーーい!ピラピラ?ねえlピラピラなのね?

あ、こんなとこ思いきり食い付いてごめんなさい(汗)
でも大事なとこだ(笑)

作品のテーマのこともちゃんと話してました。

「自分の欲望・・・自分にとって必要じゃないものは排除していって
最終的には自分自身が壊れていく。
その辺にこの作品のテーマがあるんじゃないかな。」って。
わかったようなわからんような(笑)

≪追記≫
もう一度聞き返してみて、わけわからんようなのはネットしながら
聞いてたワタシのせいだったと判明。
よく聞いたらちゃんと作品のテーマをしゃべってますわ。
こーちゃん、ごめん(汗)

あらためまして。

「自分の欲望だとか、そういう自分にとって必要な物、必要でない物に
敏感になっていって、必要でない物は目の届くところに置かないというか、
排除していくという。
最終的には自分自身がが壊れていくというところにテーマがあるんじゃないか」
ということです。

類い希な美貌を持つドリアンの内面を山本耕史がどうやって表現していくのか。
ものっすごい興味あるー!

他にもいっぱいツボはありました。
大好物の梅干しに塩まで振るとか、ゴルフは打ちっ放し専門でコースに出たのは
2回ほどとか、お父さんのことは父って言えたけどおじいちゃんはおじいちゃん
だったとか。。。あとで時間があったら、自分用メモにツボだけ書き出してみようかなあ。
ま、しょーもないことばっかりですが(笑)

(追記終わり)


結局、ワタシは原作読まずにこの作品を見ますが、
「見てるだけでも聴いてるだけでも楽しい作品。
スズカツさんはそういう舞台を作る人」ってことなので
だいじょうぶでしょう。

最後に「ご自身は舞台が好きですか?」っていう質問があり
その答えは「舞台がいちばん自分で表現できる。
いちばん居てもいいかなと思える場所。」ということでした。
耕史くんらしいです。

あ、ほんとの最後は大里さんの「土スタ見ましたけど、アレやってー」という
おねだりに応えての写メとムースの物まね。
よく見てらっしゃる(笑)

大里さんと五月みどりさんが耕史くんのことをすごく気に入っている様子が
伺えて、それが第二の土スタのようにリラックスした空気を醸し出してました。
盛んにふたりが「カワイイ顔」と言い、それに対していつもの「いやいやいや~」
を連発してる耕史くん。
と同時に手を振る様子が目に浮かびますわ。はは。

こーちゃん、リラックスしながらも好青年ぽい感じで、そりゃ年配のの人に
好かれるよねぇとつくづく思いました。
みどりさんはとくにお気に入りのご様子。
キレイとかカワイイとか要所要所でおっしゃって。気持ち、わかるわぁ。
でも食っちゃダメよ←オイオイ(笑)

「新選組!から5年」とか「ブータン行きました」とか、話題はほんとに盛りだくさん。
久々に生の耕史くんの声聴いて、ちょっとこーじ熱アップ←コラコラ(笑)
いや、やっぱり生が好きなので、見ないとテンションあがらないの。
ごめんね、ミーハーで。おほほ。
[PR]
by june-sky | 2009-08-05 23:59 | 山本耕史
<< 陽炎の辻 3 第12回「惜別」 陽炎の辻3 第11回「武左衛門の涙」 >>