ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

綾戸智恵さんのスイートJAM

やっぱり強烈なパワーの持ち主の綾戸さん。
耕史くんはたじたじとなりながらも、その人生哲学・音楽哲学には
感じ入ることがあったようで。
深――く頷いてましたね。
ワタシも「人生ムダなことはひとつもない」っていう言葉はちょっと
使わせていただきたいと思いました。どこで?(笑)

綾戸さんがピアノとボーカル、耕史くんがギターでのセッション。
ジャズのようなブルースのような。
おたがい相手の様子を見ながら会話をするように音を重ねていく。
うーん、ふたりともさすが。
打ち合わせなしの即興なんて信じられないわぁ。

途中、終わろうとする耕史くんを綾戸さんが「まだまだ」という感じで
引っ張っていってました。
耕史くんは綾戸さんにちょっと焦りながらついていって、綾戸さんは
「ホレホレここまでおいで」みたいにちょっと若い男の子をからかうようで。
引っ張りまわされる耕史くんもなかなか新鮮(笑)

そういえば、話の中で「SMAP」が出てきました。



綾戸さんのライブのVTRが流れて、「yozora no mukou」を歌っていて。
それはもう見事にジャズになっていて、スマの「夜空ノムコウ」とは別もの。
すかさずこーちゃんたら「あれはSMAPさんの曲ですよね」と食い付きます。
さすがスマファン(笑)

綾戸さんは「そうそう!中居くんだけに歌わす手はないやろと思って」と。
良い曲だから歌いたいということのようです。
「中居くんみたいに歌いたいけどな。ガハハ(笑)」と大笑い。
同じ曲でも自分なりに歌いたい。
歌は1曲ではない、人によって無限にあるんだ。
中居君のように歌いたいと思っても無理。
そういうことのようです。ま、ある意味無理(笑)
耕史くんも「歌は無限」といいうことに、うんうんと頷いてました。

ちゅーか、こんなときに名前を出される中居くん。
愛されてるね、ひろちゃん。信頼されてるんだね。
耕史くんは無難に笑っておりました。
ま、それが普通か(笑)

そして、koji & DAIの曲は「ハジメマショウカ?」という、ほんっとに
(ひねりのない)ストレートなタイトルのオープニング曲。
でも、勢いだけの曲でもなく、聴けば聴くほど良い感じ。

このまえのライブハウスで、すぐそこで歌ってた二人が今はTVで
歌ってる。なんか不思議だなあ。
TVの人なのか現実の人なのか、よくわかりません。
境界に居る人なんだな。ってわかりにくいな(笑)

とりあえずこのまえのライブに参加できて、ふたりの様子がわかって
前向きな気持ちが伝わってきて、なんとなく落ち着いてJAMが
見られるようになりました。
わかってはいてもあきらめきれないというのか、もやもやしていた
ものが吹っ切れた感じ。
この二人はずっと変わらないんだなあ。
このままずっと応援していけばいいんだなあ。
なんだか穏やかな気持ちです。。。

って落ち着いてたら、Naoさんブログで笑いました。
お茶目なひとだなあ。
なれるもんならなってちょ、B型に。ぷぷぷ。
だからこーじくんや大ちゃんと合うんだね。ヨカッタ!
[PR]
by june-sky | 2009-01-30 23:59 | 山本耕史
<< 2週間ぶりであれこれ&追記 「SMAPがんばりますっ!!」... >>