ブログトップ

虹の空へ

junesky.exblog.jp

中居くん in ミヤネ屋

またまたやってくれました!関西ローカル。
昨日の読売TVのワイドショー、ミヤネ屋に中居くん登場です。

ぷいぷいは抱腹絶倒でしたが、これは・・・微妙。マジ微妙。
新人の吉田アナ(それでも2年目)は、まああり得ないくらいに
シロートはだし(笑)

あの世界のキタノもインタビューで困惑させたらしく、その微妙さ加減は
番組内ですっかりネタになってるようです。
「国民的アイドルのリーダーの唖然とさせる!」と銘打ったコーナー。
ざっとレポします。またまたおもろかったので。

とりあえず吉田アナ、ジャイアンツのユニフォーム(背番号は原監督)を
着込み、グローブとボールを準備。
緊張して中居くんを待ち受けます。

そこへにこやかに中居くん登場。
ぷいぷいと同じ、白い縁取りのある黒のブレザーぽいジャケットに
黒のニットキャップ。
目がデカイデカイ。顔の3分の1は目。
言い飽きたけどきっれーーー!(ハイハイ)



この登場までに「空気読んでへん!」とダメ出ししてるやしきたかじんさんや
「会話はキャッチボール」とアドバイスするガダルカナル・タカさんのVTRが
流れ、女子アナ微妙のネタフリに2分経過。
おいおい!
全部で10分くらいしかないコーナーの貴重な時間をーー!

で、いよいよインタビュー。と思いきや、さらに3分くらい微妙な時間が
流れます。や、ここが面白かったんだけどね。
全体を通して、あまりの微妙さ加減に困惑する中居くん。
珍しいモノを見た気がします(笑)

中居くん、まずはユニフォームに目を止めます。
中「あ、原さんの・・・」
吉「そうなんです。今日はあの・・・」
中「ジャイアンツファンですか?
吉「いや、あの・・・まだちょっと、野球詳しくないんですけれども」
中居「あ~なんか気を遣っていただいて」
吉田「巨人ファンということで着てきました。うふふ」
中「ありがとうございます」
ここでかなり戸惑いを感じ始めた様子。
「ドッキリですか?これ」とスタッフを振り向き、確認。
違います(笑)

さらに、中居くんの気持ちを和ませるために用意したピコピコンマー登場。
吉「まだインタビューに不慣れなもので、もしよろしければこちらを使って
いただけたらと(ニッコリ)」
中「どういうことですか?」
吉「もしなにかありましたらポンとやっていただければ。うふふ」
中「とんでもないですよ!(ここ、スタッフやカメラを振り向いて)
とんでもないです!そんなもう、とんでもないです!」
吉「うふ。いえいえ。うふふ」
中「困ったなぁ、これ。はい」(困惑気味)

中居くん、本気で困っております(笑)
こうなんていうのか、いちいち「うふふ」と笑うシロートぽい吉田アナに
どう反応すればいいのか、すっかり迷ってる様子。

中「ドッキリじゃないですよね?」(後ろを振り返って笑いながら)
吉「これ(ユニフォーム)にビックリされましたか?」
中「いや、でも嬉しいです。はい、気遣っていただいて(舌をペロリン」

ここで、グローブを取り出す吉田アナ。

吉「グローブが用意されてましてですね。うふふ」
中「はい。何でしょう?何を・・・(またスタッフを振り向く)」
吉「これで会話のキャッチボールを・・・」
中「ああ、そうですか(真顔)」

ほんとにキャッチボールが始まります(笑)
ちょっと離れて下手投げでちょろっと投げ合う二人。
中居くん、戸惑いながら、「こんなんでいいの?」って感じで周りを
見回しながら、仕方なくキャッチボール。
吉田アナ、アンタはすごい!
こんなに困惑するSMAPのリーダー、見たことないよ。タジタジ(笑)

「この画が欲しかったんですか?このキャッチボールの画が・・・」と
また様子をうかがう中居くん。
今日はもう仕方ない。それで行くか(笑)

キャッチボールが終わり椅子に座るも、さらに微妙な二人。
ここで中居くん、仕方ないなあと覚悟を決めたに違いない。
突然、得意の野球物真似を始めます。
ナレーションも「サービス精神旺盛な国民的アイドル中居くん、現場の
空気を察してこんなことを始めました!」と入ります。
国民的アイドルにものすごく気を遣わせる関西ローカル、最強(笑)

まずは腰を落として右足だけ横に寝かせ、右手を後ろに回し、グローブを
構えます。
おっとここで中居さん、画面左下に視線を落としてモニターチェック!
「カメラさん、もうちょっと引いてもらえますか?」
そうね、そうじゃないと下半身が入らない。
さすが中居くん。冷静です。
得意顔で「えー、古田」。はい、いつもの古田です。

