ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

と、時田さん!?

毎回、ちょっとの登場でも楽しみでたまらない時田さんでしたが
いやぁ、夕べはエライことになってましたね。

あの最初の頃の有能なエリート青年からちょっと変な人へ。
それでもキモカッコイイくらいな感じだったのが
昨日はもう普通にキモウザイ人に。
出てくるたびにやりすぎ?ってくらい、なんかしらやってくので
もう次は何が出てくるか、楽しみで楽しみで。

あ、ファン以外の人にはウザかったと思います。すいません。
最後のぶっとびエリザベスカラーなんて、もうなんて謝っていいか。
ほんとすいません。すいません。アハハ(思い出し笑い)←不真面目

ま、それも狙い通りらしく、アタ男公式インタ(時田さんカッコイイーー!)
でも、変なことを思いきりやってウザがられようという魂胆みたい
なので(そこまで言ってない)、大成功ということで。



そういうやりすぎスレスレの演技も、インタで言ってるように
「カッコいい人たちはいっぱいでていますから、そういうところではない
何かをやりたいな、と思ったんです」
という言葉で深く納得。
作品全体を俯瞰で見て自分の役割を決めてるんでしょうね。
イケメン兄弟の中で、良いアクセントになってると思います。

とりあえず時田さんは、今までの舞台で見たことあるようなないような、
でも、いつかどこかであるような(どっちやねん)
そんな感じがファンにはたまりません。

ワタシがいちばんツボにはまったのは、先週の高島さんとのシーン。
前社長から次期社長へのVTRコメントがどーしたこーした言ってるとこで

「もおぅ~初めっから言ってくれたらよかったのにぃ~(ウキウキ)」

の台詞と動きがシーモア@リトショそっくり。
シーモアがちょっと嬉しくてハシャギがちの言い方のときって
あんな感じだったわ。
すんごい懐かしかったー。

あと、家政婦の今井さん。
「待たせたな」をパクリやがりました。GJ!(笑)

結局、時田さんは根っから悪いのか、悪いと見せかけて、じつはそれも
前社長の差し金なのか。
最後までわからないとこがオイシイ役どころですね。
やられっぷりも楽しみ!
[PR]
by june-sky | 2009-06-17 15:53 | 山本耕史
<< 「刑事一代」~平塚八兵衛の昭和事件史 陽炎の辻3 第7回「不覚」 >>