ここで、仕事がない吉田アナは「これ私投げて大丈夫なんですか?」と
手を出そうとしますが、中居くん、お手伝いを断ります。
「ボク、一人で全部こなしますんで。はい、もう一回行きますね」
邪魔だってさ(笑)。スタジオも大笑い。

続いて、山本昌投手、角さんと数多いレパートリーの一部をご披露。
ピコピコハンマーまでばバット代わりに振り回してます。
ここらへん、すっかりいつものペースの中居くん。
吉田アナを克服(笑)
しかたないので、吉田アナはすっかり観客。すっごいウケてます。
アンタ、楽しみすぎ(笑)

場の空気がすっかり和んだところでようやくインタビューのスタート。
ここで5分30秒経過。ええーーー?!(驚)

普通のインタビューが始まりますが、そのやりとりがやっぱり微妙。
相づちが「ふーーん」とか。あり得ない(笑)
でも、中居くん、やさしかったわぁ。
ちゃんと相手をしてあげて、面白く話をしてあげて、普通の女の子相手に
気を遣ってる感じ。良いお兄ちゃんモードです。
このへん、キムラのたっきゅんもこういう場合、同じようなモードになるね。
うんうん(嬉)

減量話で「カメラ上にしてもられますか?」とお腹が映らないようにして
洋服をめくり、吉田アナに見せてあげたり。大サービス。
「いまもうこんな感じですね(ポンポンとお腹を叩く)。
これねぇ、オンエアするとねぇ、すごくジャニーズに怒られるんです(笑)」
ほとんど元に戻って、パンツのゴムが裏返るくらいぽんぽこりんだそうです。
って、顔見てたらそんなふうに見えないよねぇ。

あとは、ほんとは痛かったバリカン話。
「すっごい痛かったですけども、それは仲間由紀恵にはボクは言えなかった。
それは言わない。言ったら溝とか作られそう」
もう言っちゃいましたね。
撮影終わったから、溝ができてもいいのか(笑)

んで、「ずっと髪の毛がどんな毛よりもいちばん長かったけど、いまは3位に
なりました」って話。
吉「3位ですか・・・うん(笑)・・・・3位ってことは・・・」
中「1位2位があるんですよね」
吉「うふふ。聞いていいですか?うふふ・・・あは」」
中「見せるわけにもいかないですし」(ニヤっ)
吉「あははは。じゃ、想像しときます。うふふふ」
中「・・・・・・」(引き気味)
吉「うふふふ」
中「・・・・・・」(かなり引き気味)

このウフフフという文字が画面に出てたんだけど、そこにハートマークが
ちゃんと付いてました。
うん、それがなくてもハートが見えた(笑)

ナレーションも入ります。
「吉田アナの変なテンションにさすがの中居くんも引いてしまいました。
このあとも吉田アナが一人で盛り上がってインタビューは終了」と。
中居くん、おつかれー(笑)

でも、この引き気味演技の真顔な中居くんがめちゃキレイ。
真顔からふっと笑う顔が素ぽくてちょっと惚れそう(笑)
毛の話はちょっと若い子相手にエロ話してるオヤジみたいなニヤニヤ顔。
これもちょっと珍しい!

「たくさんの方々に胸を張ってPRの出来る作品になっていますので
ぜひともご覧いただきたいと思います。ありがとうございました!」と
ハキハキ告知。

最後に吉田アナから「今日のインタビューは何点でしたでしょうか?」と質問。
「目がテンです!」お見事―――(笑)

中「でも楽しかったですよ」
吉「ほんとですかー?楽しかったですよ、私も。
ほんとにありがとうございました」
中「あの、たぶんもう会うことないと思いますけども頑張ってください!
吉「ハイ」
最後まで微妙(笑)

スタジオでも大ウケのインタビュー。関西らしいオモロイ出来でした。
でも、作品のことは真面目に褒めてもらってましたよ。
宮根さんも「ひっじょーーーに評判いいですね!」と力強く言ってくれたし。
この方、スマのライブも盛り上がって熱く語ってくれてました。
業界内でもスマファン増えてます。しかもオヤジ率高い。
すごいなあ、SMAP。

中居くん、まだまだ続く貝キャンペーン。
札幌で蟹は食べられなかったけど(inブランチ)、また次回がんばってー。
11月22日はブランチ生出演だそうです。
ってことは大阪初日挨拶はないのかなあ。
ワタシはいつ見れるのかなあ。
雑誌を山ほど読んでたらものすごく楽しみになってきました。
豊松さん、期待してます。
[PR]
by june-sky | 2008-11-08 23:59 | SMAP
<< 陽炎の辻 第9話「決断」 「三億円事件 40年目の謎(仮題)」 >>